(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

『ラッセル自伝』(松下彰良・訳)

The Autobiography of Bertrand Russell, v.3,n.3

前ページ 次ページ v.3,chap.3 (Trafalgar Square) 目次 Contents (総目次)

第3巻第3章 トラファルガー広場


 私は,1958年の夏に執筆し1959年初めに出版した常識と核戦争』の序文の中で,明確に自分の見解を述べた。私はカリンガ賞(インドのカリンガ財団創設者 Bijoyanand Patnaik氏からの寄附により1952年に創設されたもので,科学の普及に顕著な業績のあった人に与えられるユネスコの賞/ラッセルが受賞したのは1957年度を受賞することによって,1958年の間,大きな励ましを受けていた。インドまでは(体力その他の関係で)旅行ができなかったので,カリンガ賞はパリのユネスコ本部でいただいた。(これは確かな話であるが,その受賞の行事に際し,私に付き添うよう委任されていたフランスの物理学者は,私の見解を詳しく紹介した後,自分の妻に向かって彼女を慰めるようにこう言った。「いや,まったく気にすることはないよ。来年中には,フランスは国産(自国)の原爆を爆発させることができるだろうからね」)
 それから,フルシチョフとアイゼンハウアー(代行者ダレス)との間の公開書簡において示された(一般の)関心と同様に,パグウォッシュ運動の継続的なまたしだいに大きくなっていく成功は,私を大いに勇気づけてくれた。私は,それ以後今日までやってきたように,政府の見解とともに,一般民衆の見解を左右するための何か新鮮な方法を発見しようと探求を続けた。1958年に私のなしたことで成功したことの全ては,わずかに,ここかしこの比較的小さな範囲の人々の心を動かしただけであった。核兵器撤廃運動(CND: Campaign for Nuclear Disarmament)は,当時,もっと広く一般民衆に広がるだろうとの望みを与えてくれた。今日でもそうであるが,当時,私には政府の政策良識(コモン・センス/常識)に照らして考慮されなければならない,と思われた。政府の政策からは,官僚的形式主義や'しきたり'や全般的な政治の奥義といったものが排除されなければならない。それらが排除できなければ,現在まさにそうであるが,政府の政策は,全体的破滅(人類の絶滅)に導びいているだけだということがわかるであろう。

v.3,chap.3: Trafalgar Square

I had put my point of view clearly in the introduction to my book Common Sense and Nuclear Warfare which I wrote during the summer of 1958, and published early in 1959. I had been encouraged during 1958 by receiving the Kalinga Prize, at Unesco in Paris as I could not travel to India. (To be sure the French physicist who was deputed to bear-lead me on that occasion remarked comfortingly to his wife after I had been expounding my views : 'Never mind, my dear, by next year France will be able to explode her own bomb.') And the continued and growing success of the Pugwash movement, as well as the interest shown in the open correspondence with Khrushchev and Eisenhower (Dulles) were encouraging. I continued my search, as I have done since, to find fresh approaches through which to try to sway public opinion, including governmental opinion. All that I had succeeded in doing in 1958 touched only this or that relatively small circle of people. The CND at that time gave hope that a more general public could be reached. It seemed to me then as it does today that governmental policies must be regarded in the light of common sense. They must be shorn of red tape and 'tradition' and general mystique. They would be seen then to be leading, as they are, only to probable general destruction.

(掲載日:2009.12.08/更新日:2012.5.20)