(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル教育論』(Bertrand Russell On Education/松下彰良・訳)

次ページ(Forward) 前ページ(Back) Chap. 4(第4章) Index

Contents(目次)
第二部 性格の教育
 第4章 恐怖心(OE04-090)


 個人的な経験談は,これくらいにしておこう。いまや,恐怖心を取り除く方法に関する,もっと一般的な考察に移らなければならない。
 生後二,三年を過ぎれば,身体的な勇気の適切な指南役は,ほかの子供たちである。その幼児に兄や姉がいれば,実例を示したり口で説明したりして刺激するだろうし,兄や姉にできることは自分も何でもやってみようとするだろう。学校では,身体的な臆病さは(他の子どもから)馬鹿にされるので,教師がそのことを強調する必要はない。少なくとも,男の子の間ではそうである。女の子の間でも,当然そうあるべきであり,女の子も,まったく同様の勇気の尺度を持っていなければならない。幸いなことに,女生徒たちは,もはや立居ふるまいについては「淑女らしく」するようにとは教えられてはいない。勇敢にふるまってみたいという彼女たちの自然な衝動は,かなり大幅な自由が許されている。しかし,この点については,少年と少女の間にまだ若干の区別が見受けられる。そういう区別はあってはならない,と私は確信している(注:バゥスフィールド『性と文明』参照)。

(Pt.2 Education of Character)
Chap. 4: Fear (OE04-090)

So much from personal experience. We must now pass on to a more general consideration of methods for eliminating fear.
After the first years, the proper instructors in physical courage are other children. lf a child has older brothers and sisters, they will stimulate it both by example and by precept, and whatever they can do it will attempt. At school, physical cowardice is despised, and there is no need for grown-up teachers to emphasize the matter. At least, that is the case among boys. It ought to be equally the case among girls, who should have precisely the same standards of courage. In physical ways, fortunately, school-girls are no longer taught to be "lady-like ", and their natural impulses towards physical prowess are allowed a fair amount of scope. There is still, however, some difference between boys and girls in this respect. I am convinced there ought to be none.(note: See Bousfield, Sex and Civilization, passim.)

(掲載日:2015.03.3/更新日: )