(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル教育論』(Bertrand Russell On Education/松下彰良・訳)

次ページ(Forward) 前ページ(Back) Chap. 3(第3章) Index  Contents(目次)

第二部 性格の教育
 第3章 生後第一年(OE03-010)


 生後一年(間)は,教育の領域の外にあると,以前は,見なされていた。少なくとも,幼児がしゃべられるようになるまでは,まったくチェックされないまま,母親や乳母の世話にまかされており,(また)母親や乳母は,子供にとって何がよいかを本能的に知っていると考えられていた。実際は,彼女たちは(子どもにとって何がよいか,本能的に)知ってはいなかった。生後一年以内に非常に多くの子ども(赤ん坊)が死亡し,生き残った子どもたちについても,多くは健康を損ねていた。まずい扱い方のために,'破滅的な心の習慣の下地'ができてしまっていた。こういうことはすべて,ほんの最近になって理解されるようになってきた。科学が'育児室'に侵入してくると,母と子の感傷的な光景のじゃまをするとして,よく嫌がられる。しかし,'感傷'と'愛情'は両立できない。(即ち)子供を愛する親は,子どもが生きていくためには知性を働かせる必要があるとしても,(感傷にひたるよりも)まず子供が生きていくことを願う。従って,このような感傷は,子供のない人びとや,ルソーのように,わが子を進んで孤児院に預けようとする人びとの中に,最も強い形で見いだされる。大抵の教育のある親たちは科学の教えるところを熱心に知りたがるし,教育のない親たちも妊婦相談所の教えを受けている。その結果は,幼児死亡率の著しい低下となって表れている。十分な注意と熟練技術があれば,幼児期に死ぬ子供はほとんどいなくなると考えてよい理由がある。死亡する幼児がほとんどいなくなるだけではなく,生き残った幼児も心身ともに一段と健康になるだろう。
 肉体の健康の問題は,厳密に言えば,本書の取り扱う範囲外にあり,開業医にまかさなければならない。(そこで)この問題については,心理学的に見て重要な場合に限ってのみ触れることにしよう。しかし,生後一年間は,身体的な問題かあるいは精神的な問題かの区別はほとんどつかない。さらに,教育者はのちになって,幼児を扱う際にまったく生理学的な誤りを犯していたために不利な立場に置かれることがあるかもしれない。だから,私たちは,本来は私たちに属していない分野に踏みこむのをまったく避けるというわけにいかないのである。
(Pt.2 Education of Character)
Chap. 3 The first year (OE32-010)

The first year of life was formerly regarded as lying outside the sphere of education. At least until the infant could speak, if not longer, it was left to the entirely unchecked care of mothers and nurses, who were supposed to know by instinct what was good for the child. As a matter of fact, they did not know. An enormous proportion of children died during the first year, and of the remainder many were ruined in health. By bad handling, the foundations had been laid for disastrous habits of mind. All this has only recently been realised. The invasion of the nursery by science is often resented, because it disturbs the sentimental picture of mother and child. But sentimentality and love cannot coexist; the parent who loves his or her child will wish it to live, even if it should be necessary to employ intelligence for the purpose. Accordingly we find this sentimentality strongest in childless people and in people who, like Rousseau, are willing to leave their children to the Foundling Hospital. Most educated parents are eager to know what science has to say, and uneducated parents, also, learn from maternity centres. The result is shown in the remarkable diminution of infant mortality. There is reason to think that, with adequate care and skill, very few children would die in infancy. Not only would very few die, but the survivors would be healthier in mind and body.
Questions of physical health, strictly speaking, lie outside the scope of this book, and must be left to medical practitioners. I shall touch on them only where they have psychological importance. But physical and mental are scarcely distinguishable in the first year of life. Moreover, the educator in later years may find himself handicapped by purely physiological mistakes in handling the infant. We cannot therefore altogether avoid trespassing upon ground which does not of right belong to us.

(掲載日:2008.091.07 更新日:)