9 ラッセル教育論/第9章 罰(OE09-040)- Bertrand Russell のページ
(本館)  (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

『ラッセル教育論』(松下彰良・訳)

Bertrand Russell On Education, 1926

前ページ(Back)  次ページ(Forward) Chap. 9 Index Contents(目次)

第二部_性格の教育_第9章_罰(OE09-040)


ラッセル関係電子書籍一覧
 (モンテッソーリの)この方法の成功は,旧式の学校には現在見られないいくつかの要因によるものであった。まず,何らかの医学的な欠陥から悪いふるまいをする子供は取り除かれた。次に,この方法を適用することにおいて,臨機応変と熟練があった。しかし,真にきわめて重要な点は,クラスの過半数のものの行儀がよかったということである。つまり,当の子供は,彼が当然尊重しているクラス全体の意見に自分が敵対的であるのを感じたのだ。これは,もちろん,「わいわい騒ぐ」ことに夢中になっている(注:bent 曲がっている、傾いている)クラスを担当している教師(注:schoolmaster 小中高における男性の教師)の場合とはまるで異なった状況である。私は,その教師がとるべき方法について議論するつもりはない。なぜなら,もし教育が最初から(スタート時点から)適切に行なわれていれば,そのような方法は決して必要とされないはずだからである。子供たちは,正しい事を適切に教えられるかぎり,勉強したがる。幼いころに食事や睡眠について犯しているのと同じような誤りを,知識を授けるときにも犯している。つまり,実際に子供にとって利益になることが,一見おとなにとって都合の良いことだと(子供の目に)映るようになされている。幼児は,自分が食べたり眠ったりするのは,ただおとながそれを望んでいるからだ,と容易に考えるようになる。これでは(注:たとえば眠くて食欲がないのに無理やり食べさせると),不眠症が原因で消化不良になってしまう(注:H・C・キャメロン『神経質な子供』第4,6章参照)。子供は病気でないかぎり,(無理やり食べさせずに)食べ物を残させ,お腹がすくようにさせよう。私の息子は,保母になだめすかされて食事をしていて,しだいに「気むずかしく(difficile フランス語)になっていった。ある日,彼に昼食をあげていたとき,プディングを食べるのをいやがったので,私たち(夫婦)はそれを下げさせてしまった。しばらくして,息子はプディングをまた持ってきてほしいと言い出したが,結局,料理人が食べてしまっていたことがわかった。息子は,びっくりぎょうてんし,もう二度と私たちにそういうふり(注:空いていないふり)はしなくなった。これとまったく同じ方法が知育にもあてはまるはずである。勉強したくない子供たちには,外へ出ることを許してあげるべきである。ただし,授業中に,外に出すのであれば,その子供が退屈するようにとりはからなければならない。彼らは,ほかの子供たちが勉強しているのを見ると,やがて,自分たちにも教えてくれと,せがむようになるだろう。そのとき,先生は恩恵を施す人のように見えてくる。事実,この場合,先生は恩恵を施しているのである。どの学校にも大きな何もおいていない部屋を設け,勉強したくない子供はそこへ行けるようにするとよいと思う。ただし,そこへ行ったときには,その日は授業を受けに戻ることは許すべきでないだろう。また,授業中に悪い振る舞いをしたときにも,罰としてそこへやるとよい。罰は,罰を受ける人がいやがるようなものであるべきであり,好きになるようなものであってはならない,というのは単純な原則であるように思われる。それなのに,古典語の詩行を書き写させること(注:lines イギリスにおける罰課)はありふれた罰となっており,その目的は古典文学への愛を育むことにある,とされているのである。
 
(Pt.2 Education of Character)
Chap.9 Punishment (OE09-040)

The success of this method depended upon several factors not present in old-fashioned schools. There was first the elimination of those whose bad conduct was due to some medical defect. Then there was tact and skill in applying the method. But the really vital point was the good conduct of the majority of the class; the child felt itself opposed to the public opinion which it naturally respected. This is, of course, an entirely different situation from that of the schoolmaster who has a class bent on "ragging". I do not propose to discuss the methods which he should employ, because they would never be needed if education were properly conducted from the start. Children like to learn things, provided they are the right things properly taught. The same mistake is made in imparting knowledge as is made, at an earlier stage, in regard to food and sleep : something which is really an advantage to the child is made to appear like a favour to the adult. Infants easily come to think that the only reason for eating and sleeping is that grown-ups desire it ; this turns them into dyspeptic sufferers from insomnia (note: See Dr. H. C. Cameron, The Nervous Child, chaps. iv. and v.). Unless a child is ill, let it leave its food and go hungry. My boy had been coaxed into eating by his nurse, and had grown more and more difficile. One day when we had him for his midday meal he refused to eat his pudding, so we sent it out. After a while he demanded it back, but it turned out that the cook had eaten it. He was flabbergasted, and never made such pretences with us again. Exactly the same method should apply to instruction. Those who do not want it should be allowed to go without, though I should see to it that they were bored if they were absent during lesson-time. If they see others learning they will presently clamour to be taught : the teacher can then appear as conferring a benefit, which is the truth of the situation. I should have in every school a large bare room to which pupils could go if they did not want to learn, but if they went there I should not allow them to come back to lessons that day. And they should be sent there as a punishment if they behaved badly in lesson-time. It seems a simple principle that a punishment should be something you wish the culprit to dislike, not something you wish him to like. Yet "lines" are a common punishment where the professed aim is to produce a love of classical literature.

(掲載日:2015.04.22/更新日: )