(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル教育論』(Bertrand Russell On Education/松下彰良・訳)

次ページ(Forward) 前ページ(Back) Chap. 6(第6章) Index

Contents(目次)
第二部 性格の教育
 第6章 建設的であること(OE06-070)


 高学年の教育においては,社会的な建設性が刺激されなければならない。つまり,十分な知能を持っている人びと(学生)は,想像力を駆使して,既存の社会的な力を活用したり,新しい社会的な力を創り出したりするための,よりいっそう生産的な方法を考え出すように,奨励されなければならない。プラトンの『共和国』を読む人はいるが,彼らは,それをどこかで現在の政治に結びつけようとはしない。1920年のロシアは(プラトンの)『共和国』の理想とほぼ同じような理想を抱いていたと,私が述べたとき,より大きなショックを受けたのはプラトン主義者であったか,それとも,ボルシェビ−キ(注:ロシア共産主義者)であったかは,言い難いものであった。人びとは,文学の古典を読むとき,それがブラウン,ジョーンズ,ロビンソンといった一般庶民の生活から見て,どういう意味あいを持つかは,考えてみようとはしない。これは,ユートピア文学を読むとき特によく起こる。なぜなら,現在の社会制度からユートピアヘ至る道(道程)については何も語られていないからである。こういう事柄において価値ある能力は,次にどんな手を打つべきかについて正しく判断する能力である。十九世紀のイギリス自由党員たちは,この長所を持っていた。ただし,彼らがとった処置によって最終的に必ず到達するはずの結果を知ったならば,彼らは恐れおののいたであろう。ある人の思考を,しばしばまったく無意識のうちに,支配しているイメージがどのようなものであるかによって,多くのことが左右されている。社会制度は,いろんなふうに思い描くことができる。最もありふれたものは,鋳型であり,機械であり樹木である。一番最初の(鋳型の)イメージは社会を静的にとらえるもので,たとえば,スパルタや昔の中国の見方である。つまり,人間性は,用意された鋳型に流しこまれ,前もって考えられていた形に整えられる(というものである)。こういう考えは,いくらかは,すべての厳格な道徳的あるいは社会的な因習の中に残っている。このようなイメージによってものの見方を支配されている人は,一定の政治的見解--即ち,硬直し弾力に欠けた,また,厳格かつ迫害的な,政治的見解を抱いているだろう。社会を(一つの)機械として思い描いている人は,もっと近代的である。実業家や共産主義者は,ともにこの部類に属する。彼らにとって,人間性など興味をひかないものであり,また人生の目標は単純であり,通常,それは生産を最大限に増やすことである。(彼らにとって)社会を組織化する目的も,この単純な目標を達成することにある。難しいのは,現実の人間はそのような目標を望まないということである。彼らは,組織者(家)の整然とした精神には無価値としか思えないような,ありとあらゆる無秩序なものを求め続ける。このことは,組織者(家)が良いと考えるものを望むような人間を産み出すために、組織者(家)を再び例の型へと駆り立てる。そして,これが,今度は,革命をもたらすことになる。
(Pt.2 Education of Character)
Chap. 6: Constructiveness (OE06-070)

In the later years of education, there should be a stimulation of social constructiveness. I mean, that those whose intelligence is adequate should be encouraged in using their imaginations to think out more productive ways of utilizing existing social forces or creating new ones. Men read Plato's Republic, but they do not attach it to current politics at any point. When I stated that the Russian State in 1920 had ideals which were almost exactly those of the Republic, it was hard to say whether the Platonists or the Bolsheviks were the more shocked. People read a literary classic without any attempt to see what it means in terms of the lives of Brown, Jones, and Robinson. This is particularly easy with a Utopia, because we are not told of any road which leads to it from our present social system. The valuable faculty, in these matters, is that of judging rightly as to the next step. British nineteenth-century Liberals had this merit, though the ultimate results to which their measures were bound to lead would have horrified them. A great deal depends upon the kind of image that dominates a man's thinking, often quite unconsciously. A social system may be conceived in many ways; the commonest are a mould, a machine, and a tree. The first belongs to the static conceptions of society, such as those of Sparta and traditional China : human nature is to be poured into a prepared mould, and to set in a preconceived shape. Something of this idea exists in any rigid moral or social convention. The man whose outlook is dominated by this image will have a political outlook of a certain kind--stiff and unyielding, stern and persecuting. The man who conceives of society as a machine is more modern. The industrialist and the communist alike belong to this class. To them, human nature is uninteresting, and the ends of life are simple--usually the maximizing of production. The purpose of social organization is to secure these simple ends. The difficulty is that actual human beings will not desire them; they persist in wanting all kinds of chaotic things which seem worthless to the tidy mind of the organizer. This drives the organizer back to the mould, in order to produce human beings who desire what he thinks good. And this, in turn, leads to revolution.

(掲載日:2015.04.06/更新日: )