(本館) (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


Marriage and Morals, 1929

ラッセル『結婚論(結婚と性道徳)』(松下彰良・訳)

第十六章 離婚 n.15

Back(前ページ)  Forward (次ページ) 第十六章 イントロ累積索引 Contents(総目次)

 第十六章 離婚 n.15


 (本章の)結論は,次のようになると思われる。離婚は多くの国で必要以上に困難である一方 -イギリスも困難な国の一つであるが- 容易な離婚結婚に関する問題について解決をもたらさない。結婚を続けようよ思うのであれば,結婚(生活)の安定子供のために重要である。しかし,この(結婚生活の)安定は,結婚と単なる性関係とを区別することによって,また,結婚愛(結婚生活における愛情)ロマンチックな側面と対立するものとしての生物学的な側面を強調することによって,最も求める(手に入れる)ことができるだろう。
 私は,結婚から(いろいろな)わずらわしい義務を取り除くことができる,などと偽って主張する(pretend ふりをする)つもりはない。私が推奨する制度においては,夫婦は確かに,性的貞節の義務は免除されるが,しかし,そのかわりに,嫉妬(心)を抑える義務がある。自己抑制なしに良い生活を営むことはできないが,抑制するのは,愛(情)のような寛大で包容力のある情緒ではなく,嫉妬のような制限的で敵意のある情緒であるほうがよい。因習的な道徳が誤っていたのは,自己抑制を求めた点ではなく,間違ったところに求めた点であった(のである)。

Chapter XVI: Divorce, n.16

The conclusion seems to be that, while divorce is too difficult in many countries, of which England is one, easy divorce does not afford a genuine solution of the marriage problem. If marriage is to continue, stability in marriage is important in the interests of the children, but this stability will be best sought by distinguishing between marriage and merely sexual relations, and by emphasizing the biological as opposed to the romantic aspect of married love. I do not pretend that marriage can be freed from onerous duties. In the system which I commend, men are freed, it is true, from the duty of sexual conjugal fidelity, but they have in exchange the duty of controlling jealousy. The good life cannot be lived without self-control, but it is better to control a restrictive and hostile emotion such as jealousy, rather than a generous and expansive emotion such as love. Conventional morality has erred, not in demanding self-control, but in demanding it in the wrong place.
(掲載日:2016.12.10/更新日: )