(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』AB32-090.HTM(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.3,chap.2 (At home and abroad) 目次  Contents (総目次)
第3巻第2章 国の内外で

の画像
拡大する!(enlarge)
 幼少時代を過ごしたリッチモンドに戻ると,いささか自分は幽霊のような存在であるような気がして,時々,自分が肉体をもって存在していることを信じることが困難であった(右写真出典:R. Clark's Bertrand Russell and His World, c.1981)ペンブローク・ロッジPembroke Lodge ペンブルック・ロッジ/上の写真参照)は,私が住んでいた頃は素敵な屋敷であったが,政府の役人の命令で廃墟になりつつあった。彼らは,そのことを聞かされるまでは全然知らなかったのであるが,それがかつて有名な人々の屋敷であったことがわかると,その歴史的重要性をなくすために可能なあらゆることをしなければならないと決意した。屋敷の半分は,公園管理人たちのためのフラット(アパート)に変えられ,他の半分は喫茶店にされた(右欄上及び下の写真は1980年松下撮影:Pembroke Lodge の庭)(ペンブローク・ロッジの)庭園は,有刺鉄線により複雑な方法で細かく分断されていた。(再訪した)当時は,有刺鉄線によって分断することによって公園から得られる楽しみを最小程度に減らしてしまおうとの意図をもってなされたものだ,と私は考えた。(しかし後に,政府のとった手続に対するこうした考え方を変え,もし時勢に適応させるためにその様になさなければならなかったとすれば,彼らの処置はまことに適切なものだった,と思った。)
 私は,ぼんやりとではあるが,ペンブローク・ロッジを借りそこに私自身と家族全員が一緒に住むことができるかもしれないと希望的観測を抱いていた。しかし,それが不可能だということがわかると,リッチモンド・パークの近くにやや大きな家を借り,下の二つのフロアーを息子の家族にあてがい,上の二つのフロアーを私自身のものとした。(注:場所は 41 Queens Road, Richmond。今回,Google のストリート・ビューで近辺の写真画像をみたところ,39番地は見ることができたが,どうしても41番地は特定できなかった。住居環境は知ることはできますので,興味のある方はご覧になってください。)二つの家族が間近に近接したところで暮らすととかく面倒なことが起こるのが普通であるにもかかわらず,しばらくの間はこのような環境で私たちはそこそこもうまくいった。私たちは,生活は別々にして,同じ家で楽しく暮らした。それぞれ自分たち自身の客人を迎え,そして両者が希望する時は一緒に顔を合わせた。しかし同居は,行ったり来たりする家族,自分の仕事,絶え間ない来客というように,私たちの生活を非常に多忙なものにさせた。

v.3,chap.2: At home and abroad

の画像
拡大する!(enlarge)
Returning to Richmond, where I spent my childhood, produced a slightly ghostly feeling, and I sometimes found it (注:Routledge ed. は if と誤植) difficult to believe that I still existed in the flesh. Pembroke Lodge, which used to be a nice house, was being ruined by order of the Civil Service. When they discovered, what they did not know until they were told, that it had been the home of famous people, they decided that everything possible must be done to destroy its historic interest. Half of it was turned into flats for park-keepers, and the other half into a tea shop. The garden was cut up by a complicated system of barbed wire, with a view, so I thought at the time, to minimising the pleasure to be derived from it. (Later, I changed my opinion of their proceedings and thought that they had done the adaptation very well if it had to be done.)
I had hoped vaguely that I might somehow rent Pembroke Lodge and install myself and my family there. As this proved impossible, I took a largish house near Richmond Park, turning over the two lower floors to my son's family and keeping the top two for myself. This had worked more or less well for a time in spite of the difficulties that almost always occur when two families live at close quarters. We had a pleasant life there, living separately, each having our own guests, and coming together when we wished. But it made a very full life, with the family coming and going, my work, and the constant stream of visitors.

(掲載日:2009.09.14/更新日:2012.3.11)