9 ラッセル教育論/第10章 ほかの友達の大切さ(OE10-010)- Bertrand Russell のページ
(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル教育論』(Bertrand Russell On Education/松下彰良・訳)

次ページ(Forward) 前ページ(Back) Chap. 10(第10章) Index

Contents(目次)
第二部 性格の教育
 第10章 他の子供たちの重要性(OE10-010)


 これまで,我々は,子供の中に望ましい性格を創りあげるために,親と教師は何ができるか,ということについて考察してきた。しかし,ほかの子供たちの助けがなければとてもできないことも(注:cannot possibly の possibly はここでは cannot の強調),実にたくさんある。このことは,子供が大きくなるにつれて,ますます真実となってくる。事実,大学(生)時代ほど同年輩の仲間が重要である時期はない。生後1年目には,初めの数か月はほかの子供はまったく重要ではなく,ただ最後の3か月間(生後10か月~1年の間)に少し役に立つ程度である。この時期には,少し年上の子供たちが役に立つ。最初に生まれた子供は,そのあとに生まれた子供(たち)よりも,通常,歩いたり話したりするようになるのは遅いが,それは,おとなのこういう能力はとても完全なため,そのまねをすることが困難だからである。1歳児にとっては,(大人よりも)3歳児のほうがよいお手本になる。その理由は,3歳児のすることはいっそう1歳児がやりたいことであるとともに,3歳児の能力はそれほど超人的には見えないからである。子供(たち)には,大人よりも,ほかの子供(たち)のほうが自分に似ているように感じられる。そのために,彼らの野心は,ほかの子供(たち)のすることでいっそう強く刺激されるのである。こういう,年上の子供たちによる教育の機会は,その子供の家庭にしか提供できない(訳注:ただし,独りっ子が多い核家族の現代にあっては,家庭においてさえも難しい。)友達を選べる子供は,大部分,自分よりも年上の子供と遊びたがるが,それは自分が「偉くなった (grand)」ような気がするからである。しかし,年上の子供は,さらに年上の子供と遊びたがる。その結果,学校とか,スラム街とか,その他どこでも,大ぜいの中から友達を選べるところでは,子供たちは,ほとんどと言ってよいほど,同年輩の子供と遊んでいる。なぜなら,年上の子供は,年下の子供と遊ぼうとしないからである。こうして,年上の子供から学ぶぺきことは主に家庭で学ぶほかない,ということになるのである。これには,いずれの家庭にも,この方法の恩恵にあずかれない一番年上の子供が必ずいるという欠点がある。しかも,家族内の子供の数が少なくなるにつれて(核家族化が進むにつれて),一番年上の子供の比率も高くなるにつれて,この欠点はしだいに大きくなっていく。小家族は,保育園によって補完されない限り,いくつかの面で,子供たちにとって,不利である。しかし,保育園についてはあとの章で述べることにする。
(Pt.2 Education of Character)
Chap.10 Importance of Other Children (OE10-010)


So far we have been considering what parents and teachers can do themselves towards creating the right kind of character in a child. But there is a great deal that cannot possibly be done without the help of other children. This becomes increasingly true as the child gets older ; indeed, contemporaries are never more important than at the university. In the first year of life other children are not important at all in the earlier months, and only a slight advantage in the last three months. At that stage it is slightly older children that are useful. The first child in a family is usually slower in learning to walk and talk than subsequent children, because grown-ups are so perfect in these accomplishments that they are difficult to imitate. A child of three years old is a better model for a child one year old, both because the things it does are more what the younger child would wish to do, and because its powers do not seem so super-human. Children feel that other children are more akin to them than adults are, and therefore their ambition is more stimulated by what other children do. Only the family provides the opportunity for this education by older children. Most children who have a choice wish to play with children rather older than themselves, because then they feel "grand" ; but these older children wish to play with still older children, and so on. The consequence is that, in a school, or in the streets of a slum, or anywhere else where a large choice is possible, children play almost entirely with their contemporaries, because the older ones will not play with the younger ones. In this way it comes about that what is to be learnt from older children must be learnt mainly in the home. This has the drawback that in every family there must be one oldest child, who fails to get the benefits of the method. And as families grow smaller the percentage of oldest children grows larger, so that the drawback is an increasing one. Small families are in some ways a disadvantage to children, unless supplemented by nursery schools. But nursery schools will form the subject of a later chapter.

(掲載日:2015.05.03/更新日: )