(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』AB25-060(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.2,chap.5 (Later Years of Telegraph House) 目次  Contents (総目次)

★ラッセル協会講演(録音):東宮隆「ラッセルの権力論
第2巻第5章 テレグラフ・ハウス時代末期(承前)

 私の次の著作(作品)は,『権力−新しい社会分析(Power, a new social analysis, 1938)であった。この本の中で私は,'自由のための領分(を確保することは)は社会主義国家においてさえいまだ望ましい問題であるが,それは自由主義の用語ではなく,新たに定義しなおす必要があると主張した。私は今なおこの信条を保持している。この本の主題は重要なものに思われ,実際に世の注意を引いている以上に,もっと多くの人々の注意をひいてほしいと願った。本書は,マルクスと古典派経済学者(注:アダム・スミス,デヴィッド・リカード,ミル,マルサスなど)の両者に対する論駁を意図したものであり,細目についてではなく両者が共有している基本的な仮定について,両者の誤りを指摘した。私は,'富'よりもむしろ'権力'(注:政治的権力だけでなく広い意味)社会理論における基本的な概念であるべきであり,'社会正義'は,実際に可能な最大限まで'権力を平等化すること'にあると論じた。続いて,もし国家が民主的でないならば,土地と資本の国有はまったく前進とは言えず,また国家が仮に民主的であるとしても,役人(官僚)の権力を抑制する方法がとられた時にのみ前進と言える,と主張した。私の主題の一部は,バーナム「経営者革命」(注:Burnham's Manegerial Revolution /邦訳書名『経営者革命』)の中に採り上げられ,普及した。しかし,それがなければ,この本はむしろ失敗に終わっていたと言ったほうがよいだろう。けれども,私は,もし全体主義の害悪が回避さるべきものとすれば,−特に社会主義政権下においては− 『権力』における私の主張はきわめて重要性を持っている,という考えを今なお抱いている。

My next piece of work was Power: A New Social Analysis. In this book I maintained that a sphere for freedom is still desirable even in a socialist state, but this sphere has to be defined afresh and not in liberal terms. This doctrine I still hold. The thesis of this book seems to me important, and I hoped that it would attract more attention than it has done. It was intended as a refutation both of Marx and of the classical economists, not on a point of detail, but on the fundamental assumptions that they shared. I argued that power, rather than wealth, should be the basic concept in social theory, and that social justice should consist in equalization of power to the greatest practicable degree. It followed that State ownership of land and capital was no advance unless the State was democratic, and even then only if methods were devised for curbing the power of officials. A part of my thesis was taken up and popularized in Burnham's Managerial Revolution, but otherwise the book fell rather flat. I still hold, however, that what it has to say is of very great importance if the evils of totalitarianism are to be avoided, particularly under a Socialist regime.
(掲載日:2009.04.27/更新日:2011.11.1)