(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル教育論』(Bertrand Russell On Education/松下彰良・訳)

次ページ(Forward) 前ページ(Back) Chap. 14(第14章) Index

Contents(目次)
第三部 知性の教育
 第14章 一般的原理(OE14-110)


 ここで,既に正確との関連で生じた問題 -即ち,あらゆる知育を興味あるものにすることはどの程度可能で,どの程度望ましいか,という問題- に突きあたる。古い考え方では,知育を大量に与えると必ず退屈になるので,平均的な少年に勉強を続けさせるには厳しい権威によるしかない,というものであった。(平均的な(=普通の)少女は無知のままであるべきであった(無知でよいことになっていた。)(←冗談+皮肉)近代の考え方によれば,知育は徹底的に楽しいものにしてもよいとされる。私は,古い考え方よりも,近代の考え方にはるかに強い共感を覚える。それにもかかわらず,近代の考え方も,特に高等教育においては,若干の制約を受けると考えている。まず,近代の考え方の中で私が真実だと思うことから始めよう。
 幼児心理学に関する近代の著者たちは,皆,幼い子供に無理に食事させたり寝かしつけたりしないことが重要だ,と強調する。即ち,これらのことは,子どもをおだてたり,強制したりした結果ではなく,子供が自発的にするべきことである。私自身の経験も,この教えを完全に支持している。最初,私たちは新しい教育法を知らなかったので,古い方法を試みた。これは,大変な失敗であったのに,近代的な方法は完全に成功した。しかし,近代的な親は子供が食べたり寝たりすることについては何もしない,と考えてはいけない。反対に,良い習慣の形成を促進するために,可能なことは全てなされているのである。子どもは決まった時間に食事をし,食事時間中は,食べても食べなくても,遊んだりしないでじっと座っていなければならない。寝る時間も決まっており,子供はベッドに横たわらなければならない。動物の玩具を抱いて寝てもよいが,キーキー声(音)を出したり,走ったり,興奮させるような動物の玩具はダメである。その動物の玩具がお気に入りの場合は,その動物は疲れているので,子供が寝かしつけてやらなければならないというゲームをしてもよい。そのあと,子供を独りにしておけば,普通,速やかに眠りが訪れるであろう。しかし,あなたが寝たり食べたりしてもらいたがっている,といぅふうに子供に思わせてはいけない。そんなことをすれば,子供はただちに,あなたは頼みごとをしているのだ,と思いこむ。すると,子供は,自分には力があるという気持ちになり,ますますおだてたり,罰を与えたりしなければならなくなる。子供が食べたり眠ったりするのは,自分がそうしたいからであるべきであり ,あなた(親)を喜ばせるためであってはならないのである。
(Pt. 3: Intellectual education)
Chap.14 General principles (OE14-110)

I come now to a question which has already arisen in connection with exactness, the question, namely, how far it is possible or desirable to make all instruction interesting. The old view was that a great deal of it must be dull, and that only stern authority will induce the average boy to persist. (The average girl was to remain ignorant.) The modern view is that it can be made delightful through and through. I have much more sympathy with the modern view than with the old one ; nevertheless, I think it is subject to some limitations, especially in higher education. I shall begin with what I think true in it.
Modern writers on infant psychology all emphasize the importance of not urging a young child to eat or sleep : these things ought to be done spontaneously by the child, not as a result of coaxing or forcing. My own experience entirely bears out this teaching. At first we did not know the newer teaching, and tried the older methods. They were very unsuccessful, whereas the modern methods succeeded perfectly. It must not be supposed, however, that the modern parent does nothing about eating and sleeping ; on the contrary, everything possible is done to promote the formation of good habits. Meals come at regular times, and the child must sit through them without games, whether he eats or not. Bed comes at regular times, and the child must lie down in bed. He may have a toy animal to hug, but not one that squeaks or runs or does anything exciting. If the animal is a favourite, one may play the game that the animal is tired and the child must put it to sleep. Then leave the child alone, and sleep will usually come very quickly. But never let the child think you are anxious he should sleep or eat. That at once makes him think you are asking a favour ; this gives him a sense of power which leads him to demand more and more coaxing or punishment. He should eat and sleep because he wants to, not to please you.

(掲載日:2015.06.26/更新日: )