(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan



The Conquest of Happiness(松下彰良・訳)

Back Next  Part I(Causes of Unhappiness), Chap.8:Persecution Mania   Contents(総目次へ)
 4つの格言のうちの2番目の,自分の長所を過大評価することは賢明ではないということについては,倫理道徳に関するかぎり,これまでに述べてきたことで言いつくされている(←カバーされている)。しかし,倫理道徳(に関すること)以外の長所についても,同様に過大評価すべきではない。芝居がまったく成功しない脚本家(劇作家)は,冷静になって,自分の脚本(作品)は良くない(劣っている)という仮説を立ててみるべきである。そのような仮説は明らかに支持できない,と即座に拒絶してはならない。その仮説が諸事実とピッタリ合うということがわかったならば,帰納的な(帰納法を認める)哲学者としては,その仮説を採用すべきである。確かに,歴史上,長所が認められなかったというケースはいろいろあるが,そのようなケースは,欠点が認められたケースよりもはるかに少ない。もし,ある人が'時代によって認められない天才'であるとするならば,認められなくても我が道を歩き続けることはまったく正しいことである。しかし,その反対に,もしもその人が,'虚栄心で思い上がっている'才能がない人間であれば,我が道に固執しない方が賢明だろう。ある人が認められることのない傑作を書こうという衝動に苦しんでいる場合は,その人がこの2つのカテゴリーのいずれに属するか,知る方法がない。もしも,前者に属するならば,あなたが我が道を歩み続けることは英雄的である。後者であれば滑稽である。あなたが死んで百年もたてば,あなたがどちらのカテゴリーに属していたか推測することは可能であろう。しかし,それまでの間は,あなたが自分は天才ではないかと思い,友人たちはそうではないと思っているのであれば,絶対間違いないというものではないだろうが,1つの検査方法がある。それはこうである:あなたが作品を生み出そうとするのは,ある思想や感情を表現したいというやむにやまれぬ衝動を感じるためか,あるいは,拍手喝采を浴びたいという欲望に駆られるためか,いずれであるか(という検査である)本物の芸術家にあっては,一方では拍手喝采を得たいという欲求は,通常強烈ではあっても,--芸術家というものは,ある種の作品を生み出したいと願い,その作品が拍手喝采を浴びればいいと思いはするが,たとえ拍手喝采を期待できなくても自分のスタイルは変えない,という意味で--二義的なものである。これに対し,'拍手喝采を浴びたいという欲求'が第一の動機となっている人は,特定の種類の表現に駆り立てる力が自分の内にないため,まったく異なる種類の作品を生み出すことも同様に可能である。そのような人は,自分の芸術で拍手喝采を勝ち得ないのであれば,それをあきらめたほうがよい。もっと一般的な言い方をするならば,あなたの専門が何であれ,あなたの才能をあなたが自己評価するほど他人が高く評価していないことがわかったとしても,まちがっているのは彼らのほうだ,と確信しすぎてはならない。もし,そのような考えを許せば,あなたは,自分の長所が認められるのを邪魔しようとする陰謀がある,と簡単に思いこむかもしれず,そして,そうした思い込みは,ほぼ確実に,不幸な人生の原因となる。あなたの長所はあなたが願っていたほど大きなものではないと認めることは,しばらくの間は,一段と苦痛であるかもしれないが,それは終わりのある苦痛であり,それを乗り越えれば,再び幸福な生活が可能になる。
 
The second of our four maxims, to the effect that it is unwise to over-estimate your own merits, is covered, so far as morals are concerned, by what we have already said. But merits other than moral should equally not be over-estimated. The playwright whose plays never succeed should consider calmly the hypothesis that they are bad plays; he should not reject this out of hand as obviously untenable. If he finds that it fits the facts, he should, as an inductive philosopher, adopt it. It is true that there are in history cases of unrecognised merit, but they are far less numerous than the cases of recognised demerit. If a man is a genius whom the age will not recognise, he is quite right to persist in his course in spite of lack of recognition. If, on the other hand, he is an untalented person puffed up with vanity, he will do well not to persist. There is no way of knowing to which of these two categories one belongs if one is afflicted with the impulse to produce unrecognised masterpieces. If you belong to the one category, your persistence is heroic; if to the other, ludicrous. When you have been dead a hundred years, it will be possible to guess to which category you belonged. In the meantime, there is a test, not perhaps infallible, if you suspect that you are a genius while your friends suspect that you are not. The test is this: do you produce because you feel an urgent compulsion to express certain ideas or feelings, or are you actuated by the desire for applause? In the genuine artist the desire for applause, while it usually exists strongly, is secondary, in the sense that the artist wishes to produce a certain kind of work, and hopes that that work may be applauded, but will not alter his style even if no applause is forthcoming. The man, on the other hand, to whom the desire for applause is the primary motive, has no force within himself urging him to a particular kind of expression, and could therefore just as well do work of some wholly different kind. Such a man, if he fails to win applause by his art, had better give it up. And, speaking more generally, whatever your line in life may be, if you find that others do not rate your abilities as highly as you do yourself, do not be too sure that it is they who are mistaken. If you allow yourself to think this, you may easily fall into the belief that there is a conspiracy to prevent the recognition of your merit, and this belief is pretty sure to be the source of an unhappy life. To recognise that your merit is not so great as you had hoped may be more painful for a moment, but it is a pain which has an end, beyond which a happy life again becomes possible.

* 下イラスト出典:B. Russell's The Good Citizen's Alphabet, 1953.

(掲載日:2005.10.03/更新日:2010.4.10)