(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan



The Conquest of Happiness(松下彰良・訳)

Back Next  Part I(Causes of Unhappiness), Chap.4:Boredom and Excitement   Contents(総目次へ)
・旧約聖書とは?
・悪妻クサンチッペの涙


 偉大な本は全て退屈な部分を含んでおり、偉大な生涯は(これまで)全て退屈な期間を含んでい現代のアメリカの出版業者が、'初めて提出された原稿として'旧約聖書と向かい合っている場面を想像してみるとよい。たとえば、家系(図)について(述べている箇所について)彼がどのようなコメントをするか想像することは困難ではない。(上の画像:『旧約聖書』創世記第10章より)
「ねえ君、この章はパットしないね。ほとんど説明なしに、ただ人名(固有名詞)だけ並べても、読者に興味をもたせることは期待できないよ。確かに、出だしの部分は、文体もなかなかよいことは認めますよ。私も最初はかなり良い印象を持ったけど、でも、全体として、何もかも語りたいという気持ちが強すぎるよ。さわりの部分を抜き出し、余分な部分をとって、適当な長さに縮めたら、また原稿を持ってきてください。」
 現代の読者がどれほど退屈を恐れているのか知っているので、現代の出版業者はこんな風に言うだろう。
 彼はまた、孔子の古典や、コーランや、マルクスの『資本論』や、そのほかこれまでにベストセラーになったすべての聖典について、同様のことを言うだろう。このことは、聖典にのみあてはまることではない。最良の小説は、すべて退屈ないくつかの節(くだり)を含んでいる。最初のぺ-ジから最後のぺージまで生彩があるような小説は、偉大な本ではないことは、ほぼ間違いない。
 偉人の生涯も、2、3の偉大な瞬間を除けば、興奮にみちたものではなかった。ソクラテスも、時々は宴会を楽しめたし、また、(飲んだ)毒ニンジンの毒が回りはじめる間、会話に深い満足をおぼえたにちがいない。しかし、生涯の大部分は、妻のクサンチッペ(松下注:悪妻で有名)とともに静かに暮らし、午後には健康のために散歩(←散歩など、健康のための運動)をし、たぶん途中で2、3人の友人と会ったことだろう。カントは、生涯を通じて、ケーニヒスベルクの町から10マイル以上離れたことは一度もなかった、と言われている。ダーウィンは、世界一周後の人生をずっと自宅で過ごした。マルクスは、いくつかの革命を煽ったあとは、残りの日々を大英博物館で過ごすことに決めた。
 全体的に言えることは、静かな生活が偉大な人びとの特徴であり、彼らの快楽はそと目には刺激的なものではなかった、ということである。偉大な事業は、粘り強い活動なしには達成されるものではなく、そういう活動(仕事)は、あまりにも注意を奪い、またあまりにも困難であるので、精力を必要とするような娯楽をするためのエネルギーはほとんど残らないのである。例外は、休暇中に肉体的エネルギーを回復するのに役立つような娯楽であり、最もよい例は山登りであるだろう。

* From Free animation library
https://www.animationlibrary.com/a-l/



All great books contain boring portions, and all great lives have contained uninteresting stretches. Imagine a modern American publisher confronted with the Old Testament as a new manuscript submitted to him for the first time. It is not difficult to think what his comments would be, for example, on the genealogies.
'My dear sir,' he would say, 'this chapter lacks pep; you can't expect your reader to be interested in a mere string of proper names of persons about whom you tell him so little. You have begun your story, I will admit, in fine style, and at first I was very favourably impressed, but you have altogether too much wish to tell it all. Pick out the highlights, take out the superfluous matter, and bring me back your manuscript when you have reduced it to a reasonable length.'
So the modern publisher would speak, knowing the modern reader's fear of boredom. He would say the same sort of thing about the Confucian classics, the Koran, Marx's Capital, and all the other sacred books which have proved to be bestsellers. Nor does this apply only to sacred books. All the best novels contain boring passages. A novel which sparkles from the first page to the last is pretty sure not to be a great book. Nor have the lives of great men been exciting except at a few great moments. Socrates could enjoy a banquet now and again, and must have derived considerable satisfaction from his conversations while the hemlock was taking effect, but most of his life he lived quietly with Xanthippe, taking a constitutional in the afternoon, and perhaps meeting a few friends by the way. Kant is said never to have been more than ten miles from Konigsberg in all his life. Darwin, after going round the world, spent the whole of the rest of his life in his own house. Marx, after stirring up a few revolutions, decided to spend the remainder of his days in the British Museum. Altogether it will be found that a quiet life is characteristic of great men, and that their pleasures have not been of the sort that would look exciting to the outward eye. No great achievement is possible without persistent work, so absorbing and so difficult that little energy is left over for the more strenuous kinds of amusement, except such as serve to recuperate physical energy during holidays, of which Alpine climbing may serve as the best example.