(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan



The Conquest of Happiness(松下彰良・訳)

Back Next  Part I(Causes of Unhappiness), Chap.8:Persecution Mania   Contents(総目次)
 3番目の格言は、他人に期待しすぎるな(あまり多くを期待するな)、ということであった。かつては、病弱の貴婦人(が)--娘たちのうち少なくとも一人は看護婦としての務めを果たすために完全に自己を犠牲にしたり、場合によっては結婚を差し控えたりすることを--期待することは、しばしば普通のことであった。これは、他人に対し、理性に反するほどの(過大な)利他主義を期待するものである。なぜなら、利己主義者の得るものよりも、利他主義者が失うもののほうがより大きいからである(注:愛国心の強調も過剰な利他主義の一例と言えるだろう)他の人たち、ことにあなたに最も身近で最も大事な人たちとのつきあいにおいて、重要かつ常に忘れずにいることが困難なことは、彼ら(彼女ら)は、彼ら(彼女ら)自身の角度(視点)から、自分のエゴ(自我)に触れる人生を見ているのであって、あなたの角度(視点)から、あなたのエゴ(自我)に触れる人生を見ているのではない、ということである。他の個人のために、自分の人生の主要航路(主方針)をねじまげるようなことを、誰に対しても期待すべきではない。ときには、最大級の犠牲を払っても自然(当然)であると思うような強い愛情が存在するかもしれないが、自然でない場合は、犠牲を払ってはいけないし、また、犠牲を払わないからといって、誰であっても非難に値すると考えられるべきではない。他人のやることについて人が文句をいう行為は、非常にしばしば、'許される限界を越えた人間のエゴ(自我)の強欲さ'に対する、自然なエゴイズム(利己心/利己主義)の健康な反応にほかならない。
 
free animation library

Our third maxim was not to expect too much of others. It used to be customary for invalid ladies to expect at least one of their daughters to sacrifice themselves completely in performing the duties of a nurse, even to the extent of forgoing marriage. This is to expect of another a degree of altruism which is contrary to reason, since the loss to the altruist is greater than the gain to the egoist. In all your dealings with other people, especially with those who are nearest and dearest, it is important and not always easy to remember that they see life from their own angle and as it touches their own ego, not from your angle and as it touches yours. No person should be expected to distort the main lines of his life for the sake of another individual. On occasion there may exist such a strong affection that even the greatest sacrifices become natural, but if they are not natural they should not be made, and no person should be held blameworthy for not making them. Very often the conduct that people complain of in others is not more than the healthy reaction of natural egoism against the grasping rapacity of a person whose ego extends beyond its proper limits.
* 右カット写真:2005年9月某日、さいたま市浦和区にて

(掲載日:2005.10.10/更新日:2010.4.12)