(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル教育論』(Bertrand Russell On Education/松下彰良・訳)

次ページ(Forward) 前ページ(Back) Chap. 4(第4章) Index

Contents(目次)
第二部 性格の教育
 第4章 恐怖心(OE04-060)


 二番目の事例は,これほど計画的なものではなかった。ある日,私と息子(当時三歳四ケ月)が散歩しているときに,行く先に一匹の毒ヘビを見つけた。息子は,ヘビの絵(pictures 写真?)を見たことはあったが,本物のヘビは一匹もそれまで見たことがなかった。息子は,ヘビが噛み付くことを知らなかった。彼はその毒ヘビを見つけ大喜びし,ヘビがすべるように逃げると,走って追いかけた。つかまえられないのはわかっていたので,私は止めもしなければ,ヘビが危険であることも言わなかった。けれども,息子の保母は,その時以降ずっと,ヘビがいるかもしれないという理由で,長い草が生えているところを走るのを禁止した。その結果,息子の中に恐怖心が少しわいてきたが,私たちが望ましいと思っている程度を越えるものではなかった。
 これまでのところ,最も克服するのが困難だったものは,海に対する恐怖心であった。私たちが息子を初めて海に入れてやろうとしたのは,彼が二歳半の時であった。最初は,その試みはまったくうまくいかなかった。水が冷たいのをいやがり,また波の音もこわがった。波は,(引くことはなく)常に自分の方に押し寄せてくるように思われた。波が高い時には,海辺に近づこうとさえしなかった。何かにつけ怖がる時期だった。動物,妙な物音,その他様々なものを警戒した。私たちは,海に対する恐怖を一つずつ(少しずつ)取り除いた。(まず,)息子を海から離れた浅い水たまりに入れてやった。やがて,水が冷たいというだけではショックを受けなくなった。四ケ月間の暖かい季節が終わるころには,波のあるところから離れた浅瀬でちゃぷちゃぷやって喜ぶようになったが,腰まで水のくるような深いところへ入れると泣き出した。私たちはまた,息子を波の音に慣れさせるために,ちょうど波の見えないところで,一度に一時間くらい遊ばせた。その後,彼の見えるところへ連れていき,波は寄せては返すのだということに気づかせた。このようなにいろいろやり,(また)親や他の子供のお手本を示したが,怖がらずに波の近くにいられる程度になっただけだった。(従って)海に対する恐怖心は本能的なものであると,私は確信している。恐怖を引き起こすような暗示はいっさい息子に対し与えられなかったことは,まず確かである(からである)。翌年の夏,息子が三歳半の時に,私たちはもう一度この問題をとりあげた。いまだ,実際に波の中にはいっていくのを怖がった。何度かなだめすかしたり,他の人が皆水浴びしているところを見せても,うまくいかなかったので,私たちは,旧式な方法をとることにした。彼が臆病な態度を見せると,彼のことを私たちが恥ずかしく思っていることを感じさせた。また,勇気を示したときには暖かく褒めた。約二週間,私たちは,毎日のように,抵抗して泣き叫んでも,息子をどっぷり首のところまで,海の中に押し入れた。(ラッセル注:同じ年頃の私に用いられた方法は,私の両足をつかんでさかさまにし,いっとき頭を水の中につけておくことであった。奇妙なことに,この方法はうまくいって,私は水が好きになった。しかし,この方法をお薦めすることはできない。)日ましに抵抗しなくなった。そういう状態が終わらないうちに,海の中に入れてほしいと言い出すようになった。二週間目の終わりに,望んだとおりの結果が達成された。息子は,もはや海をこわがらなくなった。 その時から,私たちは,息子を完全に自由にしてやった。すると,天気のよいときはいつでも,自発的に海水浴をするようになった。明らかに,最大限楽しんでいるようであった。恐怖心がすっかりなくなったわけではないが,いくぶんは自尊心から恐怖心を押え込んでいた。けれども,海に慣れるにつれて,恐怖心は見る見る減っていき,今ではまったくなくなっている。彼の妹は,いま生後20ケ月であるが,これまで海をこわがる様子を見せたことがなく,まったくためらいを見せず,まっすぐに海の中に走りこんでいっている。
(Pt.2 Education of Character)
Chap. 4: Fear (OE04-060)

The second illustration was less deliberate. One day when I was walking with the boy (at the age of three years and four months) we found an adder on the path. He had seen pictures of snakes, but had never before seen a real snake. He did not know that snakes bite. He was delighted with the adder, and when it glided away he ran after it. As I knew he could not catch it, I did not check him, and did not tell him that snakes are dangerous. His nurse, however, from that time on, prevented him from running in long grass, on the ground that there might be snakes. A slight fear grew up in him as a result, but not more than we felt to be desirable.
The most difficult fear to overcome so far has been fear of the sea. Our first attempt to take the boy into the sea was at the age of two and a half. At first, it was quite impossible. He disliked the cold of the water, he was frightened by the noise of the waves, and they seemed to him to be always coming, never going. If the waves were big, he would not even go near to the sea. This was a period of general timidity : animals, odd noises, and various other things, caused alarm. We dealt with fear of the sea piecemeal. We put the boy into shallow pools away from the sea, until the mere cold had ceased to be a shock ; at the end of the four warm months, he enjoyed paddling in shallow water at a distance from waves, but still cried if we put him into deep pools where the water came up to his waist. We accustomed him to the noise of the waves by letting him play for an hour at a time just out of sight of them ; then we took him to where he could see them, and made him notice that after coming in they go out again. All this, combined with the example of his parents and other children, only brought him to the point where he could be near the waves without fear. I am convinced that the fear was instinctive; I am fairly certain there had been no suggestion to cause it. The following summer, at the age of three and a half, we took the matter up again. There was still a terror of going actually into the waves. After some unsuccessful coaxing, combined with the spectacle of everybody else bathing, we adopted old-fashioned methods. When he showed cowardice, we made him feel that we were ashamed of him ; when he showed courage, we praised him warmly. Every day for about a fortnight, we plunged him up to the neck in the sea, in spite of his struggles and cries.(note: The method adopted with me at the same age was to pick me up by the heels and hold my head under water for some time. This method, oddly enough, succeeded in making me like the water ; nevertheless I do not recommend it.) Every day they grew less ; before they ceased, he began to ask to be put in. At the end of a fortnight, the desired result had been achieved: he no longer feared the sea. From that moment, we left him completely free, and he bathed of his own accord whenever the weather was suitable -- obviously with the greatest enjoyment. Fear had not ceased altogether, but had been partly repressed by pride. Familiarity, however, made the fear grow rapidly less, and it has now ceased altogether. His sister, now twenty months old, has never shown any fear of the sea. and runs straight in without the slightest hesitation.

(掲載日:2015.03.3/更新日: )