(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

バートランド・ラッセル 結婚論 第8章
裸を非とするタブー(松下彰良 訳)

Marriage and Morals, 1929, by Bertrand Russell

Back(前ページ) Forward (次ページ) 第8章 イントロ索引 Contents(総目次)

 第八章 性知識に関するタブー n.19

 裸を非とするタブーが,性の主題(問題)についてまともな態度をとるための障害となっている。幼児に関するかぎり,このことは,いまや,多くの人びとに認識されている。自然にそういう機会が生じたときは常に,子供たち(幼児)は,子ども同士や両親の裸を見るのはよいことである。おそらく3歳ごろ,子供は,父母の(身体の)違いに興味を持ち,その違いを自分と自分の異性の兄弟姉妹との違いと比較する一時期があるであろうが,この時期はすぐに終わり,その後は,衣服に対してと同様,裸には興味を持たなくなる。両親が子供たちに裸を見られるのをいやがっているかぎり,子供たちは必ず,何か秘密があるのだ,という感じを持つようになる。そして,そういう感じを持つことで,子供たちは好色かつみだらになる。みだらさを避ける方法は,一つしかない。それは,秘密を避けることである。

Chapter VIII: The Taboo on sex knowledge, n.19

The taboo against nakedness is an obstacle to a decent attitude on the subject of sex. Where young children are concerned, this is now recognized by many people. It is good for children to see each other and their parents naked whenever it so happens naturally. There will be a short period, probably at about three years old, when the child is interested in the differences between his father and his mother, and compares them with the differences between himself and his sister, but this period is soon over, and after this he takes no more interest in nudity than in clothes. So long as parents are unwilling to be seen naked by their children, the children will necessarily have a sense that there is a mystery, and having that sense they will become prurient and indecent. There is only one way to avoid indecency, and that is to avoid mystery.
(掲載日:2016.08.26 /更新日: )