(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

『ラッセル自伝』(松下彰良・訳)

The Autobiography of Bertrand Russell, v.3

前ページ 次ページ v.3,chap.2 (At home and abroad) 目次 Contents (総目次)

第3巻第2章 国の内外で


 1956年の初期の期間ずっと、私たちは全力をあげて、会議(科学者会議/後にパグウォッシュ会議と命名されるもの)のための計画を完成させた。その年の半ばまでには、私たちは約60人の科学者宛に、私の署名入りで、会議への招待状を発送していた。しかし、1956年はあれこれと雑用の多い年であり、主に放送や論説・記事の執筆等のために時間をとられた(注:1956年に執筆あるいは出版した著書・論文等。旧友や新しく面識を得た人々が、終わりがなく楽しい川の流れのごとく、やってきては去っていった。私たち夫婦は、リッチモンドの自宅を売却し、北ウェールズに永住することを決意した。しかし、私が喜びとしていたテムズ川の素晴らしい眺望を持つミルバンクのフラットは、ロンドンにおける一時宿泊所として残した。後に、ミルバンクの近代化のために私たちはこのフラットから追い出された。
 政治関係では、私は、多様な問題に関する数かぎりない会議に参加した。いくつかはキプロス紛争に関するもの、いくつかは世界政府に関するものであった。(世界政府協会は、1956年2月に英国国会の下院で私のために晩餐会を催してくれた。出席者のうちどれほどの人がその晩餐会が私のために催されたことを知っていたか、私はまったく確信できなかった。いずれにしても、もしそれが私のための晩餐会であると彼らが知っていてスピーチをしていると私が信じることさえできていたら、その時のスピーチのいくつかは私に幸福な思いをさせてくれただろうと思う。) 私が特に関心を持ったのは、米国におけるモートン・ソベル投獄事件に関係した運動についてであった。

v.3,chap.2: At home and abroad

Throughout the early part of 1956, we perfected, so far as we could, our plans for the conference. By the middle of the year we had sent off invitations over my name to about sixty scientists. But 1956 was a year of bits and pieces for me, taken up chiefly by broadcasts and articles. An endless and pleasant stream of old friends and new acquaintancecs came and went. We decided to sell our Richmond house and move permanently to North Wales. We kept, however, as a pied-a-terre in London, our flat in Millbank, with its wonderful view of the river in which I delighted. Later, we were turned out of this flat for the modernisation of Millbank. Politically, I took part in numberless meetings concerned with a variety of affairs, some to do with the troubles in Cyprus, some to do with World Government. (The World Government Association gave a dinner in my honour in February at the House of Commons. I have never felt sure how many of the people at the dinner knew that it had been announced as a dinner in my honour. At any rate, some of the speeches might have turned my head happily if only I could have believed them.) I was especially concerned with a campaign about the imprisonment of Morton Sobell in the United States.
(掲載日:2009.11.03/更新日:2012.4.19)