(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル教育論』(B. Russell On Education/松下彰良・訳)

次ページ(Forward) 前ページ(Back) Chap. 2(第2章) Index  Contents(目次)
* 右上挿絵:第20回「ラッセルを読む会」案内状挿絵


第一部 教育の理想
 第2章 教育の目的(承前:OE02-120)


 勇気--(私たちがあげた)リストの2番目の性質--には,数種類の形態があり,しかも,それらすべてが'複合的'である。恐怖(心)がないことと,恐怖(心)を抑える力があることとは,別ものである(←恐怖がないことが1つ,恐怖をコントロールする力がもう1つ)。さらに(次に),恐れることが合理的(当然)なときに恐れないことと,恐れることが非合理的なとき(=恐れる理由がないとき)に恐れることとは,別ものである。不合理な恐怖を持たないことは,明らかに良いことである。恐怖をコントロールする力を持つことも,同様である。けれども,この問題は,勇気の他の形について述べるまで先延ばしにしよう。

 不合理な恐怖は,大部分の人びとの本能的な感情生活において驚くほど大きな役割を果たしている。その病理学的な形態,たとえば被害妄想,不安症(?)などは,精神科医が治療する。しかし,それ(不合理な恐怖)は,もっと軽い形態では,'正気'と考えられている人びとの間にも普通に見受けられる。それは,身近に危険が潜んでいるという漠然とした感清--より正確には「不安」と呼ばれる感情--かもしれないし,ネズミとかクモなどのような,危険でないものに対する特定の恐怖かもしれない(原注:幼年期における恐怖と不安については,たとえば,William Stern の Psychology of Early Childhood, chap. xxxv 参照)。従来,恐怖の多くは本能的なものであると考えられていたが,これは,現在では大半の研究者によって疑問視されている。明らかに,本能的な恐怖は--たとえば,大きな音を怖がることなど--2,3ある。しかし,大多数の恐怖は,経験または暗示から生じる。たとえば,暗闇(暗がり)を怖がるのは,まったく暗示によるものだと思われる。脊椎動物天敵に対して本能的な恐怖を感じないが,年長者からこの感情をもらう(転移されられる),と考えてよい理由がある。人間の手で育てられた場合は,この種の動物(脊椎動物)に通常見られる多くの恐怖が存在しないことがわかっている。しかし,恐怖は,非常に伝染しやすい。年長者が恐怖を示したことを自覚していない時でも,恐怖は年長者から子供に伝染する。母親や乳母の臆病さは,子供たちによって,暗示によって即座に模倣される(→子供がまねをして身につける)これまで,合理的な理由のない恐怖をいっぱい持っていることは女性の魅力だと,男たちは考えてきた。なぜなら,そのことによって,実際にはなんの危険を招くこともなく,男性に,女性の保護者となる機会を与えたからである。 しかし,こういう男性(注:臆病な女性を好む男性)の息子たちは,母親から恐怖心 を受け継ぎ, --もしも,父親が母親を(臆病なものと)見くびりたいと望まなければ,決して失う必要がなかった-- 勇気を取り戻すために,あとから訓練を受けなければならなくなってしまった。女性を従属的な地位に置くことでなされた害悪は,はかり知れない。こうした恐怖の問題は,その害悪のありがちな一例を提供しているにすぎない。

Chap. 2 The Aims of Education (OE02-120)

Courage - the second quality on our list - has several forms, and all of them are complex. Absence of fear is one thing, and the power of controlling fear is another. And absence of fear, in turn, is one thing when the fear is rational, another when it is irrational. Absence of irrational fear is clearly good; so is the power of controlling fear. But absence of rational fear is a matter as to which debate is possible. However, I shall postpone this question until I have said something about the other forms of courage.
の画像
enlarge(拡大する!)
Irrational fear plays an extraordinarily large part in the instinctive emotional life of most people. In its pathological forms, as persecution mania, anxiety complex, or what not, it is treated by alienists. But in milder forms it is common among those who are considered sane. It may be a general feeling that there are dangers about, more correctly termed 'anxiety', or a specific dread of things that are not dangerous, such as mice or spiders*.(* On fear and anxiety in childhood, see e.g. William Stern, Psychology of Early Childhood, chap. xxxv, George Allen and Unwin, Ltd., 1924) It used to be supposed that many fears were instinctive, but this is now questioned by most investigators. There are apparently a few instinctive fears - for instance, of loud noises - but the great majority arise either from experience or suggestion. Fear of the dark, for example, seems to be entirely due to suggestion. Vertebrates, there is reason to think, do not usually feel instinctive fear of their natural enemies, but catch this emotion from their elders. When human beings bring them up by hand, many fears usual among the species are found to be absent. But fear is exceedingly infectious: children catch it from their elders even when their elders are not aware of having shown it. Timidity in mothers or nurses is very quickly imitated by children through suggestion. Hitherto, men have thought it attractive in women to be full of irrational terrors, because it gave men a chance to seem protective without incurring any real danger. But the sons of these men have acquired the terrors from their mothers, and have had to be afterwards trained to regain a courage which they need never have lost if their fathers had not desired to despise their mothers. The harm that has been done by the subjection of women is incalculable; this matter of fear affords only one incidental illustration.

(掲載日:2006.12.25 更新日:)