(本館) (トップ) <(分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

『ラッセル自伝』(松下彰良・訳)

The Autobiography of Bertrand Russell, v.3,n.4

前ページ 次ページ v.3,chap.4 (The Foundation) 目次 Contents (総目次)

第3巻第4章 バートランド・ラッセル平和財団


ラッセル著書解題
 この国際法廷(ラッセル法廷)は,-これについてはヴェトナムに関する私の著書に書いてあるが--,全世界にわたって広く一般の関心をひきつけた。南ヴェトナムを服従させようとするその不当な(不正な)企てにおける米国の信じられないほどの残酷さを広く世界に知らせる助けとなる何らかの効果的な手段はないか,私は4年間にわたって探し求めていた。朝鮮戦争当時,私は,アメリカ人が大量破壊の新しい生物・化学兵器の試験場(実験場)として朝鮮戦争を利用したといって米国を非難したジョセフ・ニーダム教授(Joseph Terence Montgomery Needham, 1900-1995:英国の生化学者で中国科学史の権威)やその他の人々の主張(申し立て)を信ずることができなかった。私は,そのような非難を極端すぎると考えていたことに対して,ジョセフ・ニーダム教授およびその他の方々に心からお詫びをしなければならない。1963年にいたって,私はそれらの主張が正しかったことを確信するようになった。というのは,それと同様の主張(申し立て)が,ヴェトナム(戦争)における米国(の行為)に対してなされなければならないことが明らかだったからである。その年(1963年)の初めに,私はニューヨーク・タイムズ紙宛に手紙を書き,「ヴェトナムにおけるアメリカの行為は,ドイツ人によって東ヨーロッパで行なわれ,また日本人によって東南アジアで行なわれた戦争行為を思い出させる'野蛮行為'である」と述べた。当時の私のこの発言はニューヨーク・タイムズ紙にとっては激しすぎる意見だと思われ,同紙は初め私を社説で攻撃し,次にその社説に対する私の返事の一部を削除して掲載し(注:全文を掲載しなかったということ),遂には投書欄から私を全面的に閉め出した。私は他の方法で発表することを試みた。そして,当時「秘密戦争」とは言われたものはどのようなものであるかもっと詳しく知ろうと決意した。詳しいことを知れば知るほど,アメリカの意図と行為はひどいものに見えてきた。それは野蛮な行為であるばかりでなく,小国の独立への欲求を抑圧するはなはだしく冷笑的かつ無慈悲な行為であることを知った。ジュネーヴ協定違反(協定を台無しにしたこと),独裁主義の支持,警察国家の確立,そしてあらゆる反対勢力を壊滅させたことは,耐えがたい犯罪行為であった。翌年(1964年),私は,定期的にインドシナヘ視察者の派遣を開始した。しかし彼らがもたらすレポートは,戦争の拡大によってたえず追い越されてしまった(レポートの内容よりも事態は進んでしまった)。'段階的戦争拡大',特に北ヴェトナム攻撃のための口実は,四半世紀前のヨーロッパにおけるヒットラーの冒険的行動に対する口実そのものを思い起こさせた。一連の侵略行為,実験兵器,無差別戦闘行為,強制収容所計画は,私が差配し得る以上のより徹底的な,そして公式の調査であることは,私にとって,明らかとなった。

v.3,chap.4: Foundation

The Tribunal, of which my Vietnam book told, caught the imagination of a wide public the world over. For four years I had been searching for some effective means to help make known to the world the unbelievable cruelty of the United States in its unjust attempt to subjugate South Vietnam. At the time of the Korean War I had been unable to believe in the allegations brought by Professor Joseph Needham and others charging the Americans with having used that war as a proving-ground for new biological and chemical weapons of mass destruction. I owe Professor Needham and the others my sincere apologies for thinking these charges too extreme. By 1963, I had become convinced of the justice of these allegations since it was clear that similar ones must be brought against the United States in Vietnam. Early in that year, I wrote to the New York Times describing American conduct in Vietnam as barbarism 'reminiscent of warfare as practised by the Germans in Eastern Europe and the Japanese in South-East Asia.' At the time this seemed too strong for the New York Times, which first attacked me editorially, then cut my reply and finally denied me any access to its letters colums. I tried other publications and determined to find out more about what was at that time a 'secret war'. The more I discovered, the more appalling American intentions and practice appeared. I learned not only of barbaric practices, but also of the most cynical and ruthless suppression of a small nation's desire for independence. The destruction of the Geneva Agreements, the support of a dictatorship, the establishment of a police state, and the destruction of all its opponents were intolerable crimes. The following year I started sending observers regularly to Indo-China, but their reports were continually overtaken by the enlargement of the war. The pretexts for the 'escalation', particularly the attack upon North Vietnam, reminded me of nothing less than those offered a quarter of a century earlier for Hitler's adventures in Europe. It became clear to me that the combination of aggression, experimental weapons, indiscriminate warfare and concentration camp programmes required a more thorough and formal investigation than I was able to manage.

(掲載日:2010.6.6/更新日:2012.8.28)