9 バートランド・ラッセル 教育論 第9章 罰 OE09-03
(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

バートランド・ラッセル 教育論 第9章
他の子供に悪さをする子への罰(松下 訳)

Bertrand Russell On Education, 1926

前ページ(Back)  次ページ(Forward) 第9章 Index Contents(目次)

第二部_性格の教育_第9章_罰(OE09-030)


ラッセル関係電子書籍一覧
 子供が執拗に他の子供たちの邪魔をしたり,その楽しみを台無しにしたりするようなときは,その子をのけもの(追放処分)にすることが明らかな罰になる。ある種の処置をとることが絶対に必要である。他の子供たちにいやな思いをさせることは,この上なく不公平だからである。しかし,言うことを聞かない子供に罪の意識を感じさせても無益である。即ち,それよりも,他の子供たちが味わっている楽しみを自分は取り損なっている(自ら味わえなくしている)のだ,と感じさせたほうがずっと効果がある。モンテッソーリ夫人は,彼女のやり方を次のように書いている。
 罰について言えば,私たちは何度も,私たちの注意を聞かずに他の子供たちの邪魔をする子供と接してきた。このような子供は,ただちに医者に見てもらった。正常な子供だとわかると,私たちは,小さなテーブルを教室の片隅に置き,そうして,そこに座らせて,彼を独りにした。つまり,座りごこちのよいひじかけ椅子に彼を座らせ,仲間の勉強している様子がよく見えるようにしておいて,(その子供が)一番気に入っているゲームとおもちゃを持たせた。このように独りにしておくことによって,ほとんどいつも,その子をおとなしくさせることに成功した。彼の位置からは仲間全体が見えし,仲間が勉強している様子は,教師のいかなる言葉よりもはるかに効き目のある「実物教育」となった。彼は,少しずつ,自分の目の前で忙しそうに勉強している仲間に加わる利益を理解するようになり,戻って仲間と同じように勉強したい,と本当に思いはじめるだろう。私たちは,このようにして,初めのうちは規律に反抗するように見える子供たちを,残らず再び規律に戻らせた。独りにされた子供は,あたかも病人のように,いつも特別の世話を行う対象にされた。私自身も,その部屋に入るときには,まるでその子がとても小さい子供であるかのように,最初にまっすぐ,その子のところへ行った。それから,ほかの子供たちに注意を向けて,彼らの勉強に関心を示し,彼らがまるで小さなおとなであるかのように,勉強についていろいろ質問をした。私たちが躾けが必要だと考えたこれらの子供たちの心(魂)の中で何が起こったか,私は知らない。ともかく,子供たちの改心は,いつも非常に完璧で,長続きするものであった。彼らは,どのように勉強し,どのように行動するかかを学ぶことに大きな誇りを持ち,また,先生と私(注:モンテッソーリ女史)にいつもとても優しい愛情を示しました。
* 出典:『モンテッソーリ式教育法』(1912年)p.103.
(Pt.2 Education of Character)
Chap.9 Punishment (OE09-030)

When a child persistently interferes with other children, or spoils their pleasures, the obvious penalty is banishment. It is imperatively necessary to take steps of some kind, because it would be most unfair to let the other children suffer. But there is no use in making the refractory child feel guilty ; it is much more to the purpose to make him feel that he is missing pleasures which the others are enjoying. Madame Montessori describes her practice as follows :
As to punishments, we have many times come in contact with children who disturbed the others without paying attention to our corrections. Such children were at once examined by the physician. When the case proved to be that of a normal child, we placed one of the little tables in a corner of the room, and in this way isolated the child ; having him sit in a comfortable little arm-chair, so placed that he might see his companions at work, and giving him those games and toys to which he was most attracted. This isolation almost always succeeded in calming the child ; from his position he could see the entire assembly of his companions, and the way in which they carried on their work was an object lesson much more efficacious than any words of the teacher could possibly have been. Little by little, he would come to see the advantages of being one of the company working so busily before his eyes, and he would really wish to go back and do as the others did. We have in this way led back again to discipline all the children who at first seemed to rebel against it. The isolated child was always made the object of special care, almost as if he were ill. I myself, when I entered the room, went first of all directly to him, as if he were a very little child. Then I turned my attention to the others, interesting myself in their work, asking questions about it as if they had been little men. I do not know what happened in the soul of these children whom we found it necessary to discipline, but certainly the conversion was always very complete and lasting. They showed great pride in learning how to work and how to conduct themselves and always showed a very tender affection for the teacher and for me.
(note: The Montessori Method, Heinemann, 1912, p.103.)

(掲載日:2015.04.22/更新日: )