(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル教育論』(B. Russell On Education/松下彰良・訳)

次ページ(Forward) 前ページ(Back) Chap. 1(第1章) Index  Contents(目次)

* 英国パブリック・スクールに対するラッセルの見解

第一部 教育の理想
 第1章 近代教育理論の前提条件
(承前:OE01-050)

 実用主義(実利主義)的な教育の擁護者とその反対論者との論争には,異なった重要な争点が3つ含まれている(包み隠されている)ように思われる。第一に,貴族主義者と民主主義者との論争(の一形態)があり,前者(貴族主義者)の考えは,'特権階級'は自分たちの意に適う(かなう)仕方で'余暇'を利用することを教えられるべきであり,一方,'下層階級'(従属階級)は他の人に役立つような仕方で労力を使うことを教えられるべきだという考えを持っている(注:現代日本のような民主主義国家においては,社会的に'公認'されている「(世襲的)特権階級」は,「日本の象徴としての」'天皇一家'しかいないが,政治的・経済的・宗教的及びその他社会的エリートやリーダの'特権階層'は,実際上存在している。それらのエリートの一部--特に国家や国益を重視する人々--には,「貴族主義的な」考え方を持っている人が少なくない。ただし,公人の場合は,民主主義者をよそおっている場合が多いが。)。このような見方に対する民主主義者の反論は,いささか混乱しがちである。(即ち)貴族主義者に対し'無用の知識'を教えることを嫌う一方,賃金労働者の教育は'役に立つ知識'だけに限るべきではない,と論ずる(主張する)。こうして,我々は,(英国の)パブリック・スクールの古風な古典教育に対する民主主義者の反対は,労働者にもラテン語やギリシア語を学ぶ機会を持つべきだという民主主義者の要求と結びついていることを知る(発見する)。こういう態度は,たとえ理論的にはいくらか明晰さに欠けるところがあるとしても,実際上はほぼ正しい。民主主義者は,社会を'実用的なもの'と'装飾的なもの'という二つの部分に分けることを望まない。そこで,民主主義者は,これまで,まったく'装飾的'であった階級には単に実用的な知識をより多く与え,これまでまったく実用的であった階級には単に装飾的な知識をより多く与えようとする。しかし,民主主義は,それ自体では,この二つの要素をどのような割合で混ぜればよいか,決定しない(決めてはくれない)

Chap. 1 Postulates of Modern Educational Theory (OE01-050)

There appear to be three different substantial issues wrapped up in the debate between advocates of a utilitarian education and their opponents. There is first a form of the debate between aristocrats and democrats, the former holding that the privileged class should be taught to employ its leisure in ways that are agreeable to itself, while the subordinate class should be taught to employ its labour in ways that are useful to others. The opposition of the democrats to this view tends to be somewhat confused: they dislike the teaching of what is useless to the aristocrat, and at the same time argue that the wage-earner's education should not be confined to what is useful. Thus we find a democratic opposition to the old-fashioned classical education in the public schools, combined with a democratic demand that working men should have opportunities for learning Latin and Greek. This attitude, even though it may imply some lack of theoretical clarity, is on the whole right in practice. The democrat does not wish to divide the community into two sections, one useful and one ornamental; he will therefore give more merely useful knowledge to the hitherto merely ornamental classes, and more merely delightful knowledge to the hitherto merely useful classes. But democracy, per se, does not decide the proportions in which these ingredients should be mixed.

(掲載日:2006.09.03 更新日:)