(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan



The Conquest of Happiness (HA26-050)(松下彰良・訳)

Back Next  Part II(Causes of Happiness), Chap. 15(Impersonal Interests)   Contents (総目次)
 第15章 非個人的な興味(私心のない興味)(承前)

 このような雄大な思索はやめにして,私たちのもっと直接的な主題,すなわち,'非個人的な(私心のない)興味の価値'(の問題)に戻ると,'非個人的な(私心のない)興味'が幸福になるための大きな助けになる別の考慮すべき事情が,もう一つある。最も幸福な人生においてさえ,物事がうまくいかないときがある。独身者を除いて,妻と口喧嘩したことがない男性はほとんどいない。わが子の病気が原因で大きな不安に耐えなければならなかった経験のない親はほとんどいない。財政的逼迫(financial stress)の時期を経験しなかった実業家はほとんどいない。専門職についている人びとで,失敗に直面しそうになった時期を経験しなかったひとはほとんどいない。そういう時期に,心配の原因以外の何かに興味を寄せる能力があれば,計り知れない恵みになる。心配してみても,当面打つべき手は何もない時期において,Aはチェスをやり,Bは推理小説を読み,Cはアマチュア天文学に没頭し,Dはカルデア(Chaldee, Chaldean:バビロン)ウルでの発掘に関する本を読んで自らを慰める。これら4人はいずれも,賢明に行動している。一方,気を紛らすことは何もしないで,心配ごとに完全に支配されるままになる人は,愚かに行動しているのであり,行動すべき時がきても,自分の心配ごとを克服することがよりできにくい。深く愛していた人の死のような,'慰めようのない(←修復不可能な)悲しみ'についても,同じような考察があてはまる。そのような時には,悲しみにうち沈んでばかりいても,誰にとっても,それは何の足しにもならない。悲しみは避けがたいものであり,(ありうべきものとして)予期されなければならないが,悲しみを最小にするためになすべきことは,何でもなされなければならない。一部の人びとがするように,不幸からみじめさのまさに'最後の一滴'までしぼりだそうとすることは,単なる'感傷的な行為'にすぎない。私も,もちろん,悲しみで意気消沈する人がいることは否定しない。しかし,いかなる人もこうした運命を避けるために全力を尽くすべきであり,どんなにとるに足らないことであっても,それ自体有害なものであったり人を堕落させるものでなければ,何らかの'気晴らし'を探すべきである,と私は言いたい。私が有害かつ人を堕落させると思っている'気晴らし'の中には,'泥酔'や'麻薬'が含まれている。両者の目的は,少なくとも当面,思考をなくす(消滅させる)ことにある。あるべき進路は,思考をなくすことではなく,思考を新しい方向(方面)に切り替える,あるいは,少なくとも現在の不幸から隔った方向(方面)に切り替えることである。もしも,これまでの生活がごく少数の興味・関心に集中されていて,しかも,これらの少数の興味・関心が悲しみで覆われてしまっているとしたら,'思考の切り替え'は困難である。不幸に遭遇したときによく耐えるためには,幸福な時期に,ある程度幅広い興味・関心を養っておくことが賢明である。そうすれば,現在を耐えがたくしているもの以外の連想や感情を思いつかせてくれる静かな場所が用意されているのを,精神は発見するだろう。
 十分な活力と熱意のある人は,不幸に見舞われるたびに,人生と世界に対する(新しい)興味--それ(人生と世界に対する興味)は,1つの喪失(敗北)のために致命的になるほど制限されることは決してない--を見いだすことによって,あらゆる不幸を乗り越えていくだろう。1つの喪失(敗北),あるいは数度の喪失(敗北)によってでさえ,打ち負かされてしまうのは,'感受性に富む証拠'として賞賛されるべきことではなく,'活力の欠如'として嘆くべき(←嘆かれるべき)ことである。私たちの愛情は,すべて死によって翻弄されるが,'死'はいつなんどき私たちの愛する人を襲うかもしれない。それゆえ,人生の意義と目的の全てを偶然のなすがままにゆだねるといった,そんな'狭い激しさ'を私たちの人生にもたせるべきではないということが不可欠である。以上のような理由で,賢明に幸福を追求する人は,自分の人生が築かれている,その中心的な興味のほかに,いくつかの副次的な興味を持とうとするであろう。


Leaving these large speculations and returning to our more immediate subject, namely the value of impersonal interests, there is another consideration which makes them a great help towards happiness. Even in the most fortunate lives there are times when things go wrong. Few men except bachelors have never quarrelled with their wives; few parents have not endured grave anxiety owing to the illnesses of their children; few businessmen have avoided times of financial stress; few professional men have not known periods when failure stared them in the face. At such times a capacity to become interested in something outside the cause of anxiety is an immense boon. At such times, when in spite of anxiety there is nothing to be done at the moment, one man will play chess, another will read detective stories, a third will become absorbed in popular astronomy, a fourth will console himself by reading about the excavations at Ur of the Chaldees. Any one of these four is acting wisely, whereas the man who does nothing to distract his mind and allows his trouble to acquire a complete empire over him is acting unwisely and making himself less fit to cope with his troubles when the moment for action arrives. Very similar considerations apply to irreparable sorrows such as the death of some person deeply loved. No good is done to anyone by allowing oneself to become sunk in grief on such an occasion. Grief is unavoidable and must be expected, but everything that can be done should be done to minimise it. It is mere sentimentality to aim, as some do, at extracting the very uttermost drop of misery from mistortune. I do not of course deny that a man may be broken by sorrow, but I do say that everyman should do his utmost to escape this fate, and should seek any distraction, however trivial, provided it is not in itself harmful or degrading. Among those that I regard as harmful and degrading I include such things as drunkenness and drugs, of which the purpose is to destroy thought, at least for the time being. The proper course is not to destroy thought but to turn it into new channels, or at any rate into channels remote from the present misfortune. It is difficult to do this if life has hitherto been concentrated upon a very few interests and those few have now become suffused with sorrow. To bear misfortune well when it comes, it is wise to have cultivated in happier times a certain width of interests, so that the mind may find prepared for it some undisturbed place suggesting other associations and other emotions than those which are making the present difficult to bear.
A man of adequate vitality and zest will surmount all misfortunes by the emergence after each blow of an interest in life and the world which cannot be narrowed down so much as to make one loss fatal. To be defeated by one loss or even by several is not something to be admired as a proof of sensibility, but something to be deplored as a failure in vitality. All our affections are at the mercy of death, which may strike down those whom we love at any moment. It is therefore necessary that our lives should not have that narrow intensity which puts the whole meaning and purpose of our life at the mercy of accident. For all these reasons the man who pursues happiness wisely will aim at the possession of a number of subsidiary interests in addition to those central ones upon which his life is built.

(掲載日:2006.07.27/更新日:2010.5.10)