(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』AB26-070(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.2,chap.6 (America, 1938-1944) 目次  Contents (総目次)
第2巻第6章 アメリカ(1938〜1944)

 1943年の初めの頃の数ヶ月間は,いくらか家計が苦しかったが,恐れていたほどではなかった。私たちは,借りていた感じの良い農家を,'また貸し'し,その農家の住人が雇用すると思われる有色人種の夫婦用の小さな家の方に移り住んだ。その家屋には3部屋と,3台のストーブがあり,各部屋のストーブはどれも1時聞おきぐらいに燃料(訳注:'薪'か'コークス'のどちらかと思われる。)をくべなければならなかった。1台は部屋の暖房用,1台は炊事用,1台はお湯を沸かすためのものだった。ストーブの火が消えてしまうと,再びそれらを燃すのは数時間を要する労働であった。
 (息子の)コンラッド(訳注:1937年生まれなので6歳頃)は(その頃には)私と妻のピーターとが語りあう全ての言葉が理解できた。しかも,ピータと議論すべき心配事がたくさんあり,それらのことでコンラッドを心配させる(不安にさせる)ことは良くなかった。しかし,この頃には,ニューヨーク市立大学関係の騒動もおさまり始め,時折,ニューヨークやその他の地域で講演をする契約をすることができた。解禁第一号は,ブリン・マー女子大学のワイス教授(Paul Weiss, May 19,1901-July 5, 2002)から同大学で連続講演(講義)を頼みたいとの誘いであった。これは,少なからず勇気を必要とした。(注:日高氏は「これはいささかも特別の勇気を必要とするものではなかった」と誤訳されている。)ある時は非常に貧しかったので,ニューヨークまでの片道切符を買い,帰りの乗車賃は,もらった講義の報酬で支払わなければならなかった。
 私の『西洋哲学史』がほぼ完成した。そこで,アメリカにおける私の著書の出版者である W・W・ノートンに手紙を書いて,私の困難な家計状況を考慮して,『西洋哲学史(の印税=原稿料の'前払い'をしてくれるかどうかを尋ねた。ノートンは,ジョーンとケイトに対する愛情から,また旧友に対する好意として,500ドルを前払いしよう,という返事がきた。私は,他ならもっと支払ってもらえるだろうと考え,個人的には未知の間柄であったが,サイモン・アンド・シュスター(訳注:Simon and Schuster 社の社主=兄弟)に働きかけてみた。彼らはただちに即金で2,000ドル,半年後にさらに1,000ドルを支払うことに同意してくれた。当時,ジョンはハーバード大学に,ケイトはラドクリフ女子大学に在学中だった。資金不足から,やむなく二人を退学させなければならないかもしれないと心配していたが,サイモン・アンド・シュスターのおかげでその必要はなくなった私は当時,個人的に親しい友人からも借金をして助けてもらっていたが,幸いに,ほどなく返済することができた。





v.2,chap.6: America

In the early months of 1943 I suffered some financial stringency, but not so much as I had feared. We sublet our nice farmhouse, and went to live in a cottage intended for a coloured couple whom it was expected that the inhabitants of the farmhouse would employ. This consisted of three rooms and three stoves, each of which had to be stoked every hour or so. One was to warm the place, one was for cooking, and one was for hot water. When they went out it was several hours' work to get them lighted again. Conrad could hear every word that Peter and I said to each other, and we had many worrying things to discuss which it was not good for him to be troubled with. But by this time the trouble about City College had begun to blow over, and I was able to get occasional lecture engagements in New York and other places. The embargo was first broken by an invitation from Professor Weiss of Bryn Mawr to give a course of lectures there. This required no small degree of courage. On one occasion I was so poor that I had to take a single ticket to New York and pay the return fare out of my lecture fee. My History of Western Philosophy was nearly complete, and I wrote to W. W. Norton, who had been my American publisher, to ask if, in view of my difficult financial position, he would make an advance on it. He replied that because of his affection for John and Kate, and as a kindness to an old friend, he would advance five hundred dollars. I thought I could get more elsewhere, so I approached Simon and Schuster, who were unknown to me personally. They at once agreed to pay me two thousand dollars on the spot, and another thousand six months later. At this time John was at Harvard and Kate was at Radcliffe. I had been afraid that lack of funds might compel me to take them away, but thanks to Simon and Schuster, this proved unnecessary. I was also helped at this time by loans from private friends which, fortunately, I was able to repay before long.
(掲載日:2009.05.15/更新日:2011.11.20)