(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル教育論』(Bertrand Russell On Education/松下彰良・訳)

次ページ(Forward)> 前ページ(Back) Chap. 3(第3章) Index

Contents(目次)
第二部 性格の教育
 第3章 生後第一年(OE03-040)


 幼児教育において,困難な点は,主として,親の側に微妙なバランス(感覚)が必要だということである。子供の健康を損なわないためには,子供に常に注意を払うとともに,多くの苦労が必要である。これらのことは,親としての強い愛情がないかぎり,まず存在しない。だが,親としての強い愛情があっても,賢明さに欠けることがよくある。子供を熱愛する親にとって子供はこの上なく大切である。注意をしないと,子供はこのことに気づいて,親が感じているとおりに自分は重要な人間だと判断してしまう。後の人生においては,彼をとりまく社会環境は,彼をそれほど好意的に見てくれない。そこで,自分は他の人たちの世界の中心だと思う習慣は,やがて失望へと導くだろう。それゆえ,生後第一年だけではなく,それ以後も,子供がもし軽い病気にかかったような場合は,両親は,快活で,明るく,むしろ平凡な問題として(淡々と)ふるまう必要がある。昔は,赤ん坊はいろんな制約を受けるとともに,ひどく大事にされた。手足の自由を奪われ,暖かすぎるほど着せられ,自発的な活動は妨げられたが,また,ペットのように愛撫され,歌を歌ってもらい,揺すられ,抱いてあやされた。これは,理想から言えば,まちがっていた。なぜなら,子供を無力で,わがままなパラサイト(寄生的な人間)にしてしまったからである。正しい規則はこうである。自発的な活動は奨励するが,他の人に対するいろいろな要求は差し控えさせる。子供のためにどれだけ多くのことをしてあげているか,どれほど骨を折っているかということを,子供に気づかせてはならない。可能な場合はいつでも,おとなたちに暴威を振るって手に入れたのではなく,自らの努力によって獲得した成功の喜びを子供に味あわてあげよう。現代教育においては,私たちの目標は,外からの躾(規律や統制)を最小限に少なくすることである。しかし,これには内からの自律が必要であり,これは,他のどの時期よりも,生後一年間に身につけるほうが、はるかに容易である。たとえば,子供を寝かせつけたいと思うときは,乳母車に乗せて行きつ戻りつしたり,抱きあげたりしてはいけない。いや,親の顔が見えるところにいるのもよくない。一度こういうことをすれば,子供は,その次の時もそうすることを要求するだろう。(そうして)信じがたいほど短期間に,子供を寝かしつけることが大変な仕事になってしまう。赤ん坊を暖かく,乾いて,気持ちよくしてやり,しっかりとベッドに寝かせ,静かに少し言葉をかけてやったあとは,独りにしておくのが良い。しばらくの間泣くかもしれないが,病気でないかぎり,すぐに泣きやむであろう。しばらくたって見に行くと,赤ん坊はぐっすり寝入っているだろう。しかも,こうした扱いをすれば,ちやほやしたり,甘やかしたりするよりも,はるかによく眠るだろう。
(Pt.2 Education of Character)
Chap. 3: The first year (OE03-040)

The difficulty in the education of young infants is largely the delicate balance required in the parent. Constant watchfulness and much labour are needed to avoid injury to health ; these qualities will hardly exist in the necessary degree except where there is strong parental affection. But where this exists, it is very likely not to be wise. To the devoted parent, the child is immensely important. Unless care is taken, the child feels this, and judges himself as important as his parents feel him. In later life, his social environment will not regard him so fondly, and habits which assume that he is the centre of other people's universe will lead to disappointment. It is therefore necessary, not only in the first year, but afterwards also, that the parents should be breezy, and cheerful and rather matter-of-fact where the child's possible ailments are concerned. In old days infants were at once restricted and coddled ; their limbs were not free, they were too warmly dressed, they were hampered in their spontaneous activities, but they were petted, sung to, rocked, and dandled. This was ideally wrong, since it turned them into helpless pampered parasites. The right rule is : encourage spontaneous activities, but discourage demands upon others. Do not let the child see how much you do for it, or how much trouble you take. Let it, wherever possible, taste the joy of a success achieved by its own efforts, not extracted by tyrannizing over the grown-ups. Our aim, in modern education, is to reduce external discipline to a minimum ', but this requires an internal self-discipline which is much more easily acquired in the first year of life than at any other time. For example : when you want a child to sleep, do not wheel it up and down, or take it in your arms, or even stay where it can see you. If you do this once, the child will demand that you should do it next time; in an incredibly short space of time, it becomes a terrific business to get the child to sleep. Make it warm and dry and comfortable, put it down firmly, and after a few quiet remarks leave it to itself. It may cry for a few minutes, but unless it is ill it will soon stop. If you then go to look, you will find that it is fast asleep. And it will sleep far more with this treatment than with petting and indulgence.

(掲載日:2015.02.21/更新日: )