(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』AB32-260.HTM(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.3,chap.2 (At home and abroad) 目次  Contents (総目次)

第3巻第2章 国の内外で

の画像
 けれども記者会見が終わり,私たち夫婦が週末を過ごしていたミルバンクのフラットにもどると,反動が始まった。私が署名者についていろいろ言及した時,ロートブラット教授はリヴァープールから来られたと言ってしまったあの忌わしい出来事を思い出した。彼自身は私のその言い間違いに気付かなかったようであるが,私は恥ずかしく思った。その出来事が私の心のなかで非常に大きくなっていった。それは不面目であり,そのことについて話すことさえもできなかった。私たち夫婦は,当日の夕刊紙がその共同記者会見について特に言及しているかどうかを確かめるため,英国国会議事堂の外にあるニュース掲示板のところに出かけると,その記者会見のことが大見出しで報道されているのを発見した。だが,私はまだ,うれしいと感ずることができなかった。しかしそれよりももっと悪い事態が起こった。私は新聞を読んで,マックス・ボルン教授(Max Born,1882年-1970年1月5日:ドイツ生まれのイギリスの理論物理学者で,1954年ノーベル物理学賞受賞)の名前を署名者名簿から落としていたことが,また彼が署名することを断わったとさえ言ったことがわかった。事実はまったく逆であった。彼は署名したばかりでなく,最も熱心でありかつ大いに助けになった。これは私の大失態であり,後悔の念が消えること,これまで,決してなかった。私が自分の間違いを知った時には,誤りを訂正するにはすでに遅すぎたが,自分としてはこの件を正すために考えつくあらゆる手段を即座にまたその後もずっと講じてきている。ボルン教授自身はとても寛大な人であり,ずっと親しく私と交信を続けてくれている。彼以外の大部分の他の署名者たちもそうであるが,ボルン教授のそれと同様,この声明書の企てと達成が,個人的な感情よりも優先したのであった。

v.3,chap.2: At home and abroad

When it was all over, however, and we had returned to our flat at Millbank where we were spending the weekend, reaction set in. I recalled the horrid fact that in making various remarks about the signatories I had said that Professor Rotblat came from liverpool. Although he himself had not seemed to notice the slip, I felt ashamed. The incident swelled to immense proportions in my mind. The disgrace of it prevented me from even speaking of it. When we walked to the news hoardings outside of Parliament to see if the evening papers had noted the meeting and found it heralded in banner headlines. I still could not feel happy. But worse was to come. I learned that I had omitted Professor Max Born's name from the list of signatories, had, even, said that he had refused to sign. The exact opposite was the truth. He had not only signed but had been most warm and helpful. This was a serious blunder on my part, and one that I have never stopped regretting. By the time that I had learned of my mistake it was too late to rectify the error, though I at once took, and have since taken, every means that I could think of to set the matter straight. Professor Born himself was magnanimous and has continued his friendly correspondence with me. As in the case of most of the other signatories the attempt and achievement of the manifesto took precedence over personal feelings.

(掲載日:2009.10.28/更新日:2012.4.15)