(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

『ラッセル自伝』(松下彰良・訳)

The Autobiography of Bertrand Russell, v.3,n.3

次ページ 前ページ v.3,chap.3 (Trafalgar Square) 目次 Contents (総目次)

第3巻第3章 トラファルガー広場

 CND(核兵器撤廃運動)は,1958年2月17日,ウェストミンスターにあるセントラル・ホールで大規模な集会を開催し,公の活動を開始した。あまりにも多くの人々がこの集会に出席したため,溢れた人々のために別会場(第2会場)も設けなければならなかった。CND(核兵器撤廃運動)は,今日多くの人々にとって,最初から全国的な舞台で役割を果たしていたかのように,また全国的に知られるようになるにつれて輝きとエネルギーを失ったかのように,思われている。しかし(CNDの)初期においては,CNDが伝えたことや議論したこと(reasoning)は真摯なものであったばかりでなく,また新鮮であり,英国における重要な多くの個人や集団の間でかなりの注目を集めていた。そうして最初の集会は華々しく大成功をおさめた。さらに,CNDに対する関心が急速に広まった。間もなく委員会が国内の各地方に組織され,それが後にCNDの地区委員会となった。多くの会議が開催され,その幾つかで私は演説をした。特に私の記憶にあるのは,(マンチェスター郊外にある)ウイゼンショウ(Wythenshawe)のサイモン卿が議長(司会)をつとめた,1959年のマンチェスターでの集会である。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

レゴ(LEGO) アーキテクチャー トラファルガー広場 21045
価格:11635円(税込、送料無料) (2021/5/7時点)


 私は当時,また1960年10月に彼が亡くなるまで,よくサイモン卿とお会いした。というのも,彼は核兵器の危険に大きな関心を持ちその危険を世間に知らせるために一生懸命活動していたからである。彼はこの問題に関する討論会を国会下院で開催するための手はずを整えたり,彼の(所有しているロンドンのフラット(アパート)で非常に多くの集会や記者会見を開いたりした。彼はCNDの執行委員会のメンバーであり,私たちはCNDに関してなすべき大部分の問題で完全に意見が一致した。私は既に直接行動委員会(Direct Action Committee)のメンバーであったが,彼も直接行動委員会の活動を支持するようになった。私たちは二人とも,核兵器の危険について,可能な限り多くの方法で一般大衆の注意を喚起するようにしなければならないということ,また,たとえどれほど称賛に価することであろうとも,我々が単なる集会や単調な平和行進だけにとどまるならば,既に核兵器反対に立っている人々に対して説教するだけに終わってしまうだろう,ということを確信していた。CNDの議長(委員長)は,市民的不服従運動(Civil Disobedience:政府の核政策に対する一般市民の不服従運動)に賛同していなかった。それで,名目上は直接行動委員会はその活動を黙認されていたけれども,CNDから公然と支援を受けることができなかった。例えば,オルダーマストン平和行進」にCNDは参加しなかった。というのは,その平和行進は直接行動委員会によって1958年に企てられたものだからである。平和行進は成功した。そこでCNDは,当然のこと,その翌年,その一切合切をひき継ぎ,その行進をさらにより大きなものにし,より重要なものにした。
 私は1959年の平和行進やそれに続くトラファルガー広場での集会に出席ができなかった。けれどもその翌年(1960年)の平和行進の最後に,トラファルガー広場で演説をした(右写真(1960.9.24:トラファルガー広場での演説)出典:R. Clark's Bertrand Russell and His World, c1981。当時私は,毎年そうした平和行進に参加できるほど若かったらよいのにと思った。そうした平和行進も,後には,年1回のピクニックのようなものに堕落しつつあるように感じられた。個々の平和行進は,その努力において変わることなく真摯なものであり,また称賛に価するものであったが,行進それ自体は,そうした運動に対して一般の真剣な注意を喚起しさらに運動を広めるという平和行進の目的を達成するのに,まったく非効果的なものであった。そうした行進は,大部分,退屈なものか,消耗させるものか,あるいは浮かれ騒ぐものになった。そして,それまでまだ核兵器の危険を知るにいたっていない人々をわからせることはほとんどできなかった。それでもなお,いまでもまだそう考えているが,たとえ運動を拡大できないとしても運動を継続することは有益である,と私は考えた。核兵器反対への改宗者を獲得し,きわめて多種多様な見解を抱いている人々の関心を捉え保持させるためには,危険な核政策に対する新しくかつ新鮮な形の反対運動を断えず探し求めなければならない。

v.3,chap.3: Trafalgar Square

The CND was publicly launched at a large meeting at the Central Hall, Westminster, on February 17, 1958. So many people attended this meeting that there had to be overflow meetings. It seems now to many people as if the CND has been part of the national scene from the beginning of time, and it has lost its lustre and energy through familiarity. But in its early days its information and reasoning were not only sincere but were fresh and commanded considerable attention among a variety of individuals and circles important in the nation. And the first meeting went off with great eclat and success. Moreover, interest in the CND quickly spread. Soon there were committees formed in different parts of the country and then Regional Committees. Many meetings were held, at some of which I spoke. I remember, in particular, one at Manchester in 1959 at which Lord Simon of Wythenshawe was in the chair.
の画像
拡大する!(enlarge)
I saw much of Lord Simon in those days and until his death in October, 1960, as he was greatly concerned by the nuclear peril and worked hard to make the dangers known. He arranged a debate on the subject in the House of Lords and held a great number of meetings and press conferences at his London flat. He was a member of the executive committee of the CND and we saw eye to eye in most matters to do with it. He became, as I already was, an upholder of the activities of the Direct Action Committee. We both believed that the dangers must be called to the attention of the public in as many ways as possible and that if we stuck to merely meetings and even marches, no matter how admirable they might be, we should end by preaching only to the already converted. The chairman of the CND did not approve of civil disobedience and so, though nominally the Direct Action Committee was to be tolerated, it could not be aided openly by the CND. The latter did not, for instance, take part in the Aldermaston March, as it was staged by the Direct Action Committee in 1958. The march proved a success, and the CND took it over lock, stock and barrel the following year and made, of course, a much larger and more important thing of it. I was not able to attend the 1959 march or the subsequent meeting in Trafalgar Square, but the following year I spoke in the Square at the end of the march. I wished, in these years, that I had been young enough to take part in the marches. Later, they seemed to me to be degenerating into something of a yearly picnic. Though individual marchers were as sincere as ever in their endeavours and as admirable, the march was quite ineffective in achieving their aim, which was to call serious attention to and spread the movement. For the most part, the march became a subject of boredom or distress or hilarity, and converted very few of those hitherto unconverted. It was useful, nevertheless, as I think it still is, in continuing, if not enlarging, the movement. New and fresh forms of opposition to dangerous nuclear policies must be sought constantly in order to obtain converts and to catch and hold the interest of people of very diverse outlook.
(掲載日:2009.12.01/更新日:2012.5.13)