9 バートランド・ラッセル 教育論 第10章 OE10-02
(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

バートランド・ラッセル 教育論 第10章
年上の子供の効用(松下彰良 訳)

Bertrand Russell On Education, 1926

前ページ(Back)  次ページ(Forward) Chap. 10 Index Contents(目次)

第二部_性格の教育_第10章_他の子供たちの重要性(OE10-020)


ラッセル関係電子書籍一覧
 年上の子供も,年下の子供も,同年輩の子供も,みなそれぞれ役立つところがある。しかし,上述の理由で,年上の子供と年下の子供の効用は,主に家庭内に限られる。年上の子供の大きな効用は,達成可能な野心を与えることにある。年上の子供のゲームに加わる資格があると思われたいために,子供は,大変な努力をするものである。年上の子供は,無造作な自然な仕方でふるまい,大人が子供とゲームをするときに必ずやるように,気を使ったり,ふり(make-believe)をしたりすることがない(注:弱いまねをしたり,たいしたことでないのにおおげさにほめたり・・・。因みに,安藤氏は「まねごと」と,魚津氏は「手加減したりしない」と訳している)。もしも,大人がこのような気遣いをしなければ,子供には苦痛となるだろう。なぜなら,大人は力と権威を持っているからであり,また,大人は自分が楽しむためではなく,子供を楽しませるために遊ぶからである。子供は,親が極端に厳格な躾けをした場合を除いて,大人に対してはありえないような流儀で,兄や姉の言うことは喜んで服従するものである。下位の役(従う者)として協力することを学ぶことは,ほかの子供(たち)から与えられるのが最も良い(注:安藤訳では lesson of co-operation in a subordinate role は「協力するという'教訓'」となっている。lesson はここでは「おけいこ」ということであり、「教訓」というのは不適切ではないか?)。大人がそれを教えようと,'不親切'かあるいは'見せかけ'か,という相反する危険に直面する。即ち,本物の協力を(親が)要求すれば(いやいやとなるので)不親切になり,(親が子供の)うわべだけの協力に満足すれば'見せかけ'になる。私は,本物の協力も見せかけの協力もつねに避けるべきである,と言っているのではなく,それ(親と子の間の協力)には,年上と年下の子供の間で(なら)可能な自発性がないので,何時間も,両者とも楽しみながら協力することはできない,と言っているのである。
(Pt.2 Education of Character)
Chap.10 Importance of Other Children (OE10-020)


Older children, younger children, and contemporaries all have their uses, but the uses of older and younger children, for the reasons just given, are mainly confined to the family. The great use of older children is to provide attainable ambitions. A child will make tremendous efforts to be thought worthy of joining in an older child's game. The older child behaves in an off-hand natural way, without the consideration and make-believe which is bound to form part of a grown-up person's games with children. The same lack of consideration in a grown-up would be painful, both because the grown-up has power and authority, and because he plays to please the child, not to please himself. A child will be cheerfully submissive to an older brother or sister, in a way which would be impossible towards an adult, except as a result of excessive discipline. The lesson of co-operation in a subordinate role is best learnt from other children; when grown-ups try to teach it they are faced with the opposite dangers of unkindness and pretence--unkindness if they demand real co-operation, pretence if they are content with the appearance of it. I do not mean that either real or pretence co-operation is to be always avoided, but that it has not the spontaneity which is possible between an older and a younger child, and therefore cannot be combined for hours on end with pleasure to both parties.

(掲載日:2015.05.02/更新日: )