(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル教育論』(B. Russell On Education/松下彰良・訳)

次ページ(Forward) 前ページ(Back) Chap. 2(第2章) Index  Contents(目次)

* ラッセルの『懐疑論集』
* 東宮隆「ラッセルの『懐疑論』へのあとがき」
* 右下イラスト出典:B. Russell's The Good Citizen's Alphabet, 1953.

第一部 教育の理想
 第2章 教育の目的(承前:OE02-040)


 このように,近代日本は,古代中国と'正反対の欠点'がある。中国の知識階級(文人)があまりにも'懐疑主義的'で怠惰であったのに対し,日本の教育の成果は,過度に独断的かつ精力的になる可能性がある。懐疑に'黙従'することも,独断に'黙従'することも,教育の生み出すべきものではない。教育が生み出すべきものは,①知識は,困難ではあるが,ある程度獲得できるものであり,②いかなる時代においても,知識として通用しているものは多かれ少なかれ誤っている可能性があるが,③しかしその誤りは'注意'と'勤勉'によって正すことができる,という'信念'である。'信念'に基づいて行動するにあたっては,小さな誤りが'災難'を招く可能性がある場合には,非常に注意しなければならない。しかしそれにもかかわらず,私たちは,'信念'に基づいて行動しなければならない。こういう'精神状態'は,かなり難しい。(なぜなら,この精神状態をうまくコントロールするには)感情を萎縮させずに,高度の'知的教養'を必要とするからである。しかし,難しいが,不可能ではない。それは,実は,'科学的な気質'(そのもの)である。知識は,他の良いものと同じく,困難ではあっても,獲得不可能なものではない。独断論者は知識獲得の難しさを忘れ,懐疑論者は知識獲得の可能性を否定する。両者は,ともに誤っている。そして,その誤りが世のなかに蔓延すれば,社会的な災難が引き起こされる。

 

 

 

Chap. 2 The Aims of Education (OE02-040)

We have thus in modern Japan a defect opposite to that of ancient China. Whereas the Chinese literati were too sceptical and lazy, the products of Japanese education are likely to be too dogmatic and energetic. Neither acquiescence in scepticism nor acquiescence in dogma is what education should produce. What it should produce is a belief that knowledge is attainable in a measure, though with difficulty; that much of what passes for knowledge at any given time is likely to be more or less mistaken, but that the mistakes can be rectified by care and industry. In acting upon our beliefs, we should be very cautious where a small error would mean disaster; nevertheless it is upon our beliefs that we must act. This state of mind is rather difficult: it requires a high degree of intellectual culture without emotional atrophy. But though difficult, it is not impossible; it is in fact the scientific temper. Knowledge, like other good things, is difficult, but not impossible; the dogmatist forgets the difficulty, the sceptic denies the possibility. Both are mistaken, and their errors, when widespread, produce social disaster.

(掲載日:2006.11.13 更新日:)