(本館) (トップ) (分館)

Portal Site for Russellian in Japan

ラッセル『結婚論』(松下彰良・訳)

Marriage and Morals, 1929, by Bertrand Russell

Back(前ページ)  Forward (次ページ) 第十六章 イントロ累積索引 Contents(総目次)

 第十六章 離婚 n.14


 結婚子供と関係づけて考えるとき,まったく異なった倫理が(関係するものとして)参加してくる(働きはじめる)。そうして,夫婦は,我が子を少しでも愛しているなら,幸福で健康に発育する最上の機会を子供(たち)に与えるように,自分たちの行動を律するだろう。これには,時には,非常に大きな自我の抑制を伴うかもしれない。また,それは,夫婦は自分自身のロマンチックな感情の要求よりも,子供の要求が優先することを認識することを確実に要求する(命令する)。しかし,こういったことは全て,両親の愛情が本物であり,誤った倫理が嫉妬に火をつけない場合には,自ずと,そしてごく自然に,生じてくるものである。
 世の中には,もしも,夫婦がもはや情熱的に愛しあわなくなり,お互いが婚外の性体験をするのをさまたげないようになれば,夫婦が十分に協力して子供の教育にあたることはできない,と言う人もいる。たとえば,ウォルター・リップマン氏(Walter Lippmann, 1889-1974)は言う。「恋人同士でない夫婦は,バートランド・ラッセル氏がそうするべきだと考えているようには(考えているのとは異なり),心から協力して子供を作るようなことはしないだろう。彼らは,とりみだし,無能になり(insufficient 能力なしに),特に最悪の場合には,ただ義務を果たすだけになってしまうだろう。」(W. リップマン『道徳序説』(1929年刊),p.308)
 ここには,まず第一に,おそらく意図したものではないであろうが、ちょっとした言い間違い(誤った物言い)がある。もちろん,もう恋人同士ではない夫婦は,子供を(新たに)作ることに協力はしないだろう。しかし,リップマン氏もほのめかしているように(seems to imply),子供は,生まれた時になかったことにできるものではない(do with なしですます)。また,情熱的な愛があせた後でさえ,子供の養育に協力することは,自然な愛情を持つことのできる分別ある人たちにとっては,決して超人的な仕事ではない。このことについては,私が個人的に知っている数多くの事例から証言できる(証拠をあげることができる)。そのようなふた親が「ただ義務を果たすだけ」だろうと(リップマン氏が)言うのは,(子供に対する)親としての愛情という情緒を無視すること(そういう情緒はないと言うこと)になる。この情緒は,本物で強い場合には,(配偶者に対する)肉体的な情熱が冷めてしまったずっと後まで,夫婦間の断ち切れない絆を維持するのである。
 リップマン氏は,フランスのこと(実情)を耳にしたことがないと考えざるをえない。フランスでは,姦通に関してはきわめて自由であるにもかかわらず,家族は強く,また,両親は非常に義務感にあふれている。家族感情は,アメリカでは極端に弱い。離婚が頻発するのは,この事実の結果である。家族感情が強いところでは,離婚は,たとえ法律的に容易であったとしても,比較的少ないだろう。
 アメリカにあるような容易な離婚は,両親が揃った家族から純粋な母系的家族に移行する過渡的段階であるとみなさなければならない。けれども,それは,子供にとってかなりの苦しみ(hardship 苦難)を伴った段階である。なぜなら,現在あるような世界においては,子供ふた親がいることを期待しているので,離婚が起こる前に,父親に愛着を持つようになるかもしれないからである(可能性があるからである。両親の揃った家族が,引き続き基準(世間の標準)として認められていくかぎり,重大な原因がある場合(注:親が酒乱や精神病など)は別として,離婚する両親は,親の義務を果たしていないように,私には思われる。結婚生活を続けるように法律で強制したところで,事態がよくなるとは思えない。私にとって必要だと思われることは,一に,結婚をもっと辛抱しやすいものにする程度に相互に自由であること(いろいろな意味でお互いに縛らないこと),第二に,聖パウロとロマン主義運動に由来する性の強調によって覆われてしまった,子供の重要さをはっきり理解することである。

Chapter XVI: Divorce, n.14

When marriage is conceived in relation to children, a quite different ethic comes into play. Thus husband and wife, if they have any love for their children, will so regulate their conduct as to give their children the best chance of a happy and healthy development. This may involve, at times, very considerable self-repression. And it certainly requires that both should realize the superiority of the claims of children to the claims of their own romantic emotions. But all this will happen of itself, and quite naturally, where parental affection is genuine and a false ethic does not inflame jealousy. There are some who say that if a husband and wife no longer love each other passionately, and do not prevent each other from sexual experiences outside marriage, it is impossible for them to co-operate adequately in the education of their children. Thus Mr. Walter Lippmann says : "Mates who are not lovers will not really co-operate, as Mr. Bertrand Russell thinks they should, in bearing children ; they will be distracted, insufficient, and worst of all, they will be merely dutiful."(note: Preface to Morals, 1929, p. 308.) There is here, first of all, a minor, possibly unintentional, misstatement. Of course mates who are not lovers will not co-operate in bearing children ; but children are not done with when they are born, as Mr. Waiter Lippmann seems to imply. And to co-operate in rearing children, even after passionate love has decayed, is by no means a superhuman task for sensible people who are capable of the natural affections. To this I can testify from a large number of cases personally known to me. To say that such parents will be "merely dutiful" is to ignore the emotion of parental affection -- an emotion which, where it is genuine and strong, preserves an unbreakable tie between husband and wife long after physical passion has decayed. One must suppose that Mr. Lippmann has never heard of France, where the family is strong, and parents very dutiful, in spite of an exceptional freedom in the matter of adultery. Family feeling is extremely weak in America, and the frequency of divorce is a consequence of this fact. Where family feeling is strong, divorce will be comparatively rare, even if it is legally easy. Easy divorce, as it exists in America, must be regarded as a transitional stage on the way from the bi-parental to the purely maternal family. It is, however, a stage involving considerable hardship for children, since in the world as it is, children expect to have two parents, and may become attached to their father before divorce takes place. So long as the bi-parental family continues to be the recognized rule, parents who divorce each other, except for grave cause, appear to me to be failing in their parental duty. I do not think that a legal compulsion to go on being married is likely to mend matters. What seems to me to be wanted is first, a degree of mutual liberty which will make marriage more endurable, and secondly, a realization of the importance of children, which has been overlaid by the emphasis on sex which we owe to St. Paul and the Romantic Movement.
(掲載日:2016.12.08/更新日: )