(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル教育論』(Bertrand Russell On Education/松下彰良・訳)

次ページ(Forward)> 前ページ(Back) Chap. 3(第3章) Index

Contents(目次)
第二部 性格の教育
 第3章 生後第一年(OE03-030)


 '幼年期'(幼児期)における習慣形成を考える時,考慮すべき問題が2つ出てくる。第一の,いかなるものにも増して考えるべき問題は,'健康'であり,第二は'性格'である。私たちは,自分の子供が他人に好かれ,立派に人生に対処できるような人間になってほしいと望む。幸いにも,健康と性格は同じ方向を向いている。即ち,一方にとって良いことは,他方にとっても良い。本書で私たちが特に関心を持つのは,性格である。だが,健康も同じような習慣を必要とする。そこで,私たちは,「健康な悪党」か「病弱な聖者」か,というむずかしい二者択一に直面しなくても済む。
 今日では,教育ある母親ならだれでも,授乳は赤ん坊が泣くたびに行うのではなく,一定の間隔をおいて(規則的に)するのが重要だ,というような単純な事実を知っている。このやり方が生じたのは,赤ん坊の消化のためによいからであり,それだけで,まったく十分な理由になる。しかし,それは,道徳教育の見地からも望ましい。赤ん坊は,とかくおとなが考えているよりも,はるかにずるいものである。赤ん坊は,ぎゃーぎゃー泣けば快い結果が得られることを知ると,ぎゃーぎゃー泣く。大きくなって,泣きごとを言う習憤のために,ちやほやされるどころか,きらわれるようになると,彼らは驚き,かつ憤慨する。そして,世間は冷たくて,無情だと思ってしまう。ところが,もし'彼女たち'が成長して'魅力的な女性'になった場合は,不平を鳴らしてもやはりちやほやされるので,幼年期に始まった悪いしつけがいっそう強められることになる。同じことは,'金持ちの人間'にもあてはまる。幼年期に正しい方法を取らないかぎり,人々は後年,おのれの権力の度合いに応じて,不平家になるか,それとも,にぎり屋になる。必要な道徳教育を始めるのに適切な時期は,生まれ落ちた瞬間である。なぜなら,その時なら,期待を裏切られることなしに訓練を始めることができるからである。その後だといつから始めても,反対の習慣と戦わなければならないし,その結果,恨みがましい憤慨にぶつかることになる。
 そこで,赤ん坊を扱う際には,ほったらかしと甘やかしとの間で,微妙なバランスをとる必要がある。健康のために必要なことは,なんでもしてやらなければならない。赤ん坊に風があたっているときには,当然,抱き上げてやらなければならない。また,いつも乾いて暖かにしておいてやらなければならない。しかし,十分な身体上の原因がないのに泣く場合は,泣くままにしておかなければならない。さもないと,赤ん坊はたちまち暴君になってしまうだろう。赤ん坊の世話をするときは,あまり大騒ぎしすぎてはいけない。必要なことはしなければならないが,過度に同情を示してはいけない。赤ん坊の人生のどの時期にも,赤ん坊のことを,抱き犬よりもいくらか面白みのあるかわいいペットとみなしてはならない。赤ん坊は,そもそも最初から,未来のおとなとして,まじめに考えなければならない。おとなにあれば我慢ならないような習慣も,幼児にある場合は結構かわいいこともある。もちろん,幼児が実際におとなの習慣を持てるわけではないが,そういう習慣を身につける際にじゃまになるようなものはいっさい取り除いてやらなければならない。とりわけ,赤ん坊に,自分は大事な人間なんだという意識を与えてはならない。そんな意識は,その後の経験によって屈屠を与えられるだろうし,また,どのみち,事実と合致するものではない。
(Pt.2 Education of Character)
Chap. 3 The first year (OE03-030)

Two considerations come in when we are considering habit-formation in infancy. The first and paramount consideration is health; the second is character. We want the child to become the sort of person that will be liked and will be able to cope with life successfully. Fortunately, health and character point in the same direction: what is good for one is good also for the other. It is character that specially concerns us in this book; but health requires the same practices. Thus we are not faced with the difficult alternative of a healthy scoundrel or a diseased saint.
Every educated mother nowadays knows such simple facts as the importance of feeding the infant at regular intervals, not whenever it cries. This practice has arisen because it is better for the child's digestion, which is an entirely sufficient reason. But it is also desirable from the point of view of moral education. Infants are far more cunning (not in the American sense) than grown-up people are apt to suppose; if they find that crying produces agreeable results, they will cry. When, in later life, a habit of complaining causes them to be disliked instead of petted, they feel surprised and resentful, and the world seems to them cold and unsympathetic. If, however, they grow up into charming women, they will still be petted when they are querulous, and the bad training begun in childhood will be intensified. The same thing is true of rich men. Unless the right methods are adopted in infancy, people in later life will be either discontented or grasping, according to the degree of their power. The right moment to begin the requisite moral training is the moment of birth, because then it can be begun without disappointing expectations. At any later time, it will have to fight against contrary habits, and will consequently be met by resentful indignation.
In dealing with the infant, therefore, there is need of a delicate balance between neglect and indulgence. Everything necessary for health must be done. The child must be picked up when it suffers from wind, it must be kept dry and warm. But if it cries when there is no adequate physical cause, it must be left to cry; if not, it will quickly develop into a tyrant. When it is attended to, there should not be too much fuss: what is necessary must be done, but without excessive expressions of sympathy. At no period of its life must it be regarded as an agreeable pet, somewhat more interesting than a lap-dog. It must from the very first be viewed seriously, as a potential adult. Habits which would be intolerable in an adult may be quite pleasant in a child. Of course the child cannot actually have the habits of an adult, but we should avoid everything that places an obstacle in the way of the acquisition of these habits. Above all, we. should not give the child a sense of self-importance which later experience will mortify, and which in any case is not in accordance with the facts.

(掲載日:2008.06.09/更新日: )