(本館)  (トップ)  (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

ラッセル『幸福論』(松下彰良・訳)

The Conquest of Happiness, by Bertrand Russell

Back Next  Chap.8:Persecution Mania  Contents(総目次)

ラッセル関係電子書籍一覧
 先にあげた格言の4番目は,他人はあなた自身ほど時間をかけて(真剣に)あなたのことを考えはしない,ということを悟ることである(悟ることで成り立っている)。被害妄想にかかった正気でない犠牲者は,あらゆる種類の人びとが−−彼らは,実際には,彼ら自身の慰みごとや関心を(それぞれ独自に)持っているのだが−−朝も昼も夜も(1日中),この哀れな精神異常者に危害を加える努力に時間を費やしていると空想する。同様に,比較的程度の軽い(←穏健な)被害妄想の犠牲者は,あらゆる種類の行動の中に,実際には存在しない,彼自身への関連(言及)(reference)を見いだす。こうした考え(想像)は,もちろん,彼の虚栄心をくすぐる。もし,彼が十分大物だったら,そのとおりかもしれない。(たとえば)英国政府の行動は,長年にわたって,主にナポレオン(の野望)を阻む(裏をかく)ことにかかわっていた。しかし,特別重要でない人が,他人が絶えず自分のことを考えていると想像(空想)する場合は,'狂気への道'の途上にあるのである。たとえば,あなたがなんらかの公的な晩餐会で軽い演説(スピーチ)をすると仮定しよう。ほかの何人かのスピーカーの写真は,新聞(picture papers:写真やイラストが多数入ったタブロイド紙のことか?)に載せられているが,あなたの写真はのっていない。これは,どう説明したらいいだろうか。明らかに,ほかのスピーカーのほうが重要だと考えられたためではなく,きっと,新聞の編集(責任)者たちが,あなたを無視するように命令したためにちがいない。それにしてもなぜ編集(責任)者たちは,そのような命令を出したのだろうか。明らかに,あなたが大物だから,彼らはあなたを恐れたのだ。こうして,あなたの写真が掲載されなかったこと(不作為の行為)は,'とるに足らないもの'から'巧妙なお世辞'へと一変する。しかし,この種の自己欺瞞は,確かな幸福をもたらさない。あなたは,心の片隅で,事実はそうではないことを知っているだろう。そうして,このことをできるだけ自分自身に隠しておくために,ますます空想的な仮説を発明しなければならなくなる。これらの仮説を信じようとする緊張(無理な負担)は,ついには,非常に大きくなる。さらに,これらの仮説には,あなたは広範囲からの敵意の的(対象)になっているという信念が含まれているので,これらの仮説は,自分は世間とうまくいっていないという痛切な感情を自身に課することによって,あなたの自尊心を保護するだけであろう。自己欺瞞に基づく満足は,決して堅実なものではない。それゆえ,真実がいかに不愉快なものであっても,きっぱりとそれに直面し,それに慣れ,それに従って自分自身の生活を築きあげるようにしたほうがよい。
The fourth maxim that we mentioned consists of realising that other people spend less time in thinking about you than you do yourself. The insane victim of persecution mania imagines that all sorts of people, who, in fact, have their own avocations and interests, are occupied morning, noon, and night in an endeavour to work a mischief to the poor lunatic. In like manner, the comparatively sane victim of persecution mania sees in all kinds of actions a reference to himself which does not, in fact, exist. This idea, of course, is flattering to his vanity. If he were a great enough man, it might be true. The actions of the British Government for many years were mainly concerned to thwart Napoleon. But when a person of no special importance imagines that others are personally thinking about him, he is on the road towards insanity. You make a speech, let us say, at some public dinner. Photographs of some of the other speakers appear in the picture papers, but there is no picture of you. How is this to be accounted for? Obviously not because the other speakers were considered more important; it must be because the editors of the papers had given orders that you were to be ignored. And why should they have given such orders? Obviously because they feared you on account of your great importance. In this way the omission of your picture is transformed from a slight into a subtle compliment. But self-deception of this kind cannot lead to any solid happiness. In the back of your mind you will know that the facts are otherwise, and in order to conceal this from yourself as far as possible, you will have to invent more and more fantastic hypotheses. The strain of tying to believe these will, in the end, become very great. And since, moreover, they involve the belief that you are the object of wide-spread hostility, they will only safeguard your self-esteem by inflicting the very painful feeling that you are at odds with the world. No satisfaction based upon self-deception is solid, and, however unpleasant the truth may be, it is better to face it once for all, to get used to it, and to proceed to build your life in accordance with it.

 

(掲載日:2005.10.17/更新日:2010.4.13)