(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル教育論』(B. Russell On Education/松下彰良・訳)

次ページ(Forward) 前ページ(Back) Chap. 2(第2章) Index  Contents(目次)

第一部 教育の理想
 第2章 教育の目的(承前:OE02-230)


 活力(生命力)、勇気、感受性、知性を、教育によって生み出せる最高限度に身に着けている男女から構成される社会(共同社会)は、これまで存在したいかなる社会とも非常に異なることだろう。不幸な人は、ごく小数になるだろう。現代における不幸の主な原因は、不健康、貧困、不満足な性生活である。これらはすべて、ごくまれなものになるだろう。健康はほとんど一般的になりうるだろうし、'老年期'さえも先へ延ばすことができるだろう。貧困は、産業革命以来、ただ単に'集団的な愚かさ'のせいである。'感受性'は貧困を根絶したいと人々に思わせるだろうし、'知性'はその方法を人々に示すだろうし、勇気はそれを採用するように人々を導くだろう。(臆病な人間は、何か変わったことをするよりも、不幸なままでいたがるだろう。)大部分の人々の性生活は、今日、多少不満足なものである。これは、一部は'悪い教育'によるものであり、一部は当局やグランディ夫人(松下注:'お上品で因習的な世間のこと')の迫害によるものである。性に対する不合理な恐怖を持たずに育った女性たちの世代は、やがて、この満たされない性に終止符を打つだろう。女性を「貞淑」にさせるにはおびえさせるに限ると考えられてきたし、女性は肉体的にも精神的にも臆病であるように慎重に教えこまれてきた。愛を束縛されている女性は、夫の残忍さと偽善を助長し、我が子の本能をゆがめる。恐れを知らない女性たちの一世代は、恐れを知らない子供たちの一世代を世の中に送りこむことによって、世の中を一変させることができるだろう。それら恐れを知らない子供たちは、不自然な形にゆがめられることなく、まっすぐで遠慮がなく、おおらかで、愛情深く、自由である。彼女たちの熱情は、私たちが怠惰で、臆病で、冷酷で、愚かなために現在耐えている残酷さと苦痛を一掃してしまうだろう。こういう悪い性質を与えるのも教育なら、その正反対の美徳を与えなければならないのも教育である。教育は、新しい世界を開く鍵である。しかし、もう一般論はやめにして、私たちの理想を実現するための具体的な細かな問題に取り組むべき時である。  

Chap. 2 The Aims of Education (OE02-230)

A community of men and women possessing vitality, courage, sensitiveness and intelligence, in the highest degree that education can produce, would be very different from anything that has hitherto existed. Very few people would be unhappy. The main causes of unhappiness at present are: ill-health, poverty and an unsatisfactory sex life. All of these would become very rare. Good health could be almost universal, and even old age could be postponed. Poverty, since the industrial revolution, is only due to collective stupidity. Sensitiveness would make people wish to abolish it, intelligence would show them the way, and courage would lead them to adopt it. (A timid person would rather remain miserable than do anything unusual.) Most people's sex life, at present, is more or less unsatisfactory. This is partly due to bad education, partly to persecution by the authorities and Mrs Grundy. A generation of women brought up without irrational sex fears would soon make an end of this. Fear has been thought the only way to make women 'virtuous', and they have been deliberately taught to be cowards, both physically and mentally. Women in whom love is cramped encourage brutality and hypocrisy in their husbands, and distort the instincts of their children. One generation of fearless women could transform the world, by bringing into it a generation of fearless children, not contorted into unnatural shapes, but straight and candid, generous, affectionate and free. Their ardour would sweep away the cruelty and pain which we endure because we are lazy, cowardly, hard-hearted and stupid. It is education that gives us these bad qualities, and education that must give us the opposite virtues. Education is the key to the new world. But it is time to have done with generalities and come to the concrete detail in which our ideals are to be embodied.

(掲載日:2007.09.09 更新日:)