(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル教育論』(Bertrand Russell On Education/松下彰良・訳)

次ページ(Forward) 前ページ(Back) Chap. 6(第6章) Index

Contents(目次)
第二部 性格の教育
 第6章 建設的であること(OE06-060)


 私が建設的あること(建設的な心性)と言うとき,物質的な建設のことだけを考えているわけではない。演劇や合唱といった職業には,協力的な非物質的建設が伴っている(必要としている)。演劇や合唱は,多くの子供や青年にとって楽しいものなので奨励されるべきである(ただし,強制してはいけない)。純粋に知的な事柄においても,建設的な傾向,あるいは破壊的な傾向を持つことはありそうなことである。古典教育(注:ギリシア語及びラテン語の教育)は,ほとんどまったく批判的なものである。即ち,少年は,誤りを避けることと,誤りを犯す人びとを軽蔑することを学ぶ。これは,一種の冷淡な正確さを生み出す傾向があり、このような正確さにおいては,独創性は,権威に対する尊敬に取って代わられる。正しいラテン語は,きっぱりと決まっている。即ち,ヴェリギリウスとキケロのラテン語である。(これに対し)正しい科学は絶えず変化しているので,有能な青年はこの過程を押し進めることを待ち望んでいるかもしれない。従って,科学教育によって生み出された態度,死語の研究によって生み出された態度よりも,建設的である傾向がある。誤りを避けることを目指すべき主目的としている場合には,教育は,知的な面で生気のないタイプの人間を生み出しやすい。自分の知識活かして何か冒険的なことをやるという展望を,すべての有能な青年男女の前に示してあげなければならない。高等教育は,あまりにもしばしば,よい行儀作法に似たもの,つまり,不作法(文法違反)に陥らないための単なる消極的な道徳律,を授けるものだと考えられている。そのような教育において,建設的な心性は忘れ去られきている。そのような教育によって生み出される通常のタイプは,予想どおり,こせこせした,冒険心のない,寛容の精神に欠けたタイプの人間である。何かを積極的に達成することが教育の目標とされれば,こういったはすべて避けられる(であろう)。
(Pt.2 Education of Character)
Chap. 6: Constructiveness (OE06-060)

When I speak of constructiveness, I am not thinking only of material construction. Such occupations as acting and choral singing involve co-operative non-material construction ; they are pleasant to many children and young people, and should be encouraged (though not enforced). Even in purely intellectual matters it is possible to have a constructive or a destructive bias. A classical education is almost entirely critical : a boy learns to avoid mistakes, and to despise those who commit them. This tends to produce a kind of cold correctness, in which originality is replaced by respect for authority. Correct Latin is fixed once for all.. it is that of Vergil and Cicero. Correct Science is continually changing, and an able youth may look forward to helping in this process. Consequently the attitude produced by a scientific education is likely to be more constructive than that produced by the study of dead languages. Wherever avoidance of error is the chief thing aimed at, education tends to produce an intellectually bloodless type. The prospect of doing something venturesome with one's knowledge ought to be held before all the abler young men and young women. Too often, higher education is regarded as conferring something analogous to good manners, a merely negative code by which solecisms are avoided. In such an education, constructiveness has been forgotten. The usual type produced is, as might be expected, niggling, unenterprising, and lacking in generosity. All this is avoided when positive achievement is made the goal of education.

(掲載日:2015.04.03/更新日: )