(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル教育論』(Bertrand Russell On Education/松下彰良・訳)

次ページ(Forward) 前ページ(Back) Chap. 4(第4章) Index

Contents(目次)
第二部 性格の教育
 第4章 恐怖心(OE04-050)


 私たちは,- 誤っていたかもしれないが- 自分たちの子供にまったく欠けていて,恐れることに合理性がある,2つの恐怖については,正反対の過程を採用した。私は(現在),一年の半分を,絶壁の多い,岩の多い海辺に住んでいる。息子は,高いところは危険だという感覚がまったくなかったので,放っておいたら,崖(がけ)に向かってまっすぐに走って行き,そこから海中に落ちてしまっただろう。ある日,私たちは,その先が100フィート(約30m)のけわしい断崖になっている,勾配の急な斜面にすわっていた。その時,もしもその崖の端を越えて行ったら,落っこちて皿のように壊れてしまうだろうということを,もの静かに,単なる科学的な事実として,息子に説明した。(彼は最近,皿が床の上に落ちて,こなごなになるのを目撃していた。) 彼は,しばらくの間じっとすわって,「落ちる,壊れる」とつぶやいた。そうして,その崖っぷちからもっと離れたところへ連れていってほしいと頼んだ。これは,だいたい二歳半のころのことであった。それ以来,私たちが目を離さないときには,彼は高いところを適度に怖がり,安全なところにいるようになった。しかし,独りにしておけば,まだ,向う見ずなことをするだろう。息子は今では(彼は三歳九ケ月であるが)6フィートの高さから躊躇なく飛び降りるし,放っておけば20フィートの高さ(注:約6メートル/因みに1フィートは約30センチ)からでも飛びおりることだろう。このようにして,危険性を把握することを教えたことは,確かに,行きすぎた結果をもたらすことはなかった。それは,暗示によるのではなく,知識を授けたためだ,と私は考えている。知識を授けている時,私も息子も恐怖を感じていなかった。このことは,教育上非常に重要であると考える。危険に対する合理的な理解は必要である。(しかし)恐怖心は必要ではない。子供は,恐怖の要素がいくらかないと危険を把握することができない。しかし,教える側にこの要素が存在しない場合は,恐怖心という要素を大幅に減らすことができる。子供の世話をしている大人は,決して恐怖心を感じてはいけない。女性も,男性と同様に勇気を養わなければいけない一つの理由は,ここにある。
(Pt.2 Education of Character)
Chap. 4: Fear (OE04-050)

We adopted an exactly opposite process - perhaps wrongly - in the case of two rational fears which were wholly absent. I live half the year on a rocky coast where there are many precipices. The boy had no sense whatever of the danger of heights, and would have run straight over a cliff into the sea if we had let him. One day when we were sitting on a steep slope that ended in a sheer drop of a hundred feet, we explained to him quietly, as a merely scientific fact, that if he went over the edge he would fall and break like a plate. (He had lately seen a plate broken into many pieces by being dropped on the floor.) He sat still for some time, saying to himself, " fall, break ",and then asked to be taken further from the edge. This was at the age of about two and a half. Since then he has had just enough fear of heights to make him safe while we keep an eye on him. But he would still be very rash if left to himself. He now (three years and nine months) jumps from heights of six feet without hesitation, and would jump twenty feet if we would let him. Thus the instruction in apprehension certainly did not produce excessive results. I attribute this to the fact that it was instruction, not suggestion ; neither of us was feeling fear when the instruction was given. I regard this as very important in education. Rational apprehension of dangers is necessary ; fear is not. A child cannot apprehend dangers without some element of fear, but this element is very much diminished when it is not present in the instructor. A grown-up person in charge of a child should never feel fear. That is one reason why courage should be cultivated in women just as much as in men.

(掲載日:2015.03.3/更新日: )