(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』AB31-210.HTM(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.3,chap.1 (Return to England) 目次  Contents (総目次)
第3巻第1章 英国への帰国

 私の主な関心事は,科学的な知識による人間の力の増大であった。
 第1回目の> 講義(講演)の要点は,次の一文に込められていた。「我々が,自分たちの望む通りに物事を運ばさせるのは,'祈り'や'謙遜'によってではなく,'自然法則についての知識の獲得'によってです」。このようにして獲得する力は,人間が昔,神学的方法によって達成しようとした力よりもはるかに大きいこと,を指摘した。
 第2回目の講義(講演)は,人間が科学技術を適用することによって達成する人間の力の増大に関したものであった。それは(人間の力の増大は),'火薬'と'航海用の羅針盤'に始まる。'火薬'は,城砦の力を破り,航海用の'羅針盤'は世界の他の地域に対するヨーロッパの支配力を生み出した。こうした統治力の増大は重要ではあったが,産業革命によってもたらされた新しい力はもっと重要であった。私はこの講演(講義)において,初期の工業力の悪影響と,仮にいずれかの強国が(人間の)科学的繁殖(品種改良)を採用した場合に生じる種々の危険について,大いに関心を寄せた。それに続けて,科学的方法が採用されたときの戦争による害の増大について言及した。戦争は,今日,科学を適用する最も重要な形である。戦争は全人類の破滅の脅威を与える。また,実際,戦争は顕微鏡で観察可能な徴生物より大きな,一切の生物の破滅の脅威を与える。もし人類が生き残るべきであるならば,科学戦争を引き起こす力を最高位の権威のある国家(supreme State)だけに集中してもたせなければならないだろう。しかしこういった考えは人間精神の習性に相容れないものであるため,現在のところ,大多数の人々は人類絶滅の危険をおかす方を好むだろう。これは現代(我々)の最大の危険である。この危機に臨んで世界政府の樹立が間に合うかどうかは,現代における最大の問題である。
 3回目の講義(講演)において,私が主に関心を寄せたのは,私は意見を異にしているが,多くの人々がそれだけで(独自に)科学的だと思っている善と悪に関するある種の物の見方である。問題の物の見方は,有用であることが即ち善であるという考え方である(松下注:いわゆるプラグマティズム)私は,この一連の講演(講義)を,幸福な世界が可能であるとしたならば,どのような種類の(人間の)'気性'が広く行き渡らなければならないかを検討して終わりとした。第一に必要なことは,'独断的な主張をしないこと'をあげなければならない。なぜならば,教条主義(独断的な主張)はまずほとんど必然的に戦争に向かわせるからである。この世界を救うために必要であると私が考えていること要約しているくだりの文章(段落)を引用しよう。
我々の時代が必要としているいくつかのものと,また避けなければならないいくつかのものがある。現代が必要とするのは思いやり(同情心)と,人類は幸福であるべきだという願いである。現代が必要とするのは知識欲であり,心地よい神話を断つ決意である。とりわけ,勇気ある希望と新たなものを創造しようとする衝動である。そして,現代がさけなければならないものは,また,現代を破局に瀕せしめているものは,残酷,ねたみ,闘争,不合理な主観的な確信それから,フロイトの言う死への願望(death wish:自殺願望)である。



v.3,chap.1: Return to England

The chief matter with which I was concerned was the increase of human power owing to scientific knowledge. The gist of my first lecture was contained in the following sentence: 'It is not by prayer and humility that you cause things to go as you wish, but by acquiring a knowledge of natural laws.' I pointed out that the power to be acquired in this way is very much greater than the power that men formerly sought to achieve by theological means. The second lecture was concerned with the increase of power men achieve by the application of scientific technique. It begins with gunpowder and the mariners' compass. Gunpowder destroyed the power of castles and the mariners' compass created the power of Europe over other parts of the world. These increases of governmental power were important, but the new power brought by the Industrial Revolution was more so. I was largely concerned in this lecture with the bad effect of early industrial power and with the dangers that will result if any powerful State adopts scientific breeding. From this I went on to the increase of the harmfulness of war when scientific methods are employed. This is, at present, the most important form of the application of science in our day. It threatens the destruction of the human race and, indeed, of all living beings of larger than microscopic size. If mankind is to survive, the power of making scientific war will have to be concentrated in a supreme State. But this is so contrary to men's mental habits that, as yet, the great majority would prefer to run the risk of extermination. This is the supreme danger of our age. Whether a World Government will be established in time or not is the supreme question. In my third lecture I am concerned chiefly with certain views as to good and evil from which I dissent although many men consider that they alone are scientific. The views in question are that the good is identical with the useful. I ended these lectures with an investigation of the kind of temperament which must be dominant if a happy world is to be possible. The first requisite, I should say, is absence of dogmatism, since dogmatism almost inevitably leads to war. I will quote the paragraph summing up what I thought necessary if the world is to be saved:
'There are certain things that our age needs, and certain things that it should avoid. It needs compassion and a wish that mankind should be happy; it needs the desire for knowledge and the determination to eschew pleasant myths; it needs, above all, courageous hope and the impulse to creativeness. The things that it must avoid and that have brought it to the brink of catastrophe are cruelty, envy, greed, competitiveness, search for irrational subjective certainty, and what Freudians call the death wish.'

 

(掲載日:2009.06.21/更新日:2012.1.**)