(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』AB23-050(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.2,chap.3 (China) 目次  Contents (総目次)

(第2巻第3章 中国)(承前)

 北京滞在の最初の数ケ月間は,この上なく完璧に幸福な時であった。私たち(ラッセルとドーラ)がそれまで存在していたいろいろな困難や相互の意見の不一致は,全て完全に忘れ去られた。私たちの友だちの中国人は愉快な人たちであった。北京での仕事は興味あるものであったし,北京は想像できいないくらい美しかった。
 私たちは,住み込みの使用人(雑役夫),男性の料理人及び人力車の車夫を(各1名)雇っていた(注:コック以外は,ラッセルを招聘した中国側が手配したものかもしれない)。その使用人はいくらか英語を話せたので,彼を通して,私たちの言うことを他の人々に理解してもらうようにした。この方法は,英国におけるよりもはるかにうまくいった(注:英国で雇った使用人はよくなかったということか?)。私たちは,その家に住むようになる少し前に料理人を雇い,最初の食事を数日後の夕食(晩餐)用につくってもらいたいと彼に伝えた。まさにその通り,その約束の時間が来ると夕食が用意された。その使用人は,何でも知っていた。ある日,私たちは小銭(お釣り)が必要となった。そうして,私たちは確かに1ドルコインを古いテーブルに(以前)隠しておいた。そこで,そのコインを置いた場所をその使用人に教え,それを持って来るように言った。彼は平然としてこう答えた。「いや,ありません,奥様! 彼が悪いんです。」と。(注:そんなところにラッセルが置いたので自分へのチップと間違えたのだ,と言いたかったのか?)
 私たちはまた,'針仕事'をしてくれる女性を臨時に(時々)雇った。冬にその女性を雇い,夏には彼女なしですませた。冬には彼女が非常に太って見えたが,気侯がしだいに暖かくなるにつれて,冬の厚ぼったい衣服を脱いでエレガントな夏の衣服に着替え,徐々にとても痩せていくのを見るのは,大変面白かった。
 私たちは家具の手配をしなければならなかったが,家具類は,北京にたくさんあったとても優れた中古家具店から調達した。中国人の友人たちは,バーミンガムから輸入したモダンな家具よりも,なぜ古い中国の家具を私たちが好むのか理解できなかった。(右写真:プラス・ペンリン山荘のラッセルの書斎/中国の書画・骨董がかなりあるのが分かる。/(故)牧野教授1972年アルバムより)
 私たちには,私たちの世話をするために任命された公的な'通訳'がいた。彼の英語はとても立派なものであり,特に英語で'しゃれ'(駄洒落)を言えるのが自慢であった。彼は 趙(Mr. Chao)という名前であったが,彼に,私が書いた 'Causes of the Present Chaos' (「現在の混乱の原困」)という論文を見せたところ,彼はこう言った。「そうですね,私は,現在の混乱(Present Chaos)の原因(Cause)その前の混乱にあると思いますね」。旅行を一緒にしているうちに,彼ととても親しい友だちになった。彼はある中国人女性と婚約しており,私は,彼らの結婚を妨げていたいくつかの難しい問題を解決してあげることができた。現在でも私は,時々彼から便りをもらっている。また彼は,一,二度,妻を連れて,私に会いに英国にやって来たことがある。
Our first months in Peking were a time of absolute and complete happiness. All the difficulties and disagreements that we had had were completely forgotten. Our Chinese friends were delightful. The work was interesting, and Peking itself inconceivably beautiful.
We had a house boy, a male cook and a rickshaw boy. The house boy spoke some English and it was through him that we made ourselves intelligible to the others. This process succeeded better than it would have done in England. We engaged the cook sometime before we came to live in our house and told him that the first meal we should want would be dinner some days hence. Sure enough, when the time came, dinner was ready. The house boy knew everything. One day we were in need of change and we had hidden what we believed to be a dollar in an old table. We described its whereabouts to the house boy and asked him to fetch it. He replied imperturbably, 'No, Madam. He bad.'
We also had the occasional services of a sewing woman. We engaged her in the winter and dispensed with her services in the summer. We were amused to observe that while, in winter, she had been very fat, as the weather grew warm, she became gradually very thin, having replaced the thick garments of winter gradually by the elegant garments of summer.
We had to furnish our house which we did from the very excellent second-hand furniture shops which abounded in Peking. Our Chinese friends could not understand our preferring old Chinese things to modern funriture from Birmingham.
の画像 We had an official interpreter assigned to look after us. His English was very good and he was especially proud of his ability to make puns in English. His name was Mr Chao and, when I showed him an article that I had written called 'Causes of the Present Chaos', he remarked, 'Well, I suppose, the causes of the present Chaos are the previous Chaos.' I became a close friend of his in the course of our journeys. He was engaged to a Chinese girl and I was able to remove some difficulties that had impeded his marriage. I still hear from him occasionally and once or twice he and his wife have come to see me in England.
(掲載日:2009.01.20 /更新日:2011.9.14)