(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』AB31-200.HTM(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.3,chap.1 (Return to England) 目次  Contents (総目次)

第3巻第1章 英国への帰国

 オーストラリアから帰国すると間もなく私は,再び渡米した。私は,ニューイングランド州の有名な女子大であるマウント・ホーリヨーク大学(1837年創立の米国初の女子大で入学は超難関/ホームページで一ケ月間の哲学の短期講座を受け持つよう依頼されていた。そこから私はプリンストン(高等研究所)ヘ行き,いつものように講演をし,多くの旧友と再会した。その中にはアインシュタインもいた。プリンストンで私は,ノーベル賞授与の知らせを受けた(右上写真出典:R. Clark's The Life of Bertrand Russell, 1975。しかし,その時の米国訪問で一番記憶に残っているのは,コロンビア大学のマチェット基金(財団)(Matchetto Foundation)のために行なった3回の連続講演(講義)であった。私は豪華なプラザ・ホテルに宿泊させられ,ミス・ジュリー・メドロック(顔写真)が私に付き添った。彼女はコロンビア大学から私の世話をするよう任命されていた。国際問題に関する彼女の見解はきわめてリベラルで(自由主義的で),思いやりがあった。それで私たちは,手紙を通して,また彼女は時々私たち(夫婦)を訪問したのでその時に,国際問題について論じ続けた。
 その後2,3カ月して,この時の講演(講義) −−オックスフォード大学のラスキン・コレジで私が初めて行なった講演(講義)と,さらに1949年にロンドンの英国医学協会で行なったロイド・ロバーツ記念講演とともに− 『社会に対する科学の衝撃』(The Impact of Science on Society)という私の著書の主要内容となって出版された。この書名は,コロンビア大学での3回の連続講演(講義)を収録しコロンビア大学から別途出版された本の書名と同じである。そのため,不幸にも,書誌作成者を困惑させることになり,また時々,コロンビア大学版だけしか見ない人々を失望させている。
 私は,ほんの少し前にひどい悪評を浴びせかけられていたニューヨークで,私の講演(講義)が人気を博し,多くの人々をひきつけたようであり,驚かされた(注:ラッセルが酷い目にあった「バートランド・ラッセル事件」はたった10年前のこと)。これは,第一回目の講演(講義)ということで,驚くほどのことでもなかったかも知れない。なぜなら,第一回目の講演(講義)なら,聴衆がショックとスキャンダルと会場全体からの反撃を期待しながら非常に忌まわしい人物を一目見ようとして集まって来たかも知れないからである。しかし驚いたことに,講演(講義)が進むにつれて,熱心な学生たちがしだいにその数を増し,講堂がいっぱいになってしまった。来場者があまりに多すぎたために,多くの来場者が,立錐の余地さえなくて立ち去らなければならないほどであった。それはまた主催者である大学当局にとっても驚きであっただろうと思われる。

v.3,chap.1: Return to England

の画像
拡大する!(enlarge)
Soon after my return from Australia, I went again to the United States. I had been asked to 'give a short course' in philosophy for a month at Mt Holyoak College, a well-known college for women in New England. From there I went to Princeton where I, as usual, delivered a lecture and again met various old friends, among them Einstein. There I received the news that I was to be given a Nobel Prize. But the chief memory of this visit to America is of the series of three lectures that I gave on the Matchette Foundation at Columbia University. I was put up in luxury at the Plaza Hotel and shepherded about by Miss Julie Medlock, who had been appointed by Columbia to bear-lead me. Her views on international affairs were liberal and sympathetic and we have continued to discuss them, both by letter and when she visits us as she sometimes does.
My lectures, a few months later, appeared with other lectures that I had given originally at Ruskin College, Oxford, and the Lloyd Roberts Lecture that I had given in 1949 at the Royal Society of Medicine, London, as the basis of my book called The Impact of Science on Society. The title is the same as that of the three lectures that Columbia University published separately, which is unfortunate as it causes bewilderment for bibliographers and is sometimes a disappointment to those who come upon only the Columbia publication.
I was astonished that, in New York, where I had been, so short a time before, spoken of with vicious obloquy, my lectures seemed to be popular and to draw crowds. This was not surprising, perhaps, at the first lecture, where the audience might have gathered to have a glimpse of so horrid a character, hoping for shocks and scandal and general rebelliousness. But what amazed me was that the hall should have been packed with enthusiastic students in increasing numbers as the lectures proceeded. There were so many that crowds of those who came had to be turned away for lack of even standing room. I think it also surprised my hosts.
(掲載日:2009.07.09/更新日:2012.1.9)