(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』AB33-250.HTM(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.3,chap.3 (Trafalgar Square) 目次  Contents (総目次)

第3巻第3章 トラファルガー広場

 その(1961.9.17の)デモの完全な顛末(物語)について語ることは,歴史家あるいはデモに参加した人に委ねなければならない。重要なことは,前例のない数の人々がデモに参加したということである。そのデモは,我々が望む大衆運動に近づいていく良い前兆であった。デモ当日は,夕方の早い時間までに,トラファルガー広場と広場に通じる道は全て,坐り込みをしている人々や,何が起こるかを見るためにだけやってきて見物できる場所にむりやり割りこもうとする人々で,ぎゅうぎゅう詰めの状態であった。国会前広場へのデモ行進にはまったく問題はなかった。デモをやめさせようとする試みはなされたけれでも,誰もなし遂げることはできなかった。坐り込みをしている人々の側の暴力も騒動もまったくなかった。彼らは真剣だった。そして彼らのうちの何人かは,個人的に英雄的意思表示を行っていた。例えば,年老いたオーガスタス・ジョンAugustus Edwin John OM, RA, 1878-31 October 1961:著名な英国の画家)であるが,彼は前から病気にかかっており,当日も非常に具合が悪かったが(それは彼の死の少し前のことであった。),ロンドンの国立美術館から現れ,トラファルガー広場まで歩き,坐り込みをした。そうしようという彼の計画を知っている者は一人もいなかったし,坐り込みデモ参加者の中に彼を見つけた者もほとんどいなかった。私が彼の行動について知ったのはずっと後になってからにすぎなかったが,私は心から彼を称賛するとともに,ここに書き留める。その他にも,深い信念を証明する英雄的行為といえる事例がいろいろあった。同時にまたこっけいな出来事もかなりあった。後から聞いた話であるが,特にこっけいなのは,その夕方遅く,多くの著名人たちは事態がどうなっているか見ようと国会前広場に着いた時,百人委員会の熱心な支持者と警察に間違えられ,彼らは,-抗議はしたが-,囚人護送車に積み込まれてしまった,とのことである。しかしそのような間違いをおかしたからといって警察を責めることはできない。そのような大群衆の中においては,たとえ犬のように首輪をつけていたとしても,個人を識別することはできなかった。けれども,警察が少なからず野蛮行為を行ったことに対しては,彼らに大きな責任がある。この点については議論の余地がなかった。なぜなら,警察のこうした残念な行為を時々とらえた写真が多く存在するからである。

v.3,chap.3: Trafalgar Square

The full story of that demonstration I must leave to some historian or participant to tell. The important part is that unprecedented numbers took part. It augured well for an approach to the mass movement that we desired. By early evening the Square and the streets leading to it were packed with peeple sitting down and with people coming only to observe what was going on who tried to force themselves into possible observation points. There was no question of marching to Parliament Square. No one could get through, though atempts were made. There was no violence, no hullabaloo on the part of the sitters-down. They were serious. And some of them were making what was individually an heroic gesture. For instance, Augustus John, an old man, who had been, and was, very ill (it was a short time before his death) emerged from the National Gallery, walked into the Square and sat down. No one knew of his plan to do so and few recognised him. I learned of his action only much later, but I record it with admiration. There were other cases of what amounted to heroism in testifying to a profound belief. There were also a good many ludicrous happenings, particularly, I was told, later in the evening when various notabilities arrived to see how things were going and were mistaken by the police for ardent upholders of the Committee and were piled, protesting, into Black Marias. But the police could hardly be blamed for such mistakes. In the vast crowd individual identities could not be distinguished, even in a dogcollar (dog collar). The police could, however, be very much blamed for their not infrequent brutality. This could not be disputed, since there were many pictures taken which sometimes caught instances of regrettable police action.

(掲載日:2010.3.10/更新日:2012.6.20)