(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』AB32-070.HTM(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.3,chap.2 (At home and abroad) 目次  Contents (総目次)

第3巻第2章 国の内外で

 それから2年後(1955年)に,私たちは再びセント・フィランズを訪れた。けれども,今度は前回のようにのんびり時を過ごすことがほとんどできなかった。ラザグレン(注:Rotherglen → Glasgow 郊外の Rutherglen の誤植か?)から立侯補した労働党の候補者の応援演説のために,途中グラスゴーに止まらなければならなかった。この候補者は,疲れを知らない'世界政府の活動家'であった。私たちの気分は,私の喉の障害がしだいにひどくなり'もの'をちゃんと飲み込めなくなったため,いささか落ち込んでいた。この喉の障害は,政治家たちの意見表明を'鵜呑み'にすべく努力した結果として生じたものだ,と言って(今でも)楽しんでいる(しだいである)しかし,それよりも,私にとってはるかに悩ましかったのは,長男が重い病気(注:精神病)にかかったことであった。私たち夫婦は,この'いわゆる'休暇の全期間を通して,長男に関する心配で悩まされ続けた。長男の三人の子供たちのこともまた心配であった。当時私たちは,多かれ少なかれ,その幼い子供たち(孫たち)の世話をしていたし,後にはほとんど全面的に世話をすることになった。


v.3,chap.2: At home and abroad

の画像
enlarge(拡大する!)
Two years later we went again to St. Fillans. This time, however, we had a far less carefree time. We had to stop on the way in Glasgow for me to make a speech in favour of the Labour candidate for Rotherglen, a tireless worker for World Government. Our spirits were somewhat damped by the fact that I had gradually developed trouble with my throat which prevented me from swallowing properly, a trouble which I take pleasure in saying, resulted from my efforts to swallow the pronouncements of politicians. But much more distressing than any of this was the fact that my elder son had fallen seriously ill. We were beset by worry about him during the whole of this so-called 'holiday'. We were worried, too, about his three young children who were at that time more or less, and later almost wholly, in our care.
(掲載日:2009.09.09/更新日:2012.3.9)