(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』AB31-240.HTM(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.3,chap.1 (Return to England) 目次  Contents (総目次)

Bertrand Russell on Religion
(参考)「自由人の十戒


第3巻第1章 英国への帰国

 メリット勲章(メリット勲位授与)で始まり,ノーベル賞(受賞)で終わった1950年という年は(注:メリット勲章を授与されたのは1949年6月/ここではメリット勲章授与の余波が1950年も続いたことを言っている。),私の社会的地位が最高点を記録した年(社会的に最も尊敬された年)であったように思われる。このことが,一般社会の考え方や慣行に盲目的に従うようになる始まり(正統主義の始まり)を意味することになるのではないかという恐れから,少し不安を感じはじめたことは事実である。私は,いつも,曲がったことをしないで社会的に尊敬される人間になることはできないという考えを抱いてきた。しかし,私の道徳感があまりにも鈍感なために,自分がどのような過ちを犯したのかわからなかった(松下注:いうまでもなくこれは英国人特有のユーモア)
 種々の名誉と,私の著作『西洋哲学史』の販売とともに始まった収入の増加が,自分の全精力を自分がやりたいことに費せる自由や保証があるという感覚を与えてくれた。私は厖大な量の仕事をなしとげた。その結果,楽天的主義的になるとともに人生に対する熱意を感じた。私はそれまで,人類に脅威を与えている・より暗い可能性を強調しすぎてきたのではないか,また,当時議論が行われていた諸問題のなかで(解決策を見つけることのできそうな)より幸運な問題について安心感をもたらすような著書を書く時期ではないか,と考えた。私はその著書に『変わりゆく世界への新しい希望(New Hopes for a Changing World/理想社刊の邦訳書名:『原子時代に住みて-変わりゆく世界への新しい希望』)という書名をつけ,そうして,両方の可能性がある場合には,意図的に(故意に),より幸運な方を実現することが可能であると強調した。私は,喜ばしい方がより可能性があるとも,苦しい方がより可能性があるとも,主張しなかった。私はただ単に,どちらが勝利を得るかを知ることは不可能だと言ったにすぎない。この本は,もし我々がそれを望み選択するならば世界はこのようになるだろうという未来予想図を描いて終わっている。私は,以下のように述べている。
人類は,(人類の祖先が暮らしていた)樹木から降りて以来,長い時代,骨を折って,危険にさらされながら,広大で挨っぽい砂漠を通り抜けてきた。その砂漠は,飢えと渇きから,また,野獣に対する恐怖とに対する恐怖から発狂し,途中で死にたえた人々の白骨でとり囲まれていた。生きているものが敵であるだけでなく,人類自身の恐怖心が強いせいで,危険なこの世に投影された死せる競争相手の幻影も敵であった。ついに人類は,砂漠から脱け出し,微笑みの土地(国)に入った。だが,人類は非常に長い夜を過ごしてきたために'微笑み方'を忘れてしまっている。我々は朝の輝きを信じることができない。我々はそれをとるにたらないもの,また,偽りのものと考える。我々は,恐怖や憎悪とともに,とりわけ哀れな罪人として,自分自身を嫌悪しながら生き続けさせる古い神話にしがみついている。これは愚かである。人類が,自らを救うために現在必要とするものはたった一つである。即ち,必要なのは,自分たちの心を喜びに向けて開き,恐怖心は,忘れ去った過去のほのかな暗がりを通して,わけのわからぬおしゃべり(をする者)に渡しなさい。人類は上を見上げてこう言わなければならない。

「いや,私は(我々は)哀れな罪人ではない。私は(我々は),長いそして骨の折れる険しい道を通って,自分自身と,従って全人類とともに仲たがいすることなく,'知性'をもっていかに自然の障害を克服するか,いかにして自由と喜びに生きるか,発見してきた存在である。もし人類が悲しみではなく喜びの方を選ぶならばそうなるであろう。もしもそうしないならば,'永遠の死'を持って,人類をその当然の報いとしての'忘却の淵'に埋葬してしまうであろう。」

 

 

 


v.3,chap.1: Return to England

1950, beginning with the OM and ending with the Nobel Prize, seems to have marked the apogee of my respectability. It is true that I began to feel slightly uneasy, fearing that this might mean the onset of blind orthodoxy. I have always held that no one can be respectable without being wicked, but so blunted was my moral sense that I could not see in what way I had sinned. Honours and increased income which began with the sales of my Histry of Western Philosophy gave me a feeling of freedom and assurance that let me expend all my energies upon what I wanted to do. I got through an immense amount of work and felt, in consequence, optimistic and full of zest. I suspected that I had too much emphasised, hitherto, the darker possibilities threatening mankind and that it was time to write a book in which the happier issues of current disputes were brought into relief. I called this book New Hopes for a Changing World and deliberately, wherever there were two possibilities, I emphasised that it might be the happier one which would be realised. I did not suggest that either the cheerful or the painful alternative was the more probable, but merely that it is impossible to know which would be victorious. The book ends with a picture of what the world may become if we so choose. I say :
の画像
'Man, in the long ages since he descended from the trees, has passed arduously and perilously through a vast dusty desert, surrounded by the whitening bones of those who have perished by the way, maddened by hunger and thirst, by fear of wild beasts, by dread of enemies, not only living enemies, but spectres of dead rivals projected on to the dangerous world by the intensity of his own fears. At last he has emerged from the desert into a smiling land, but in the long night he has forgotten how to smile. We cannot believe in the brightness of the morning. We think it trivial and deceptive; we cling to old myths that allow us to go on living with fear and hate - above all, hate of ourselves, miserable sinners. This is folly. Man now needs for his salvation only one thing: to open his heart to joy, and leave fear to gibber through the glimmerling darkness of a forgotten past. He must lift up his eyes and say: 'No, I am not a miserable sinner; I am a being who, by a long and arduous road, have discovered how to make intelligence master natural obstacles, how to live in freedom and joy, at peace with myself and therefore with all mankind. ' This will happen if men choose joy rather than sorrow, If not, eternal death will bury man in deserved oblivion.'
(掲載日:2009.06.21/更新日:2012.1.22)