(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan



『ラッセル教育論』(Bertrand Russell On Education/松下彰良・訳)

次ページ(Forward) 前ページ(Back) Chap. 3(第3章) Index Contents(目次)

第ニ部 性格の教育
 第3章 生後第一年(OE03-020)


 新生児には,反射作用と本能はあるが,習慣はない。赤ん坊が胎内でいかなる習慣を身につけていたとしても,生まれた後の新しい状況ではそれは役に立たない。ときには'呼吸法'さえ教えなければならないことがあり,呼吸法を早く学習しないために死ぬ子供もいる。十分に発達した本能が一つある。乳を吸う本能である。赤ん坊は,乳を吸っているときは,自分の新しい環境においても,くつろいだ気持ちとなる。しかし,お乳を飲んでいる以外の目覚めている時間帯においては,赤ん坊は,漠然とした困惑の中,時を過すが,赤ん坊は24時間の大部分を眠ることによって,その困惑から救われる。生後2週間経過すると,状況は一変する。赤ん坊は,規則的にくりかえされる経験から,いろんな期待を抱くようになっている。赤ん坊は,すでに一人前の保守主義者であり,多分,後のどの時期以上により完全な保守主義者である。新しいことには何でも腹を立てる。もし赤ん坊がしゃべれたら,きっと次のように言うだろう。「この上なく楽しい時に,私の生涯のいろいろな習慣を私は変えようとしていると,あなたは思うのですか。」 幼児が種々の習慣を身につける迅速さは,驚くべきものである。身につけた悪い習慣は全て,後によりよい習慣を身につける妨げになる。幼年期初期における最初の習慣形成が非常に重要なのは,このためである。最初の習慣形成がよいものであれば,後になって無数の困難が省かれる。さらに,ごく早くから身につけた習慣は,後年,まるで本能のように感じられる。(良い習慣も悪い習慣も)いずれの習慣も深く体に刻み込まれる。その後に新しく,前のとは反対の習慣を身につけたとしても,同じような力を持つことはできない。この理由からも,生後最初の習慣(形成)は重大な関心事でなければならない。

(Pt.2 Education of Character)
Chap. 3: The first year (OE03-020)

The new-born infant has reflexes and instincts, but no habits. Whatever habits it may have acquired in the womb are useless in its new situation: even breathing sometimes has to be taught, and some children die because they do not learn the lesson quickly enough. There is one well-developed instinct, the instinct of sucking; when the child is engaged in this occupation, it feels at home with its new environment. But the rest of its waking life is passed in a vague bewilderment, from which relief is found by sleeping most of the twenty-four hours. At the end of a fortnight, all this is changed. The child has acquired expectations from regularly recurring experiences. It is already a conservative - probably a more complete conservative than at any later time. Any novelty is met with resentment. If it could speak, it would say: 'Do you suppose I am going to change the habits of a lifetime at my time of life?' The rapidity with which infants acquire habits is amazing. Every bad habit acquired is a barrier to better habits later; that is why the first formation of habits in early infancy is so important. If the first habits are good, endless trouble is saved later. Moreover, habits acquired very early feel, in later life, just like instincts; they have the same profound grip. New contrary habits acquired afterwards cannot have the same force; for this reason, also, the first habits should be a matter of grave concern.

(掲載日:2008.091.07 更新日:)