(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


ラッセル『教育論』(Bertrand Russell On Education/松下彰良・訳)

次ページ(Forward) 前ページ(Back) Chap. 17(第17章) Index

Contents(目次)
第三部 知性の教育
 第17 通学制の学校と寄宿制の学校(OE17-030)


 こういう状態(注:休暇中に自宅にもどった時に,親や家族にちやほやされる状態)は,若い人たちの愛情に悪い影響を及ぼしがちである。彼らの両親への愛情は萎縮してきて,自分とは趣味や仕事の異なる人たちに調和することを学ぶことはまったくしなくなる。それは,ある種のわがままの徹底(完全性),つまり,自分の個性は(他人と違った)ごく高級なものだという感情,へと向かわせるのではないかと思われる。こういう傾向を最も自然に矯正してくれるのは,家族である。なぜなら,家族は年齢も性別も異なり,(家庭内で)果たすべき機能もそれぞれ異なる人びとから成る単位であるからである。ある意味で,家族は有機的であるが,同質的な個人の集団はそうではない。両親がわが子を愛するのは,主として,彼らが非常に多くの面倒をかけるからである。(一方,)もし両親が子供たちにまったく面倒をかけなければ,子供たちは親のことを真剣に考えなくなるだろう。しかし,親がかける面倒は,正当なものでなければならない。それは,親が自分の仕事をし,自分の生活を営もうとするならば必要であるものだけに限定しなければならない。他人の権利を尊重することは,若い人たちが当然学ばないといけない事柄の一つであり,それは,他のどこにおいてよりも,家族の中において学ぶのが,いっそう容易である。父親がいろんな心配事で悩むこともありうるし,母親が多数かつ多様なこまごましたことで疲れ果ててしまうこともあることを知る(理解)することは,少年少女にとって,良いことである。また,子としての愛情が思春期の間生き生きと保たれるのも,よいことである。家族的な愛情のない世界は,他人にいばり散らそうとし,それに失敗するとへつらいはじめるような人間から成る,ぎすぎすしかつ機械的な世界になりがちである。こういう悪い結果は,ある程度,子供たちを寄宿制(全寮制)の学校に入れることから生み出されるのではないかと思う。そして,こういう悪い結果は,寄宿制(全寮制)の学校の大きな長所を帳消しにしてしまうほど深刻なものだと私はみなしている。

Pt. 3: Intellectual education
Chap.17 Day schools and boarding schools (OE17-030)

This state of affairs is apt to have a bad effect upon the affections of young people. Their affection for their parents becomes atrophied, and they never have to learn to adjust themselves to people whose tastes and pursuits are different from their own. I think this tends towards a certain selfish completeness, a feeling of one's own personality as something exclusive. The family is the most natural corrective of this tendency, since it is a unit composed of people of different ages and sexes, with different functions to perform ; it is organic, in a way in which a collection of homogeneous individuals is not. Parents love their children largely because they give so much trouble ; if parents give no trouble to their children, their children will not take them seriously. But the trouble they give must be legitimate ; it must be only such as is necessary if they are to do their work and have any life of their own. Respect for the rights of others is one of the things young people ought to learn, and it is more easily learnt in the family than elsewhere. It is good for boys and girls to know that their father can be harassed by worries and their mother worn out by a multiplicity of details. And it is good that filial affection should remain alive during adolescence. A world without family affection tends to become harsh and mechanical, composed of individuals who try to domineer, but become cringing if they fail. I fear that these bad effects are to a certain extent produced by sending children to boarding schools, and I regard them as sufficiently serious to offset great advantages.

(掲載日:2015.07.26/更新日: )