(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル教育論』(Bertrand Russell On Education/松下彰良・訳)

次ページ(Forward) 前ページ(Back) Chap. 4(第4章) Index

Contents(目次)
第二部 性格の教育
 第4章 恐怖心(OE04-030)


 この問題に新たな光をあてるために,私は自分の子供たちを注意深く観察してきた。だが,保母やメイドが子供たちにどんなことを言ったか,いつも私が知り得たわけではないため,事実の解釈にはしばしば疑わしい点があった。私が判断できた限り,子供たちは,生後一年目の恐怖については,ワトソン博士の見解を裏付けた。生後二年目には,一人が一時期馬を怖がっただけで,それ以外,子供たちは動物を少しもこわがらなかった。けれども,これは,明らかに,一頭の馬が突然非常に大きな音を立てて娘(彼女)のそばを駆け抜けたという事実によるものであった。娘(彼女)はまだ二歳なので,この時期以後の観察については,息子のほうによっている。息子の二歳の終わり頃に新しい保母がついたが,この保母は一般的に言って臆病であり,特に暗がりを怖がった。息子は,すぐに彼女の恐怖心を身につけてしまった(初めのうち私たち夫婦は,このことにまったく気がつかなかった)。息子は犬や猫を見ると逃げ出し,暗い食器棚の前では救い難いほど怯え,暗くなると,自分の部屋のすみずみまで灯りをほしがり,(生まれたばかりの)自分の妹を初めて見たときでさえも怖がるほどであった。どうやら息子(彼)は,妹のことを見知らぬ種類の奇妙な動物だと思ったらしい。(注:この恐怖は,機械じかけのおもちゃに対する恐怖と同じものではないかと思われる(後段参照)。息子(彼)が初めて妹を見たとき,妹は眠っていたので人形だと思った。だから,彼女が動いたとき,ビックリしたのである。)このような恐怖は全て臆病な保母から植えつけられたのかもしれない。事実,この保母がいなくなってからは,そういった恐怖は次第に消えていった。けれども,このほかにも,同様の説明をすることができない恐怖がいくつかあった。なぜなら,それらの恐怖は,当の保母がくる前から生じていたものであり,しかも,大人なら決して怖がらないような対象に向けられていたからである。これらの恐怖心うちの主なものは,人をびっくりさせるような仕方で動くあらゆるもの,特に(物の)影や機械じかけのおもちゃに対する恐怖であった。この観察を行った後,この種の恐怖(心)は幼年期においては正常なものであり,また,本能的なものとみなすべき強い理由がある,ということを知った。この問題は,ウィリアム・シュテルンの 『幼年期の心理』p.494以下で,「神秘的なものに対する恐怖」という見出しのもとに論じられている。彼は次のように言っている。
 こうした形の恐怖心が,特に幼年期初期において持つ特別な意義は,古い学派の児童心理学者たちの注意を引くところとはならなかった。これ(恐怖心が特に幼年期初期において特別な意義を持つこと)は,最近になって,グロースや,我々によって確立されたものである。「見なれないものに対する恐怖心は,よく知っている危険に対する恐怖心よりもー段と原始的な性質のものであるように思われる」(グロース,p.284)。もしも,子供が,おなじみの知覚の仕方と一致しないものに遭遇した時には,三つのことが起こりうる。一つ目は,印象があまりにも異質であるために,単に自分とは無縁なものとして受け付けず,意識がそれに注意しない場合。二つ目は,いつもの知覚の仕方が妨害されるため,注意を引かれはするが,混乱を招くほど強くない場合。それは,むしろ,驚き,知識欲とも言うべきもので,あらゆる思想,判断,探求の始まりとなる。三つ目は,新しいものが,突然,暴力的な強さで古いものの中に入り込んできて,なじみのある観念を予期しない混乱に陥れ,すぐには実際的な適応ができなくなってしまう場合。続いて,強い不快の情調を伴ったショックが起きる。神秘的なもの(うす気味の悪いもの)に対する恐怖心である。グロースは,いまや,このうす気味の悪いものに対する恐怖(心)もまた,はっきりと本能的な恐怖(心)に根差すものであることを,鋭い洞察力をもって指摘している。この恐怖(心)は,一つの世代から次の世代にわたって働いている生物学的な必要性に対応するものである。
(Pt.2 Education of Character)
Chap. 4: Fear (OE04-030)

In order to get fresh light on this subject, I have observed my own children carefully ; but as I could not always know what nurses and maids might have said to them, the interpretation of the facts was often doubtful. So far as I could judge, they bore out Dr. Watson's views as to fear in the first year of life. In the second year, they showed no fear of animals, except that one of them, for a time, was afraid of horses. This, however, was apparently due to the fact that a horse had suddenly galloped past her with a very loud noise. She is still in her second year, and therefore for later observation I am dependent on the boy. Near the end of his second year, he had a new nurse who was generally timid and especially afraid of the dark. He quickly acquired her terrors (of which we were ignorant at first) ; he fled from dogs and cats, cowered in abject fear before a dark cupboard, wanted lights in every part of the room after dark, and was even afraid of his little sister the first time he saw her, thinking, apparently, that she was a strange animal of some unknown species. (note: I think this fear was the same as the fear of mechanical toys (see below). He saw her first asleep, and thought she was a doll ; when she moved he was startled.) All these fears might have been acquired from the timid nurse; in fact, they gradually faded away after she was gone. There were other fears, however, which could not be accounted for in the same way, since they began before the nurse came, and were directed to objects which no grown-up person would find alarming. Chief of these was a fear of everything that moved in a surprising way, notably shadows and mechanical toys. After making this observation, I learned that fears of this sort are normal in childhood, and that there are strong reasons for regarding them as instinctive. The matter is discussed by William Stern in his Psychology of Early Childhood, pp. 494 ff., under the heading "Fear of the Mysterious". What he says is as follows :
The special significance of this form of fear, particularly in early childhood, has escaped the notice of the older school of child-psychologists ; it has lately been established by Groos and by us. "Fear of the unaccustomed seems to be more a part of primitive nature than fear of a known danger" (Groos, p. 284). If the child meets with anything that does not fit in with the familiar course of his perception, three things are possible. Either the impression is so alien that it is simply rejected as a foreign body, and consciousness takes no notice of it. Or the interruption of the usual course of perception is pronounced enough to attract attention but not so violent as to effect disturbance ; it is rather surprise, desire for knowledge, the beginning of all thought, judgment, inquiry. or, lastly, the new suddenly breaks in upon the old with violent intensity, throws familiar ideas into unexpected confusion without a possibility of an immediate practical adjustment ; then follows a shock with a strong affective-tone of displeasure, the fear of the mysterious (uncanny). Groos now has pointed out with keen insight that this fear of the uncanny is also distinctly founded on instinctive fear ; it corresponds to a biological necessity which works from one generation to the next.

(掲載日:2015.03.3/更新日: )