(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル教育論』(Bertrand Russell On Education/松下彰良・訳)

次ページ(Forward) 前ページ(Back) Chap. 4(第4章) Index

Contents(目次)
第二部 性格の教育
 第4章 恐怖心(OE04-040)


 シュテルンは,多くの事例,とりわけ急に開いた雨傘に対する恐怖心や,「よく見られる,機械じかけのおもちゃに対する恐怖」を挙げている。ちなみに,前者は馬や牛に非常に強く見られるもので,私が確認したところ,この恐怖のために(恐怖にかられて),馬や牛の大群があわてふためいて逃げ出すこともある(とのことである)。私の息子の恐怖心も,この部類のものについては,まさにシュテルンが述べているとおりであった。息子を怯えさせた影は,通りを通り過ぎた見えない対象物(たとえばバスなど)によって部屋の中に投げかけられた,ぼんやりした,迅速に動く影であった。私は,自分の指で壁や床の上に影を作ってみせ,息子にも私のまねをさせて,彼の恐怖心を治してあげた。まもなく息子は,影というものを理解したように感じて,影を面白がるようになった。同じ原理が,機械じかけのおもちゃにもあてはまった。息子は,仕組み(メカニズム)を理解すると,もう怖がらなくなった。しかし,仕組みが目に見えない場合は,慣れるのに時間がかかった。(たとえば)息子は,その上に座ったり押えたりすると,陰気な音が長く出るクッションを誰かにもらったことがあった。このクッションは,長いこと彼をビクビクさせた。私たちは,この息子を怖がらせるものを完全に撤去するようなことは,断じてしなかった。私たちは,それをやや離れたところに置いた。そこなら,少し怖いだけであった。このようにして,しだいに慣れるようにした。そして,恐怖心がまったくなくなるまで続けた。一般的に,最初は恐怖心を起こさせる神秘的な性質も,恐怖心が克服されれば,喜びを生み出すものとなった。私の考えでは,合理的でない恐怖心(恐れる客観的な理由のないもの)は,決してただ放っておくべきではなく,弱い形でそれに慣れるようにして,しだいに克服しなければならない。
(Pt.2 Education of Character)
Chap. 4: Fear (OE04-040)

Stern gives many instances, among others fear of a suddenly opened umbrella and "the frequent fear of mechanical toys". The former, by the way, is very strong in horses and cows : a large herd can be driven into headlong flight by it, as I have verified. My own boy's terrors, under this head, were just such as Stern describes. The shadows that frightened him were vague, quickly-moving shadows thrown into a room by unseen objects (such as omnibuses) passing in the street. I cured him by making shadows on the wall and the floor with my fingers, and getting him to imitate me; before long, he felt that he understood shadows and began to enjoy them. The same principle applied to mechanical toys ; when he had seen the mechanism he was no longer frightened. But when the mechanism was invisible the process was slow. Someone gave him a cushion which emitted a long melancholy whine after being sat upon or pressed. This alarmed him for a long time. In no case did we entirely remove the terrifying object: we put it at a distance, where it was only slightly alarming ; we produced gradual familiarity, and we persisted till the fear completely ceased. Generally the same mysterious quality which caused fear at first produced delight when the fear had been overcome. I think an irrational fear should never be simply let alone, but should be gradually overcome by familiarity with its fainter forms.

(掲載日:2015.03.3/更新日: )