9 ラッセル教育論/第10章 ほかの友達の大切さ(OE10-050)- Bertrand Russell のページ
(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル教育論』(Bertrand Russell On Education/松下彰良・訳)

次ページ(Forward) 前ページ(Back) Chap. 10(第10章) Index

Contents(目次)
第二部 性格の教育
 第10章 他の子供たちの重要性(OE10-050)


 年上と年下の子供はともに重要であるが,少なくとも四歳以上になると,同年輩の子供はとても重要となる。対等の者に対するふるまいは,最も学ぶ必要のあることがら(←最も学ばれるべきもの)である。現在の世界における不平等は,大部分,人為的なものであり,もし私たちがふるまいによってそれを無視するならば(無視できれば),良いこと(素敵なこと)であろう。裕福な人びとは,自分は(自分が雇っている)料理人よりも優れていると思いこみ,社会においてふるまうのとは違った仕方で,料理人に対してふるまう。しかし,(金持ちの)彼らも公爵よりは劣っていると感じるので,自尊心の欠如を示すような仕方で公爵に接する。どちらの場合も,彼らは間違っている。即ち,料理人も公爵も,どちらも対等の者として,感じるとともに扱うぺきである。若いころには,年齢(差)は,人為的でない上下関係(序列)を形作る。しかし,それだからこそ,後年望ましいものとなる社会的習慣は,同年輩のもの(子ども)との付きあいの中で学ぶのが一番よいのである。あらゆる種類のゲームは,対等の者同士でやるほうがよいし,学校での競争も同様である。学校友達の間では,あるひとりの少年の重要度は,友達による評価に一致する(決まる)。彼は,賞賛されるかもしれないし,軽蔑されるかもしれないが,問題は彼自身の性格と勇敢さにかかっている。愛情深い親は,度を越えた気ままを許すような環境を作り出し,愛情のない親は自発性が押さえつけられるような環境を作り出す。自由な競争や対等な協力において,自発性への視野(機会)を与えられるのは,同年輩の仲間のみである。暴虐な行為を伴わない自尊心,奴隷根性を伴わない思いやりは,対等の仲間との付きあいの中で学ぶのが一番よい。以上のような理由で,親がどれほど気を配ったとしても,少年少女に対して,良い学校で得られるのと同じような利益を家庭で与えることはできない。
(Pt.2 Education of Character)
Chap.10 Importance of Other Children (OE10-050)

Although both older and younger children are important, contemporaries are far more so, at any rate from the age of four onwards. Behaviour to equals is what most needs to be learnt. Most of the inequalities in the existing world are artificial, and it would be a good thing if our behaviour ignored them. Well-to-do people imagine themselves superior to their cooks, and behave to them in a different way from that in which they behave in society. But they feel inferior to a duke, and treat him in a way which shows a lack of self-respect. In both cases they are wrong: the cook and the duke should both be felt and treated as equals. In youth, age makes a hierarchy which is not artificial ', but for that very reason the social habits which will be desirable in later life are best learnt by associating with contemporaries. Games of all kinds are better among equals, and so is school competition. Among schoolfellows a boy has that degree of importance which is accorded to him by their judgment; he may be admired or despised, but the issue depends upon his own character and prowess. Affectionate parents create a too indulgent milieu; parents without affection create one where spontaneity is repressed. It is only contemporaries who can give scope for spontaneity in free competition and in equal co-operation. Self-respect without tyranny, consideration without slavishness, can be learnt best in dealing with equals. For these reasons no amount of parental solicitude can give a boy or girl the same advantages at home as are to be enjoyed in a good school.

(掲載日:2015.05.06/更新日: )