(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

『ラッセル自伝』(松下彰良・訳)

The Autobiography of Bertrand Russell, v.3

次ページ 前ページ  v.3,chap.1 (Return to England) 目次  Contents (総目次)

第3巻第1章 英国への帰国


ラッセルの言葉366
 私は一連の講義の中で,人類の進歩のために必要な各個人の創意(自発性)の度合いと,社会が生き残るために必要な社会的結合の度合いとを,どのように(どのような割合で)結合することができるか検討すべきだということを提言した。これは大きな問題であり,私がその問題についてここで述べようとすることは,その連続講義に対する注釈に他ならないし,その本(Authority and the Individual)を執筆後に私の関心をひいた(関連する)諸問題について,時々に行った展開にすぎない。私の考えでは,問題は,社会は人類の安心・安全と正義を確保するとともに進歩も達成するために努力しなければならない,ということに帰着する。そのためには,国家という一つの確立された体制をもつ必要であるとともに,個人の自由ももつ(保持する)必要がある。そして,個人の自由(後者)を確保するためには,文化的な諸問題を既存の体制(支配体制)からきり離す必要がある。現在,安心・安全が望まれる最も主要な問題は,敵国から国の安全を守るということであり,それを達成するためには,国際的な問題に関しては,諸国政府を支配するに足るだけの強力な世界政府が確立されなければならない。
 単一の国家が,その国家よりも強大な国あるい国家集団から自国を防衛することは不可能であることから,国際的な問題における一国の安全は,外部の保護に依存しなければならない。一国に対する他国もしくは他の国家集団による侵略は,国際法によって阻止されなければならず,また一部の好戦国の勝手気ままな主導権にまかされてはならない。もしこのことがなされなければ,いかなる国家も,いかなる時においても,完全に破壊される可能性がある。
 武器(兵器)が変わることによって,しばしば力の均衝が破られる可能性がある。例えば,15世紀に,強国が城を守ることをやめて移動する砲兵隊に頼るようになった時,フランスと英国の間のバランスが崩れた。これが,それまで広く行き渡っていた封権主義時代の無政府状態(注:国を超えると無法状態であること。)に終止符を打った。それと同様に,もし平和が存在すべきとすれば,核兵器は,国家間の戦争に終止符を打ち,いかなる争いが起ころうとも,国際的な勢力に対し,実際的な勝利の確実性をもたらさなければならない(注:同時に世界政府がなければならないと主張していることに注意)。(ただし)そのような改革を実現させるということはそう容易なことではない。なぜならば,(唯一の)国際的権力が,いかなる(単一)国家との戦争においてもかなり確実に勝利を得られるほどの軍事力を備えておかなければばならない,ということが必要とされるからである。

v.3,chap.1: Return to England

I proposed in these lectures to consider how we could combine that degree of individual initiative which is necessary for progress with the degree of social cohesion that is necessary for survival. This is a large subject, and the remarks that I shall make upon it here are no more than annotations on the lectures and sometimes expansions of subjects that have interested me since writing the book.
The problem comes down, in my view, to the fact that society should strive to obtain security and justice for human beings and, also, progress. To obtain these it is necessary to have an established framework, the State, but, also, individual freedom. And in order to obtain the latter, it is necessary to separate cultural matters from the Establishment. The chief matter in which security is desirable now is security of nations against hostile enemies, and to achieve this a world government must be established that is strong enough to hold sway over national governments in international matters.
Since no defence is possible for a single nation against a more powerful nation or a group of such nations, a nation's safety in international matters must depend upon outside protection. Aggression against a single nation by another nation or group of nations must be opposed by international law and not left to the wilful initiative of some warlike State. If this is not done, any State may at any moment be totally destroyed. Changes in weapons may frequently alter the balance of power. It happened, for example, between France and England in the fifteenth century when the Powers ceased to defend castles and came to depend upon moving armies with artillery. This put an end to the feudal anarchy which had until then been common. In like manner, nuclear weapons must, if peace is to exist, put an end to war between nations and introduce the practical certainty of victory for an international force in any possible contest. The introduction of such a reform is difficult since it requires that the international Power should be so armed as to be fairly certain of victory in warfare with any single State.
(掲載日:2009.06.12/更新日:2011.12.14)