(本館) (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


Marriage and Morals, 1929

ラッセル『結婚論(結婚と性道徳)』(松下彰良・訳)

第二十章 人間の価値の中の性の位置 n.1

Back(前ページ)  Forward (次ページ) 第二十章 イントロ累積索引 Contents(総目次)

第二十章 人間の価値の中の性の位置 n.2

 それゆえ,清教徒は,人間性の純粋に肉体的な部分を抑制することに成功しなかった(うまく抑制できなかった)ように思われる。性から取り去ったものを,貪食(gluttony 大食/暴食)に付け加えたからである。貪食は,カトリック教会から,七つの大罪(seven deadly sins 7つの致命的な罪。即ち,「暴食」,「色欲」,「強欲」,「憂鬱」,「憤怒」,「怠惰」,「虚飾」,「傲慢」。暴飲は暴食のなかに含まれていると思われる。)の一つとみなされており,また,貪食(暴飲暴食)をする人びとは,ダンテによって地獄の深いほうのサークル(界)の一つに入れられている。しかし,貪食は,いくらか漠然とした罪である。なぜなら,食べ物に対する正当な興味がどこで終わり,どこから罪をまねきはじめるかは決めがたいからである。栄養のないものを食べることは悪いことであるのだろうか? もし悪いことだとしたら,塩味のアーモンドを食べるたびに,我々は地獄に堕ちるリスクを冒していることになる。(注:当時の英国ではアーモンドには栄養がないということが定説だったようである。しかし、現在では、アーモンドは体によいとされている。http://calorie.slism.jp/105001/
 けれども,そういう見方は,時代遅れである。大食漢(貪食者)を見れば,誰でもそれとわかるし,(現在では)大食漢(貪食者)はいくらか軽蔑されるかもしれないが,厳しく非難されることはない。この事実にもかかわらず,不当に食べ物にとりつかれることは,食料不足に苦しんだことのない人びとの間では,まれである。大部分の人は,食事後は,次の食事まで食事以外のことを考えている。これに対して,禁欲主養の哲学を奉じて,最小限の食物のほかはすべて断った人びとは,宴会の幻影や,熟した(luscious 甘い)果物を持った悪魔の夢にとりつかれるようになる。また,孤立状態になって(marooned)クジラの脂肪(blubber)を常食とすることを余儀なくされた南極探検家たちは,帰国したときカールトン・クラブ(注:高級ホテルのリッツ・カールトンのクラブ)でとるディナーの計画を立てながら日々を送るのである。

Chapter XX: The Place of Sex among Human Values, n.2

It would seem, therefore, that the Puritans did not succeed in subduing the purely corporeal part of our human nature, since what they took away from sex they added to gluttony. Gluttony is regarded by the Catholic Church as one of the seven deadly sins, and those who practise it are placed by Dante in one of the deeper circles of hell ; but it is a somewhat vague sin, since it is hard to say where a legitimate interest in food ceases and guilt begins to be incurred. Is it wicked to eat anything that is not nourishing? If so, with every salted almond we risk damnation. Such views, however, are out of date. We all know a glutton when we see one, and although he may be somewhat despised, he is not severely reprobated. In spite of this fact, undue obsession with food is rare among those who have never suffered want. Most people eat their meals and then think about other things until the next meal. Those, on the other hand, who, having adopted an ascetic philosophy, have deprived themselves of all but the minimum of food, become obsessed by visions of banquets and dreams of demons bearing luscious fruits. And marooned Antarctic explorers, reduced to a diet of whale's blubber, spend their days planning the dinner they will have at the Carlton when they get home.
(掲載日:2017.01.27 /更新日: )