(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

『ラッセル自伝』(松下彰良・訳)

The Autobiography of Bertrand Russell, v.3

前ページ 次ページ  v.3,chap.1 (Return to England) 目次  Contents (総目次)

第3巻第1章 英国への帰国


 大量破壊兵器が発達しつつあることによる戦争の危険との関係はさておき,この一連の講演は,私自身の生涯にとって重要なことであった。なぜなら,それらの講義は,特に1914年以降,いろんな点で私を夢中にさせたある問題の背景がどのようなものであったかを示している(明らかにしている)からである。即ち,個人と国家との関係,良心的兵役忌避(参戦拒否),(政府の政策に対する)一般市民の不服従である。
 戦争防止は,個人の自由にとって不可欠である。戦争が切迫しているか,あるいは実際に進行中であるときは,種々の重要な自由が奪い取られる。自由の復活が期待できるのは平和の環境(雰囲気)においてのみである。概して自由に対する干渉は,必要以上に行き過ぎる。しかし,それは,パニックに陥った時に生ずる恐怖のさけられない結果である。ルイ16世の首がはねられた時,他の君主たちは,自分の首もはねられないか不安に思った。そこで彼らは急いで戦争を始め,フランス革命に共鳴する者をことごとく罰した。これと同じようなことが −時折,フランス革命の時ほど激烈な形ではなかったが− 諸政府がロシア革命によって恐怖の念にかりたてられたときに起こった。
 もし個々人が,自らが権利を有しているあらゆる自由を持とうとするならば,自分が最善と考えるいかなる形態の政府でも唱導できる自由をもたなければならない。そしてそのためには国際的な権威による保護が必要である。というのは,特に,核兵器の出現が,各国が相互の国内問題に干渉する力を増大したからである。戦時における個人の自由は,自分が参戦するかどうかということ(を選択する権利)にまで及ぶべきである。

v.3,chap.1: Return to England

Apart from this connection with the dangers of war now that weapons of mass destruction were being developed, these lectures were important in my own life because they give the background of a subject which has absorbed me in one way and another, especially since 1914: the relation of an individual to the State, conscientious objection, civil disobedience.
The prevention of war is essential to individual liberty. When war is imminent or actually in progress various important liberties are curtailed and it is only in a peaceful atmosphere that they can be expected to revive. As a rule, the interference with liberty goes much further than is necessary, but this is an inevitable result of panic fear. When Louis XVI's head was cut off other monarchs felt their heads insecure. They rushed to war and punished all sympathy with the French Revolution. The same sort of thing, sometimes in a less violent form, happened when Governments were terrified by the Russian Revolution. If the individual is to have all the liberty that is his due, he must be free to advocate whatever form of government he considers best, and this may require the protection of an international authority, especially since nuclear weapons have increased the power of nations to interfere with each other's internal affairs. Individual liberty in war-time should extend to personal participation in war.

(掲載日:2009.06.17/更新日:2011.12.15)