9 バートランド・ラッセル 教育論 第10章 OE10-04
(本館)  (トップ)  (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

バートランド・ラッセル 教育論
子供に手本を見せることの重要性(松下 訳)

Bertrand Russell On Education, 1926

前ページ(Back)  次ページ(Forward) Chap. 10 Index Contents(目次)

第二部_性格の教育_第10章_他の子供たちの重要性(OE10-040)


ラッセル関係電子書籍一覧
 年下の子供(たち)もまた,役に立つ(効用がある)。特に,3歳から6歳までの年頃においてはそうである。その効用は,主として道徳教育に関連している。子供は,大人と一緒にいるかぎり,重要な美徳,つまり,強者が弱者を取り扱う上で求められるような重要な美徳をいろいろ発揮する機会がない。子供には,弟や妹から力ずくでものをとりあげてはいけないとか,年下の子供が不注意でうっかり積み木の塔をひっくり返しても過度に怒ってはいけないとか,ほかの子供が使いたがっているのに,自分がいま使っていない玩具をしまいこんだり(隠したり)してはいけないとかを,教えてあげる必要がある。(また),年下の子供は乱暴に扱えばすぐに怪我をすることや,理由もなく泣かせたときには良心の呵責を感じなくてはいけないということを,教えてあげる必要がある。年下の子供を守ってあげるときには,年上の子供を鋭い口調で急に話しかけてやるのがよい。これは,ほかの場合には正当化されることではないが,この場合は,思いがけなさで強い印象を与えることによって効果がある。こういうことは,すべて有益な教訓であり,他の方法では,この教訓を自然に与えることは,ほとんど不可能である。子供に抽象的な道徳教育を与えることは,愚かなことであり,時間の浪費である。即ち、(道徳教育は)すべて具体的で,現実の状況から実際に必要とされるものでなければならない。大人の見地からすると道徳教育も,多くは,子供にとっては,のこぎりの使い方を教わるのとまったく同じように感じられる。子供は,いま物事の処理の仕方を教わっているのだと感じるのである。これが,お手本が非常に重要である理由の一つである。大工の仕事を見ていた子供は,大工の動作(所作)をまねようとする。両親がいつも親切かつ思いやりのあるふるまいをしているのを見ている子供は,そういう点で親をまねようとする。どちらの場合も,子供は,まねようとするものに対し威信を認めている。もしも,しかつめらしくわが子にのこぎりの使い方を教えたとしても,あなた自身はいつものこぎりを斧(おの)として使おうとしているのであれば,あなたは彼を大工にすることは決してできないであろう。また,わが子に向かって妹に親切にしなさいといくら勧めたとしても,自分自身は彼女に親切にしてやっていないのであれば,あなたの教育はすべて無駄になるだろう。それゆえ,たとえば鼻をかんでやるときのように,小さい子供を泣かせるようなことをする必要があるときには,なぜそうする必要があるのかを,年上の子供にていねいに説明してあげなければならない。そうしなければ,彼はきっと,年下の子供を守るために立ち上がり,あなたの残酷な行為をやめさせようとして立ち向かうであろう。あなたが残酷だという印象をいつまでも与えておくならば,あなたは,暴君のようにふるまいたいというわが子の衝動を抑える力を失ってしまうだろう。
 

(Pt.2 Education of Character)_Chap.10 Importance of Other Children (OE10-040)

Younger children also have their uses, especially in the years from three to six ; these uses are chiefly in connection with moral education. So long as a child is with adults, it has no occasion for the exercise of a number of important virtues, namely, those required by the strong in dealing with the weak. A child has to be taught not to take things by force from a younger brother or sister, not to show excessive anger when the junior inadvertently knocks over his tower of bricks, not to hoard toys he is not using which the other desires. He has to be taught that the junior can be easily hurt by rough handling, and to feel compunction when he has wantonly caused tears. In protecting a younger child, one can speak to the senior with a sharpness and suddenness which would not otherwise be justified, but which have their uses through the strong impression produced by their unexpectedness. All these are useful lessons, which it is hardly possible to give naturally in any other way. It is a folly and a waste of time to give abstract moral instruction to a child ; everything must be concrete, and actually demanded by the existing situation. Much that, from an adult point of view, is moral education, feels to the child just like instruction in handling a saw. The child feels that he is being shown how the thing is done. That is one reason why example is so important. A child who has watched a carpenter at work tries to copy his movements ; a child who has seen his parents behaving always with kindness and consideration tries to copy them in this respect. In each case prestige is attached to what he wants to imitate. If you gave your child a solemn lesson in the use of a saw, but yourself always tried to use it as a chopper, you would never make a carpenter of him. And if you urge him to be kind to his little sister, but are not kind to her yourself, all your instruction will be wasted. For that reason, when you have to do something that makes a little child cry, such as cleaning its nose, you should be careful to explain to the older child why it is necessary to do it. Otherwise he is quite likely to rise up in defence of the younger child and fight you to make you stop being cruel. If you allow him to remain under the impression that you are cruel, you will have lost the power to curb his own impulses towards tyranny.

(掲載日:2015.05.5/更新日: )