(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

『ラッセル自伝』(松下彰良・訳)

The Autobiography of Bertrand Russell, v.3

次ページ 前ページ v.3,chap.1 (Return to England) 目次 Contents (総目次)

第3巻第1章 英国への帰国


 私はこの連続講義の中で,政治権力(国家権力)の盛衰の梗概について簡潔にふれた。ギリシアの全盛期においては,政治権力(国家権力)はあまり強大ではなかった。偉大な人々(卓越した人々)は,生涯,その能力を自由に発展させた。しかし,戦争や暗殺が彼らの仕事をしばしば突然終わらせた。ローマ帝国は世の中に秩序をもたらしたが,同時に,個人の偉業をかなりの程度消滅させた。ローマ帝国の支配下,個人の創意は,ローマ帝国外からの新たな攻撃に抵抗できないほどそがれた。ローマ帝国崩壊後の一千年間は,権威(権力)の確立も,また個人の創意もほとんどなかった。次第に,新しい兵器,特に火薬が,各国政府に力を与え,近代国家を発達させた。しかし,それとともに,過度の権威(権力)が出現した。核兵器が登場した(今日の)世界でいかにして個人の自由を保持するかということが新しい問題となったが,その問題に対しては,まだ人々の心の準備ができていない。もし我々が,過去2,3世紀の間に必要だった以上の自由の探求に自らを順応させることができなければ,個人は無気力に陥り,やがて社会的勢力の餌食となってしまうであろう。
 ことに科学に関して困難な問題が起こってくる。現代の文明化された国家は,非常に多くの点で科学に依存している。一般的に言って,公認されている古い科学と,年長の人々が恐怖の観念をもって見守っている新しい科学とがある。その結果,自分たちの父親らが発見・発明した科学を賛美する老人層と,自分たちと同年代人の仕事(研究)の価値を理解している青年層との間に,絶え間ない闘いが存在している。ある点まではこの競争も有用ではあるけれども,それ以上になると,悲惨なものになる。現代,その最も重要な実例は,人口爆発であり,その問題は,老人達には邪悪な行為と想われるような方法(注:産児制限など)によってのみ戦うことができるのである。

v.3,chap.1: Return to England

In the course of these lectures, I gave a brief resume of the growth and decay of governmental power. In the great days of Greece there was not too much of it: great men were free to develop their capacities while they lived, but wars and assassinations often cut short their labours. Rome brought order, but at the same time brought a considerable degree of eclipse to the achievement of individuals. Under the Empire, individual initiative was so curtailed as to be incapable of resisting new attacks from without. For a thousand years after the fall of Rome, there was too little authority and also too little individual initiative. Gradually, new weapons, especially gunpowder, gave strength to governments and developed the modern Srate. But with this came excessive authority. The problem of preserving liberty in a world of nuclear weapons is a new one and one for which men's minds are not prepared. Unless we can adapt ourselves to a greater search for liberty than has been necessary during the last few centuries, we shall sink into private lethargy and fall a prey to public energy.
It is especially as regards science that difficult problems arise. The modern civilised State depends upon science in a multitude of ways. Generally, there is old science, which is official, and new science, which elderly men look upon with horror. This results in a continual battle between old men, who admire the science of their fathers, and the young men who realise the value of their contemporaries' work. Up to a point this struggle is useful, but beyond that point it is disastrous. In the present day, the most important example of it is the population explosion, which can only be combated by methods which to the old seem impious.
(掲載日:2009.06.10/更新日:2011.12.19)