(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル教育論』(Bertrand Russell On Education/松下彰良・訳)

次ページ(Forward) 前ページ(Back) Chap. 11(第11章) Index

Contents(目次)
第二部 性格の教育
 第11章 愛情と同情(OE11-140)


 けれども,従うべき処世訓はいくつかある。まず第一に,「青ひげ」とか,「巨人退治のジャック」とかのお話(物語)は,残酷さについての知識を何も含んでいないので,現在考察している諸問題を引き起こさない。これらのお話(物語)は,子供にとって純粋に空想的なものであり,子供は決して現実の世界と結びつけたりしない。もちろん,子供がこれらのお話(物語)から引き出す喜びは,野蛮な本能と結びついているが,そういう本能は,無力な子供にあっては単なる遊びの衝動として無害であり,子供が成長するにつれて次第に消えていく傾向がある。しかし,現実の世界の残酷さを子供に初めて教える時には,子供が自分を加害者ではなく,被害者(犠牲者)と同一視するような事件を選ぶように配慮しなければならない。子供が自分を暴君と同一視するお話(物語)においては,子供の中にある野蛮性が大喜びするであろう。この種のおはなし(物語)は,帝国主義者を生み出しがちである。(松下注:たとえば,第二次世界大戦において外国の軍隊をいたるところで打ち負かしている話を子どもに聞かせるなどする・・・。) しかし,アブラハムがイサクを犠牲にしようとする話(物語)とか,エリシャ(Elisha)が呪った子供たちを雌グマが殺す話(物語)は,自然に他の子供に対する同情を引き起こす。そういう話をするときには,人間が遠いむかしに身を落とした深刻な残酷さを示すものとして,話さなければならない。私は,かつて子供の1頃,エリシャが子供たちを呪ったのは正しかったということを証明するために,一時間たっぷり使ってなされた説教を聞いたことがある。幸い,私はその牧師を馬鹿だと考えられるほどの年頃になっていた。そうでなければ,私は恐怖のあまり,ほとんど気違いになってしまっていたであろう。アブラハムとイサクの話(物語)は,なお一段と恐ろしかった。なぜなら,子供に残酷な仕うちをしたのは,子供の父親だったからである。アブラハムもエリシャも有徳の人であったという仮定のもとにこういう話をするならば,無視されるか,それとも,子供の道徳的水準をすっかり低下させるにちがいない。しかし,人間の邪悪さへの入門として話すのであれば,一つの目的にかなう。なぜなら,こういう話は,なまなましいが,遠い昔のことで,真実ではない話だからである。(シェークスピアの)『ジョン王』に見える,ヒューバートが小さなアーサーの目玉をくりぬこうとする詰も,同じよぅに利用できるであろう。
(Pt.2 Education of Character)
Chap.11 Affection and Sympathy (OE11-140)

There are, however, certain maxims which should be followed. To begin with, stories such as Blue-beard and Jack the Giant Killer do not involve any knowledge of cruelty whatever, and do not raise the problems we are considering. To the child they are purely fantastic, and he never connects them with the real world in any way. No doubt the pleasure he derives from them is connected with savage instincts, but these are harmless as mere play-impulses in a powerless child, and they tend to die down as the child grows older. But when the child is first introduced to cruelty as a thing in the real world, care must be taken to choose incidents in which he will identify himself with the victim, not with the torturer. Something savage in him will exult in a story in which he identifies himself with the tyrant ; a story of this kind tends to produce an imperialist. But the story of Abraham preparing to sacrifice Isaac, or of the she-bears killing the children whom Elisha cursed, naturally rouses the child's sympathy for another child. If such stories are told, they should be told as showing the depths of cruelty to which men could descend long ago. I once, as a child, heard a sermon of an hour's duration entirely devoted to proving that Elisha was right in cursing the children. Fortunately, I was old enough to think the parson a fool ; otherwise I should have been driven nearly mad with terror. The story of Abraham and Isaac was even more dreadful, because it was the child's father who was cruel to him. When such stories are told with the assumption that Abraham and Elisha were virtuous, they must either be ignored or utterly debase a child's moral standards. But when told as an introduction to human wickedness they serve a purpose, because they are vivid, remote and untrue. The story of Hubert putting out little Arthur's eyes in King John may be used in the same way.

(掲載日:2015.05.19/更新日: )